冬の寒さに耐えて  1月31日

この時期菜の花は、背丈は伸びないものの、葉っぱは濃く、茎は太くなってきました。

きたるべき春に備えて、力を蓄えている気がします。

 

移植作業  11月16日

NPOの方にご協力いただき、菜の花の移植作業をしました。

「今年の苗はどこよりもしっかり育っている」とおほめの言葉をいただくほど、立派な苗ができました。

間隔をあけてジグザグに移植をし、その後水やりをしました。

春に黄色い花が咲くのが今から楽しみです。

 

 

すくすく成長しています  11月4日

種まきから3週間あまり、ずいぶんと成長してきました。

今月の16日に、間隔をあけるために移植する予定です。

 

水やり  10月18日

どんどん発芽しています。

今日は、1年生がみずやりをしてくれました。

 

発芽してきました  10月15日

10月11日にまいた種が発芽してきました。

植物の生命力の強さを感じます。

 

種まき  10月11日

NPOの方々にご協力いただき、来年に向けて、1・2年生が菜の花の種をまきました。

はじめに、菜の花プロジェクト全体の説明を聞いたあと、作業のやり方を教えていただきました。

一人ずつ種をまき、水をやり、もみ殻をかぶせ、再び水をやる作業をしました。

芽が出るのが今から楽しみです。

これからしっかり水やりをしていきましょう。

 

菜種油を東大寺に奉納  9月28日

収穫した菜種をしぼってとれた油を1・2年生が東大寺に奉納しました。

大仏様がよろこんでくださるとうれしいです。

 

根っこほり  6月21日

菜の花を刈り取ったあとに残った根っこを掘り出しました。

次の種まきにむけて、昨年にでた菜の花のガラを土に混ぜ込み、たい肥とします。

 

脱穀  6月17日

今年もNPO法人ナルクさんのご協力を得て、刈り取って乾燥させていた菜の花の脱穀と油しぼりを行いました。

↓菜の花プロジェクトの説明と脱穀のやり方を聞きました。

↓足で踏んで種を殻から出します。

↓ひっくり返してもう一度踏みます。

↓ふるいにかけて種を取り出します。

↓種がとれました。

↓とった種からさらに細かいごみを取り除きます。

↓種から油をしぼる機械です。

↓油をしぼったあとのカスです。

↓しぼった油を皿にいれ、芯に火をつけると明かりがともりました。

乾燥してきました  6月11日

刈り取った菜種を2号館のろう下で乾燥させています。

よい具合に乾いてきました。

来週17日に脱穀する予定です。

 

刈り取り  5月24日

1・2年生で菜の花の刈り取りをしました。

しばらく乾燥させておき、6月下旬に今度は脱穀します。

梅雨入りで・・・  5月18日

色がずいぶん変わってきました。

しかし、梅雨に入り、刈り取る日は天気と相談です。

 

実っています  5月12日

菜種のふさを一つ開けてみました。

しっかり種が実っています。

来週あたりに刈り取りを行います。

 

 

ほとんど落ちました  4月28日

葉っぱがほとんど枯れておちました。

 

枯れてきました  4月23日

茎の根本の葉っぱが枯れ始めました。

 

花が落ちて  4月22日

花がすっかり落ちて、種が膨らんでいます。

来月の20日あたりに収穫の予定です。

 

満開が過ぎて  4月9日

次第に咲き終わり、種になる部分が膨らんできました。

満開です  4月1日

暖かい毎日で一層咲き進み、満開となっています。

 

咲き進んでいます   3月23日

桜と競うように、菜の花が咲き進んでいます。

 

今年も咲きました!  3月18日

秋に種をまき、移植をした菜の花が元気に咲き始めました。

今から菜種の収穫が楽しみです。