2月4日(火)校区の昔の様子(総合)

校区のことをよく知る地域の方をゲストティーチャーにお招きし、北山十八間戸のことや、子どものころのお話を聞かせていただきました。

かつて、ハンセン病などの救済施設であった北山十八間戸があることで、そのお世話をしていた人や地域が怖がられていた時代がありました。それは、東日本大震災の放射能問題や新型コロナウイルスの問題のように風評被害のようなものであり、よく知ることでそうした差別はなくなっていくと教えていただきました。

また、子どものころ、家の人の手伝いをして学校に行けなかった時、友だちが勉強を教えてくれたとおっしゃっていました。

鼓阪の町のやさしさをいっぱい教えていただくことができました。

 

12月2日(月)理科室の使い方(理科)

4年生はこの時期から、理科室での実験が入ってきます。そこで、理科室の使い方についての授業がありました。

「実験は立って行う」「長い髪は束ねる」など、子どもたちは初めて知ったことが多かったようです。

アルコールランプの使い方も教えてもらうなど、子どもたちは興味津々で積極的に活動していました。

  

10月7日(月)空気鉄砲(理科)

玉の詰め方で飛び方が変わるかを学習しました。

最初は教室で意見を出し合い、玉の詰め方を変えて距離や音を比べる実験をしました。

そのあと講堂に移動し、いろいろな飛ばし方を試したりして、みんな楽しそうに活動していました。

  

9月20日(金)都道府県名(社会)

都道府県の県名の中には、漢字を書き間違えたり異なる漢字を使ったりすることがよくあります。そこで、漢字の書き順ソフトを使って、新潟県の「潟」の書き方や、埼玉県の「埼」と長崎県の「崎」の違いなどを確認しました。

友だちの間違い例を聞いて、自分も間違っていたことに気づく子などもいたようです。大人でも間違えることが多いので、今からしっかり覚えていきたいです。

  

9月11日(水)社会見学事前学習

13日(金)に中学年は、柏木町にある消防署と防災センターへ社会見学に行きます。

今日は、しおりを見ながら見学する時の注意点を確認したり消防署でする質問を考えたりしました。

4年生は3年生をリードして、話し合いを進めてくれました。当日もしっかり3年生を支えてくれそうです。

  

7月17日(水)電気のはたらき(理科)

学習のまとめで、モーターカーを走らせました。

直列つなぎの乾電池で走るモーターカーは思いのほか速かったです。子どもたちは動き出すモーターカーを全力で追いかけていました。

うまく走らない時に、友だちが手助けする姿がとてもよかったです。

   

7月5日(金)環境学習集会

清美公社の方に来ていただき、奈良市のごみの収集について教えてもらいました。

前半は、クイズ形式で、奈良市のごみの量や収集の仕方やリサイクルの方法等について学習しました。

後半は、パッカー車の仕組みを見せてもらったりごみをパッカー車に入れさせてもらったりしました。

生ごみの中には、食べることなくそのまま捨てられるごみがたくさんあると聞き、子どもたちはとても驚いた様子でした。

家に帰って冷蔵庫をチェックするという子もいて、いろいろなことを学べた学習会でした。

  

6月26日(水)新聞作り(国語)

新聞作りの計画を立て、グループで新聞を作っています。

浄水場見学で新聞を作った時は個人でしたが、今回はグループなので、だれがどこに記事を載せるか話し合いながらとなります。

少し時間はかかっていましたが、協力して作業していました。

  

6月21日(金)平行と垂直(算数)

テレビ画面に映った教科書の問題の答えを子どもたちが説明していました。

前に出てきて指差し棒を使いながら説明します。説明不足のところは、他の子が補って説明していました。

つまづきやすいところをみんなで確認でき、子どもたちにはわかりやすかったようでした。

  

5月29日(水)漢字テスト

漢字の書き取りテストで子どもたちが手にしていたのは、何も書いていないマス目のプリントでした。どのようにするのかと見ていると、先生が読み上げた問題を漢字で書くというものでした。

「しょくりょうをはこぶ(食料を運ぶ)」「答えは5マス」

担任の問題とヒントをよく聞き、子どもたちは答えをプリントに書き込んでいました。子どもたちの聞く力を高める取組の一つでもありました。

 

5月13日(月)緑ヶ丘浄水場見学

社会科の学習で緑が丘浄水場を見学しました。路線バスで青山住宅まで行き、そこから歩いていきました。

広大な施設にはたくさんのろ過プールがあり、プールをくぐるごとに水がきれいになっていくのが実感できました。

奈良市民の利用する水が安全に供給されているのは、働く人々の気の抜くことのできない努力によるものであることがよくわかりました。

  

4月22日(月)鑑賞の授業(音楽)

モーツァルトの歌劇を聴いて、感想を交流しました。子どもたちなりに思ったことを発表していましたが、積極的に手を挙げ上手に話していました。

鼓阪小学校では、友達の話すことをしっかり聞こうとする態度を育てることを大切にしています。こうした授業を通して、子どもたちに力をつけていきたいです。

授業が終わり教室に戻る時、廊下に並んで全員がそろうのを待っている態度がとてもよかったです。

 

4月17日(水)新出漢字の学習

新しく習った漢字を漢字学習ノートにまとめました。

「伝」という漢字では、「伝える」で短文を書いたり、「伝(でん)」を使った言葉を書いたりします。

友達と小声で相談したり先生に確認したりしながら「伝書バト」や「都市伝説」などの言葉を探す子、国語辞書を机に置いて作業する子、黙々とていねいな字で書く子など、どの子も集中してできていたようです。