世界遺産の中の学校           
        鼓阪小学校へようこそ

 本校は、東大寺の西端、『転害門(国宝)』のすぐそば、東隣は正倉院という、まさに世界的な文化遺産の中にある学校です。

学校創立は大変古く、今年は創立149年を迎えました。近代の学校制度の礎となった学制発布間もなくのことで、校区の人々の勉学・学びへの熱い思いを偲ぶことが出来ます。

さて、子どもたちが生きる未来は、見通しが不透明で、マニュアル通りにいかない、答えが一つとは限らない社会です。

また、ヒト・コト・モノがグローバルに行きかい、多様性に満ちた社会であり、このような社会を生き抜く力を子どもたちにつけていく必要があります。

本校の教育目標は、「夢いっぱい かしこく やさしく たくましく」です。
自分の将来を描きながら、学力を身につけ、人を思いやり、心身ともたくましく生きる子どもを育成することが、これからの社会を生き抜く力の醸成につながると考えています。

「元気に学校に行きたい」「勉強がわかるようになりたい」「友達となかよくしたい」といった子どもの願いを大切にしながら、教職員一丸となって教育に取り組んでまいります。

皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

                                                                          奈良市立鼓阪小学校長          吉元 祐介         

                

学校教育目標

「夢いっぱい かしこく やさしく たくましく」     

 

 めざす子ども像 

 ・進んで勉強する子 ・みんなで支えあう子ども ・明るく健康な子ども

 

児童数(令和4年5月1日)1年12人、2年19人、3年6人、4年17人、5年20人、6年11人、計85人

教員数 13名 職員数 4名 計17名(非常勤除く)