〔1月21日〕
3学期は、本棚の作成と並行して、春日山原始林を未来へつなぐ会さんから依頼のあった立て看板も作る予定をしています。
立て看板作成には、春日原生林に自生したナンキンハゼ(外来種)を伐採してできた板を活用します。

本棚の実習では、下穴をキリで開けました。
下穴を早く開けられた生徒から、ナンキンハゼの端材でキーホルダーも作る予定なので、その作業をしました。
気に入った木目の板を選んで、使いたい木目やキーホルダのサイズを自分で決めて、胴付きのこで切りました。