〔5月7日〕
 「蹴り続けたボール」という題材を扱った道徳の授業の様子です。
 サッカーの長谷部選手がプロサッカー選手としてスタートした頃のお話をもとに、葛藤や苦悩を乗り越えて前向きに生きることの大切さについて考えました。