2月12日、7年生は道徳で「仏の銀蔵」を学習しました。この単元では「法やきまりを守ることの意義について考える」ことを目標としていますが、住みよい社会にするためには、他者と共生しようする態度が大切であることも学習しました。