1月6日、ライフイズテックのプログラミングの入門編をすべて終えた生徒が、応用のオリジナルWebサイトの制作を始めています。
これまでの一斉授業では個々の生徒のペースや意欲を反映しきれないこともありましたが、GIGAスクール構想のタブレット端末を使うことで自分の時間やペースに合わせて作業できます。さらに、授業のクラスルームを活用すれば、わからないことへの質問もできます。

中学校で今年の4月から始まる「生きる力」では、情報活用能力や問題発見・解決能力の育成が求められています。今回のプログラミングの実習課題では、応用編のオリジナルWebサイトの学習内容が、こうした能力の育成につながります。

写真:部活動の際にタブレット端末を持参、技術室で質問をしながら作業をしています。