奈良市月ヶ瀬は、名勝「月ヶ瀬梅渓」で古く江戸時代から早春の観光地として知られています。
森林と豊かな水に恵まれ、春は梅と桜、秋は紅葉が美しいところです。奈良市中心部から東方20km、奈良県の北東に位置し、東は三重県伊賀市、北は京都府南山城村に接しています。

大まかな学校の沿革

明治:尾山、桃香野、石打小学校の3つの小学校ができました。
   月瀬地区にあった桃香野小学校の分校が独立して、最初の月瀬小学校ができました。

大正:尾山小学校と月瀬小学校が合併して、尾山地区に次の月瀬小学校ができました。

昭和:月瀬中学校(のちに月ケ瀬中学校と改称)ができました。

   桃香野と石打と月瀬の3つ小学校が合併して、今の月ケ瀬小学校ができました。

平成:月ケ瀬小学校と中学校が同居する「月ケ瀬小中学校」となります。

 

学校の沿革

明治 7年3月 1日:尾山・の2か村にて、尾山小学校の前身である「廣問舎」できる(尾山真福寺境内

明治 7年3月 6日:桃香野月瀬の2か村にて、桃香野小学校の前身である「敬業舎」できる(桃香野善法寺境内

明治 7年3月 8日:石打村にて、石打小学校の前身である「求文舎」できる(石打村阿弥陀寺境内

明治 9年     :月瀬村(現在の月瀬地区)と(当時は、波多野村の一部であった)にて、月瀬分校を設置(月瀬福寿寺境内
           (奈良県が堺県に合併され、学校は、地名で呼ばれるようになる。正式に呼称が変わるのは、翌年、明治10年から。)

明治10年     :月瀬村にあった桃香野小学校の分校を、月瀬小学校として独立

明治13年10月  :桃香野小学校建築

明治13年12月  :月瀬小学校建築

明治15年 1月  :尾山小学校建築

明治16年 3月  :石打小学校建築(西洋風のモダンな校舎と運動場。校舎跡地は阿弥陀寺の建物。運動場跡地は石打バス停の大きな駐車場。)

明治22年4月 1日:尾山村、石打村、長引村、桃香野村、月瀬村を合わせて、「月瀬村」が発足
          ※月瀬地区を、明治の初頭は「月瀬村」と呼び、「月ケ瀬村」の前身も最初は「月瀬村」と呼んでいた。

明治30年9月28日:「月瀬村」に(波多野村大字嵩)を編入

明治27年     :尾山尋常小学校は、高等科を併設して尾山尋常高等小学校となる
           (高等科やのちの高等小学校には、村外の隣接地域から通う生徒もいた)

明治42年     :月瀬高等小学校開校(尾山尋常高等小学校に併設されていた高等科を分離独立)
           高等科の独立により、尾山尋常小学校に改称

大正 5年     :月瀬高等小学校に月瀬実業補習学校を付設し、農業補習学校を併合

大正10年     :月瀬尾山の2つの尋常小学校を統合と高等科併設で月瀬尋常高等小学校に改称

昭和13年     :月瀬高等小学校に、元奈良師範学校講堂を移転し落成

昭和16年     :3校をそれぞれ、桃香野石打月瀬国民学校に改称

昭和22年4月22日:月瀬村立月瀬中学校開校(当初は、職員室は小中同室で、校長も兼務から始まる)
           同年、3つの国民学校を小学校に改称

昭和27年5月14日:中学校、独立校舎完成

昭和43年     :月瀬村の村名を変更して、月ケ瀬村となる月ケ瀬村立月ケ瀬中学校

昭和45年4月 1日:桃香野石打月瀬の3つの小学校を統合して月ヶ瀬村立月ヶ瀬小学校とする

昭和46年4月   :小学校、新校舎竣工

昭和54年7月 5日:中学校の新校舎落成、(隣接する場所に、現在の小中学校の元となる校舎が完成)

平成17年4月 1日:奈良市との合併により 奈良市立月ヶ瀬小学校と、奈良市立月ケ瀬中学校となる

平成29年4月11日:月ヶ瀬小中学校竣工式(旧月ケ瀬中学校の校舎を増改築し、小中学校の校舎とする)

※「月瀬」という呼び名は色々場面で使われていました。
現在でも「月瀬」地区を「月瀬」と呼びますが、同地区は明治初頭には「月瀬」村と呼び、6つの地区を統合してできた「月ケ瀬」村も、昭和43年まで「月瀬」村と呼んでいました。