2月10日。音楽室に行くと、3年生が「パフ」という曲を演奏していました。

リコーダーを持っていますが、新型コロナウイルス感染対策のため、吹かずに指だけ動かしています。

この「パフ」ではリズム演奏を重視しているので、教師のオルガン演奏に合わせて、打楽器を交代で演奏していました。

コロナ禍で笛を吹いたり歌ったりすることはできませんが、こうやって工夫しながら学習を進めています。