12月20日。この日、3年教室では4月からchromebookに保存してきたデータの整理をしていました。主な作業は、クラウドの個人領域に保存しておいた不要データの削除です。

クラウドの容量に空きがあれば、物理的には保存したままにしておいても問題はありません。ただ、容量は無限ではないので、学期末や学年末にこういったデータ整理は欠かせません。

子どもたち一人一人が保存したものは、人間の中期記憶とよく似ています。中期記憶というのは、短期記憶(たとえば、「明日の9時から見たい番組があるので見逃さないようにしよう」といった類のもの)と長期記憶(過去の幾千幾万の体験・経験・学習を経て脳が記憶しているもの)の中間にある記憶です。人間の場合、この中期記憶が知らない間に消えてしまうことがありますが、機械の場合は人間が消してやらないとどうにもなりません。子どもたちも、
「この二つは同じやから消しておこう。」
と言いながら作業していました。

操作で分からないところがあれば助け合い。歳末助け合い学習です。