6月29日。最近の全校朝礼は教室にオンライン配信することが多かったのですが、この日は「放送」という古典的な方法で行いました。
運営委員の挨拶の後、わたし(校長)から話をしました。

テーマは「挨拶って、された相手もした自分も気持ちよくなる」というもの。挨拶できなかった5年の児童(※本校の児童ではない)が、ある経験を通して挨拶の大事さに気付いていく話を紹介しました。

なお、この日の下校会では、生徒指導主任が再度、「挨拶の大切さ」について子どもたちに話をしました。そのかいがあったのか、この日、バスに乗り込む子どもたちは、運転手さんに「ただいま。」とか「おねがいします。」と声をかけていました。