11月9日。1年の教室をのぞくと、算数で「どちらがどれだけ長いでしょうか?」の学習をしていました。cmなど、長さの単位の学習につながる授業です。

10月29日の学習参観のときは、まだ直接比較の段階でしたが、この日はマス目のいくつ分あるかを数えながら「どれだけ」という部分を意識させていました。

スポンジに吸い込むように、1年生はたくさんのことを学んでいます。