9月1日。児童会が中心となって進める全校児童朝の会も、コロナ禍によって体育館等で実施することはできません。
そこで、GoogleのGスイートの中にあるMeet(ミート)を使い、「ふれあいホール」からこの日の全校児童朝の会を実施しました。


8:20の開始前には、各教室からログインを完了。
1年から6年までの8学級の様子が、「ふれあいホール」のモニターに映し出されました。

逆にそれぞれの教室では、「ふれあいホール」の様子が映し出されています。

この日は司会を務める運営委員会の挨拶を皮切りに、図書、体育、保健の三つの委員会から諸連絡が児童に伝えられました。

昨年度末から今年度のはじめにかけて、全国的に臨時休校が実施されました。今後、同じような休校を余儀なくされた場合、児童や生徒の学びをどのように保障していくのか・・・一人1台の端末を持たせて学ばせていく国のGIGA(ギガ)スクール構想が前倒しで実施されるのはこのためです。
実際、今年度中には県内のすべての市町村で一人1台の端末が用意され、学び方も大きな変革を遂げていくことになります。