7月1日。この日の2時間目に、校長が3年2組で算数科の授業を行いました。

本校は、教員一人一人の課題に応じた教育技術の習得やライフワークに基づいた研修意欲の育成、それに次世代への教育財産の継承を目的とした「都祁小学校教員学びシステム(略称:都祁小システム)」を構築しています。今回は、⑴担任が前もって授業を公開する。→⑵皆でその授業を参観し、コメントを寄せる。→⑶コメントの中から課題を拾い上げ、整理した上で管理職(今回は校長)が授業をデザインし、授業を公開する。→⑷授業を振り返って今後に生かせる点を確認する、という手順をとりました。

授業では、まず教科書やノートなどの置き方、授業中の姿勢や手の挙げ方(挙手の仕方)などの学習規律を押さえました。次に、わざと間違った答え(誤答)を書いて学習内容(あまりのあるわり算)の理解を図ったり、説明の仕方を教えたりしました。

最後に、「博士(はかせ)もん」を折り句にして算数の極意(?)を伝授しました。

ところで、タイトルに……〈1〉とあるのは、次があるからです。でも、いつどこでやるかは???