5月22日。救命講習に続いて、吐物処理の仕方を確認し合いました。こちらの講師は養護の小関。処置グッズの使い方はもちろんのこと、処理者(教職員)自身の二次感染を防ぐ手立てについても確認し合いました。