5月9日。奈良市では、市立学校の現状や生徒指導に関わる事案を逐一把握して適切な支援を行うために、退職された校長が(特任)指導主事として学校を回っています。この日、その定例訪問がありました。

まずは校舎内を巡回し、子どもたちが学習している様子を見ていただきました。これは5年生がグループになって学習しているところです。

これはすずらん学級。プリントを使って言葉の勉強をしていました。

もう一つのすずらん学級は、この日の午前中、担任が不在だったので教頭が授業を担当しています。

巡回を終えると、本校の生徒指導主任を交えて校長室で情報交換。

「学校全体が落ち着いているし、マスクもきちんと付けながら学習に臨んでいる。」
と評価していただきました。来られる方は毎回違いますが、その都度、様々な相談に乗ってくださるので助かります。