4月26日。この日は朝から曇り空でしたが、前日(25日)はかなり暑く、気象庁針観測所(都祁中学校グラウンド横)では午後1時にWBGT(暑さ指数)が22.8を記録しました。標高463mに位置する本校でも暑かったのですから、市街地はさらに暑かったと思われます。

さて、このようなときは水分をこまめに補給したり、暑さを避けるなどの対策をとればよいのですが、新型コロナウイルスが登場してからは、その感染予防にも留意せねばなりません。国も「マスク着用により、熱中症のリスクが高まる」とした上で、「屋外で十分な距離がとれている(人と2m以上離れている)ときは、熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう」と呼びかけています(昨年6月に国が出したチラシはこちらをクリック)。

本校でも体育の授業時や本人が息苦しいと感じている時にはマスクを外すこと等の対応をとるなど、双方の予防に努めていきます。