11月10日。4年教室に行くと、国語科で「世界にほこる和紙」という説明文を使って学習していました。
この日の課題は「まとまりごとに中心となる文や言葉を見付けよう」です。いわゆるキーセンテンスやキーワードと呼ばれるものです。

教材文をモニターに映しながら、大事な言葉をたしかめていきます。

子どもたちが開いている教科書を見ると、どの子も書き込みをしています。教科書はテキストそのもの。学習に有効であれば、どんどん書き込みOKです。

ちなみに教師が教材研究するときも、このように書き込みをすることが大事なので、「ごんぎつね」を学習した際、担任に、
「教材研究ノートを作ってる?」と聞きました。すると、iPadに取り込んだ(写した)教材文に、びっしり書き込みがしてあるのを見せてくれました。これもOKです。