9月22日。この日の午後、音楽室では4年生が打楽器を使ったリズム学習に取り組んでいました。

まずは、教科書に載っている「いろんな木の実」をCDで聞いて、どんな楽器が使われているかを聞き取らせていました。ピアノのほかに、クラベスやギロ、ウッドブロックといった打楽器が使われていることが分かったところで、それらの打楽器を紹介。ウッドブロックに…

クラベス。

それからギロ。演奏の仕方も同時に習います。

続いて、それらの楽器を使い、「タンタタ、タン」などとリズムをとってみました。さすがに全員分の楽器はないので、前から順番に練習していきます。

楽器を持っていない子は、自然と手で拍子をとっていました。リズム感が出てきました。

「いろんな木の実」を拍にのって演奏することができるか…楽しみですね。