5月31日。5年教室では計算ドリルを使って、[二けた÷一けた]の計算練習に取り組んでいました。

各自が自分のペースで解いていき、ある程度の問題が解けたら自分で答え合わせをしていました。間違っていれば、当然、やり直しです。ここで大事なことは、「なぜ間違ったのか?」を確認することです。そうすることで、たしかな力が付いていきます。