5月19日。3年生は算数科で棒グラフかき方を学習していました。この学習のポイントはいくつかあり、一つは「ものさしを使ってきちんと棒をかく」というところです。棒の縦線がぐにゃぐにゃだと「棒」とは呼べないし、棒の横線(天の部分の線)がグラフの数値とずれていたら、グラフそのものの信頼性が失われてしまいます。教室でもその辺りのことをきちんと押さえ、子どもたちもその教えにしたがってグラフをかいていました。

基礎・基本が身に付いているか、教員は机間巡視をしながら確認。

この日は3人体制で学習を進めていました。