4月15日。新年度が始まって、早くも1週間が過ぎました。それぞれの学級・学年では担任の授業に加え、専科教員による授業も始まっています。この日、音楽室に行くと、3年生が「友だち」という曲を歌っていました。昨年に引き続き、三密を避けながらの音楽学習です。

ひととおり歌った後、次に手話を交えての表現に取り組みました。



この後、子どもたちはリコーダーの練習にも取り組んだようです。
3年は去年の2クラスが1クラスになり、38人という大所帯になりましたが、みんな真剣に取り組んでいます。