10月15日。本校では2週間後の29日の学習参観後に、修学旅行の説明会を行います。
ただ、その時間帯に学級委員やアルバム委員も決めていただくので、時間的には厳しい状況にあります。

そこで、友ヶ島とホテルの部屋の写真を事前に見ていただいて、その分、説明を短くすることにしました。

学校出発は7時20分です。和歌山の加太港に着くと船に乗って友ヶ島へ行きます。船着き場近くにある広場が記念撮影やトイレ、昼食の場所になります。

ここから歩いて砲台跡を目指します。道は決して平たんではなく、結構、坂道です。
下見に行ったのは8月の末。暑い日だったので、わたし(校長)はばててしまいましたが、11月末は大丈夫…だと思います。なお、島内の案内は専門のガイドさんにお願いしています。

戦争遺産の砲台跡はこんなところ。ラピュタの雰囲気が漂っています。

上のほうに行くと、見晴らしもいいです。ハワイまでは見えませんが。

続いてホテル。5年前に「わかやま国体」が開かれた際、天皇陛下も宿泊されたホテルです。
部屋は当初、下のような洋室(ツインルーム)の部屋を予定しておりましたが、もう少し広めのファミリールーム(和洋室)にしていただきました。
ファミリールームについては写真を撮ってきませんでしたので、下のアドレスをクリックしてご確認ください。
https://www.daiwaresort.jp/minabe/rooms/index.html

トイレと風呂はこんな感じです。

当日は本校と大阪の高校生がこのホテルを利用します。窓からの景色はこんな感じ。本校は4階に泊まります。

2日目の朝はホテル下にある海岸を散歩したり、ちょっとした浜遊びをしたりします。この日は白浜アドベンチャーワールドと買い物会場(とれとれ市場)に行きますが、そこは今回、省略させていただきます。
とにかく、今はコロナ禍がこれ以上拡大しないことを願うばかりです。