〈撮影:11月11日〉

吐山地区の守神でもある下部(おりべ)神社の大イチョウ。幹回りは3mほどもあり、周りは黄金色のじゅうたんのようです。イチョウの向こうには、朝日に照らされた立割山が色付き始めていました。

11月23日には都祁地域でもっとも遅い秋祭りが行われ、伝統芸能「太鼓踊り」が奉納されます。祭りが終わると、都祁は冬の装いへと様変わりしていきます。