〈撮影:9月11日〉

都祁小学校の校門横に植わっているサルスベリが秋空をバックに映えています。別名「百日紅」(ヒャクジツコウ)と言うように、初夏から秋までの長い間、鮮やかな花を咲かせる花木です。樹皮がなめらかで、猿でさえ滑り落ちてしまうほどツルツルしているということからサルスベリと名付けられました。縮れた小さな花がまとまって咲き、もうしばらく美しい花姿が楽しめそうです。