1月の玄関掲示 

制作・掲示:広報委員会

 

R4.1.31

本日付け毎日新聞の朝刊に掲載されました。↓

 

R4.1.27

5年生は、世界遺産学習”鳥見版”である「鳥見の歴史を知ろう」を学習しました。

地域の物知り博士、上村さんにゲストティーチャーとしておいでいただき、

昔の鳥見や富雄の町(村)の様子について写真を見せていただいたり

上村さんが子どものころの生活の様子や遊びについて教えていただきました。

また、鳥見小学校の校章は、富雄・鳥見の地名のもととなった「鳶の村」という昔の地名と、

蜂の巣校舎の形をデザインしたものである、と聞きました。

最後に、上村さんから、これから変わりゆく富雄・鳥見の町で楽しんでほしい、というメッセージをお聞かせいただきました。

5年生の子どもたちは、真剣に集中してお話を聞いていました。

  

 

R4.1.23

寒い日が続いていますが、

職員玄関に飾られた菜の花を見るにつけ、

「春遠からじ」と感じます。

6年生は合奏の練習に取り組んでいます。

これまでパート練習をしてきましたが、少しづつ全体で合わせる練習も始めました。

素敵なハーモニーの完成を期待しています。

 

  

 

R4.1.21

運営委員会で取り組んだ「あいさつ運動&赤い羽根の共同募金」の集計を行いました。

昼休みに委員会児童が児童会室に集合し、ひとつずつ紙袋を開け

同じ硬貨を集めて数えていきました。

今日までのところで、18,791円も集まりました。

(20,929円 1月26日最終集計)

鳥見っ子の皆さん、また、保護者の皆様、

ご協力ありがとうございます!

本校では毎年4年生で、福祉体験学習をしています。

この募金活動とその学習内容が結び付くように、また進めていきたいと思います。

  

 

R4.1.19

 

以前の記事にも取り上げましたが、

昨日18日から明日20日までの3日間、

運営委員会の児童が「あいさつ運動&赤い羽根の赤十字募金」に取り組んでいます。

朝から昇降口に立ってあいさつしたり募金を集めたりと、寒い中ですが活動してくれています。

元気のよくあいさつを交わしている子どもたちは笑顔でにこにこです。

この募金は、この鳥見地区の福祉にも役立てられるということもあって

多くの子どもたちが協力してくれています。

初日である昨日は、市の社会福祉協議会の方が応援にかけつけてくださいました。

地域の福祉に触れる意義深い活動です。

  

  

 

 

R4.1.18

放送による人権学習に取り組みました。

低中高別に動画を視聴し「情報モラル」について考えました。

タブレットをはじめ、自分の携帯電話やゲーム機等を通じて、子どもたちも人とつながる機会が増えています。

情報発信に責任を持つこと、自律的に情報機器を使うこと、自他の個人情報を大切に扱うこと・・・など

年齢(学年)に応じて、学びました。

  

 

R4.1.17

今日は全校SS学習をしました。

テーマは「あたたかいメッセージを伝え合おう」

伝えるコツは、励ます言葉や感謝する言葉を使うこと。

動画を見た後、各学級で言葉を考えたりロールプレイなどを練習したりしました。

今週1週間は、学習を生かして生活していきましょう。

 

 

 

 

R4.1.13

冷たい風が吹き、寒い一日でした。

ごみを出すのも、風が強くて大変でした。

本館から体育館前の通路には、今日は一段と土が上がっていました。

6年生の児童が丁寧に箒で履いてくれていました。

毎日掃除の後は校舎内外が気持ちよくなります。

お掃除ご苦労様でした。

  

 

R4.1.11

1年生の漢字の学習の様子です。画数も多く、形も難しくなってきましたが、真剣に学びました。

「糸」を「し」と読むことを知っている物知りさんもいて感心しました。

 

 

3年生は冬休みの出来事を学級で伝え合いました。

クリスマスプレゼントをもらったり家族で買い物に出かけたり…

楽しい思い出話をたくさん聞くことができました。