「多様性」~人権を確かめ合う日~5.11

奈良県では、毎月11日を「人権を確かめ合う日」として定めています。富雄北小学校では、毎月11日に「人権を確かめ合う日」の放送を行っています。日々の生活を振り返り、人権について考え、友だちとの関わり方を見つめなす機会として取り組みを行っています。今月は、「多様性」についてのお話をしました。

 「多様性」を簡単な言葉で説明すると、「どんなことにも色んな違いがある」ということです。世界に目を向けてみると、日本とは異なる様々な民族、習慣、言葉、文化などがあります。そして、世界には、誰一人として同じ人はいません。みんなが違って、みんなが素敵。誰もが輝いています。「みんなこうあるべきだ!」といった正解はありません。

 お互いの色々な違いを認めることができると、誰もが居心地よく、安心して過ごせる学校になります。みんなでそんな学校をつくっていきたいですね。