人権を確かめ合う日

 奈良県では、毎月11日を「人権を確かめ合う日」として定めています。

 富雄北小学校では、毎月11日に「人権を確かめ合う日」の放送を行っています。日々の生活を振り返り、人権について考え、友だちとの関わり方を見つめなす機会として取り組みを行っています。今月は、「あいさつ」についてのお話をしました。

 

 新学年での生活が始まって数日、まだまだ新しいクラスに慣れず、緊張した様子の子どもたちが多いです。そんな中、新しい友だちをつくるきっかけとして「あいさつ」をしようと呼びかけました。「あいさつ」には、「おはよう」・「こんにちは」・「こんばんは」・「さようなら」・「いただきます」・「ごちそうさま」・「ありがとう」など色々な言葉があります。「あいさつ」は、人の心と人の心を繋いでくれる素敵な言葉です。たくさんの温かい「あいさつ」が飛び交う学校を目指していきたいです。