3月14日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

セルフ木の葉どんぶり

大和まなちりめん

いよかん 

 寒いですね(~_~;)今日は公立の一般入試の日です。当日にいきなり気温が下がってしまい調子を崩していないか心配です。さて、本校の27年度の給食は今日が最終日となっています。デザートの果物は今が一番おいしい”いよかん”です。手の汚れが気になり、給食時間が短いので敬遠されがちですが、外の皮を剥きやすいように一つ一つに切込みを入れてあるので、簡単に食べることが出来ます。「伊予柑食べてイイヨカン♡」一年間本校ホームページ『今日の給食』を閲覧いただきありがとうございました。誤字脱字がありましたこと深くお詫びいたします。来年度もよろしくお願いいたします。

 28年度4月の給食は13日水曜日からです。

<今日の給食>

木の葉どんぶり

(たまご除去) 

3月11日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

さわらの和風あんかけ

浦上そぼろ

じゃがいものみそ汁

黒糖大豆 

 今日も本校では学級閉鎖をすることなく、3年生は給食最終日を迎えました。今日の副菜の”浦上そぼろ”は修学旅行の思い出、長崎県の郷土料理です。これは、豚肉・太もやし・ごぼう・糸こんにゃく・にんじん・平天が入った”きんぴらごぼう”のような料理で,名前の由来にはポルトガル語で”余りもの”を意味する「ソブラート」からという説と”粗ぼろ(粗く切った物)”からきたという説があるそうです。鰆は回遊魚で年中美味しい魚なのですが、春になると瀬戸内海に産卵のためにやってくるので関西では春を告げる魚と言われています。ねぎが少しだけ入った和風のあんをかけています。どの料理も残量はほとんどありませんでした。

 さて、今日はそれぞれの胸中にいろいろな思いがあると思うのですが、今ここにある全ての事に感謝したいと思います。 

 
3月10日(木) 献立 

減量パン

牛乳

きつねうどん

にぼしのカリカリ

アセロラゼリー

 今日は久しぶりの”きつねうどん”です。給食室で切り分けて、甘辛く煮付けた大きな”あげ”が嬉しいですね♡にぼしのカリカリも『カルシウム…カルシウム…』と受け入れられるようになり、1・2年生ではインフルエンザで欠席の人が増えているのですが、今日も残量はほとんどありませんでした。よく食べて、牛乳もよく飲んでいる間は大丈夫かな…?  

 
3月9日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

チキンカレー

ツナと根菜のサラダ

イタリアンドレッシング

福神漬

紫芋チップス 

 卒業式まであと1週間となりました。本校では何故か今頃になってインフルエンザが流行りだし、朝からそわそわした空気が漂っているのですが…給食室では今年度最後のカレーの日なので気合が入りました。合言葉は『美味しいカレーを作ろう』。もう一つは、来週には卒業式を迎える3年生全員にお祝いの桜型人参を出しました。縁あって再び給食が始まってから2年間、積極的に取り組んでくれてありがとう。3年生になってもよく食べる、本当によく食べる頼もしい学年でした。もう、今週で給食も卒業ですね。食べることは生きること。健康の秘訣は、しっかり動いて、バランスよくしっかり食べ、きちんと休むです。今朝から天気が怪しく、寒の戻りが懸念されますが…一般入試までもう少しです。手洗い・うがい・マスクの着用で感染症予防を!!

<祝*桜人参ができるまで>

250片を桜型で抜き

人参の花を咲かせ‥

鍋で軟らかく煮付け

クラスに配分し

できあがり❀

3月8日(火)  献立 

パン

牛乳

えびしゅうまい

マーボー大根

スーミータン

牛乳プリン 

 今日のスーミータンはいつもの具材に大和まなの塩漬けを加えています。大和まなの塩漬けを加えることで青味と塩気が増し、どちらかというとぼんやりとした味のたまごスープがきゅっと締まった味になりました。また、もう一品は豆腐の代わりに大根を使った”マーボー大根”です。冬大根の甘味が加わって味わい深くなります。大根が安いこの時期にお家でも是非お試しください。 

<今日の除去食>

 

スーミータン

(たまご除去) 

3月7日(月) 

献立 

古代米麦ご飯

ごま塩

牛乳

ほっけの塩焼き

だしまきたまご

おひたし

やかもち鍋 

  今日は進級お祝い献立です。”古代米麦ご飯”は黒米を混ぜて炊いた赤飯です。昔の人は、赤いものには災いを払う力があると信じ、お祝いには黒米を混ぜて赤いご飯を炊きました。これが、小豆を混ぜて炊く赤飯になったと言われています。やかもち鍋は宮城県多賀城市で食べられている郷土料理です。多賀城市ゆかりの歌人大伴家持から名づけられ、野菜は短冊に見立てて長方形に切り、お祝いごとに食べられる汁物なので紅白の餅が入っています。三学期の給食も残すところあと5回になりました。明日は公立高校の出願の為、3年生は欠食です。  
3月4日(金) 献立

麦ご飯

牛乳

さんまの梅煮

奈良あえ

にゅうめん

菜の花ふりかけ

 三月に入り、昼間は暖かい日が多くなりました。梅の花が満開です。さて、今日の主菜は早春を想わせる『さんまの梅煮』です。これは、いつものタレに”梅ペースト”を加えて煮込んだものです。ほのかな酸味がさんまとよく合い、臭味も消すので、ご飯がすすみます。平成27年度の本校残量調査の結果によると、カレーやそぼろ弁当・すき焼き煮に次いで、『煮魚(さばの煮付・さんまのしょうが煮など)』の日はご飯の残量が比較的少なくなります。  
2月23日(火) 献立

パン

牛乳

オムレツ

ケチャップ

かぶとじゃがいものクリーム煮

リンゴジャム 

 かぶの原産地は、中央アジアという一元説と、これにヨーロッパ西南部の海岸地帯を加えた二元説があり、日本へは、中国またはシベリア方面から伝来したとみられています。中部地方では縄文時代後期から 焼畑で栽培されていたといわれ、もっとも古く伝播した野菜の一つです。「日本書紀」には持統天皇が五穀の助けとしてかぶ等の栽培をすすめた記録があるほか、江戸時代には凶作時の対策として全国で栽培されるようになりました。ところで、頭を振ることを「かぶりを振る」といいますが、この野菜が”かぶ”と名づけられたのは、形が頭(かぶり)のようだということに由来しています。 

明日から期末テスト期間となります。次回の給食は29日(月)です。  

<今日の除去食>

かぶとじゃがいものクリーム煮(乳製品除去) 

2月22日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

セルフそぼろべんとう

いり卵

いものこ汁 

 今日は東北地方の郷土料理「いものこ汁」です。秋田県では秋になると屋外で芋の子汁を作って食べる”なべっこ遠足”が行われるそうです。岩手県でも同様に河原で芋の子汁を作る様子が見られるそうで、山形県になると”芋煮会”と呼ばれます。地域によって材料や味つけが少しずつ違うようですが、収穫に感謝してみんなで喜びを分かち合うように鍋を囲む事には変わりないようです。 

<今日の除去食>

 

そぼろべんとうの具

(鶏除去) 

2月19日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

さんまのしょうが煮

大根のべっこう煮

白菜のみそ汁 

 今日は冬大根が主役の「大根のべっこう煮」です。大根の歴史は古く、日本にはシルクロードを通って中国から伝わりました。万葉集や日本書紀に「すずしろ」と記されています。大根は収穫した季節によって、春大根・夏大根・冬大根に分けることが出来、4月~6月に収穫される春大根は、軟らかく細いのが特徴です。7月~9月にかけて収穫される夏大根は辛みが強く、10月~3月にかけて収穫される冬大根は、水分が多く甘味があります。コトコトと飴色に煮込んだ大根で体の中からほっこりして下さい。 

 

 

2月18日(木)  献立 

減量米粉パン

牛乳

鮭とほうれん草のクリームスパゲティ

根菜サラダ

ゴマドレッシング

小魚 

 今日は鮭とほうれん草を使ったクリームスパゲティです。鮭は稚魚が川を下り、海で4年かけて成長すると生まれた川に戻り産卵する魚です。成魚が獲れるのは産卵期の秋だけで、遡上する為に体が銀色に輝く時期の鮭を「秋味」といいます。産卵前の5月~6月に獲れるものを「時鮭」、若い白鮭を「鮭児」と言います。ところで、鮭の身が赤いのは、アスタキサンチンという赤い色素を含むエビなどをエサとして食べているからです。

<今日の除去食>

 

鮭とほうれん草のクリームスパゲティ

(乳製品除去) 

2月17日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

ビビンバ

わかめスープ

大根キムチ

いちご 

 今日は1月26日の地産地消デーに付けることが出来なかった”いちご”奈良県産の「とよのか」がつきました。待っていた”いちご”がやっとついたので、見本を見た給食当番さんからは『わっ♡いちご!!』という声がちらほら聞こえてきました。今の時期は市場でも美味しい”いちご”が出回っていますね(*^_^*) 

 さて、いちごは野菜・果物の中でもビタミンCが豊富で、葉酸やカリウムなども含みます。スィーツの素材として楽しまれる事が多いのですが、健康効果も大いに期待できるのです。

 
2月16日(火)  献立 

減量パン

牛乳

わかさぎのレモンじょうゆあえ

あんかけうどん

大豆ピーナッツマーガリン

棒チーズ 

 今日は今が旬のわかさぎをカラッと揚げたところに、白ごま・レモン果汁・砂糖・しょう油で作ったタレをからめた”わかさぎのレモンじょうゆあえ”です。骨ごと食べられるのでカルシウムも摂れ、頭からしっぽまで丸ごとなのでよく噛んで食べなければいけない”カミカミメニュー”です。残量がほとんどなく美味しいと評判だったのでお家でもぜひお試しください。 

 
2月15日(月)  献立 
 

麦ご飯

牛乳

鮭の塩焼き

高野の粉の煮物

粕汁

いよかん 

 今日の副菜の「高野の粉の煮物」は高野豆腐を作るときに出る割れた物や形の悪いものを粉にしたものをつかった煮物です。高野豆腐の名前の由来は和歌山県にある高野山で、寺で食べていた豆腐が偶然に凍って出来たのが高野豆腐(凍り豆腐)だそうです。昔は、長野県や東北地方、奈良県内では都祁地区や野迫川村など冬期に凍る山間で多く作られていました。たまごがたっぷりと入っているので、炒り卵のようなおかずです。 

<今日の除去食>

高野の粉の煮物

(たまご除去) 

2月12日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

ハンバーグのケチャップ煮

青菜のソテー

かきたま汁 

 今日のハンバーグにみんなびっくり\(♡o♡)/! 

「ハンバーグをハート型にしてくれるなんて…」と嬉しそうな声が聞こえてきました。煮崩れがなくてよかった(^_^;)

<今日の除去食>

かきたま汁 

2月10日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

すきやき煮

ちりめんたくあん

 「すきやき」といえば、肉の旨味の効いた煮汁で野菜を沢山食べることが出来る料理です。今日の給食のすき焼き煮には、白菜・しろな・水菜・白ねぎなど旬の冬野菜がたくさん入っています。これらの野菜には風邪の予防に働くビタミンCやA等が豊富に含まれ、食物繊維は腸内環境の改善に効果があります。腸では免疫力が作られるので、お腹の調子を整えることは風邪の予防につながるのです。また、寒い日が続くと体力が消耗し、抵抗力も弱まっていきます。手洗いうやうがいで、外からの細菌の侵入を防ぐと同時に、自分の体調に合わせた食べ方をし、体の中からも自己防衛するなどをして、体調管理に努めましょう。

 今日は県外私立高校の入学試験日の為、3年生は欠食でした。寒い日が続いていますが、春を知らせる春野菜が市場に出始めています。 

 
2月9日(火)  献立 
 

パン

牛乳

野菜コロッケ

ボイルキャベツ

ソース

肉団子と白菜のスープ煮

牛乳プリン 

 白菜が美味しいですね。日本で栽培されている白菜は、明治時代に中国から導入された山東型と呼ばれる系統だそうです。白菜には、結球タイプ・半結球タイプ・非結球タイプがありますが、日本で流通している物は結球タイプです。白菜はキャベツと同じように太陽の光を多く浴びようと外葉を広げ、その内側に新しい葉が増えることで結球していきます。冬の白菜が縛られているのは、形がよくなることもそうですが、外葉が霜にあたって痛まないようにするためと長持ちさせるためだそうです。  

2月8日(月)

献立 
 

麦ご飯

牛乳

納豆

おでん

小松菜じゃこ

キウィフルーツ  

 小松菜はビタミンA・Cが多い野菜です。ほうれん草のように寒さに強く、霜にあたることで葉肉が軟らかくなり、甘みが増します。アクが少ないので、ほうれん草のように下ゆでをしなくても美味しくいただけます。貧血予防に効果的な”鉄”や中学生に大切な栄養素”カルシウム”が豊富です。そして、キウィにはビタミンCと食物繊維が多く含まれています。今の時期は国産品が出回っています。今日も冬らしい寒さです。風邪の予防に心がけましょう。 

<今日の除去食>

 

おでん(うずら除去) 

2月5日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

だしまきたまご

おひたし

豚汁 

 ほうれん草の原産地は、コーカサスからイランあたりの西アジアで、イスラム教の広がりに伴い東西に伝わったといわれています。「ほうれんそう」の語源は中国語でペルシャを”菠薐(ぽーれん)” と呼ぶところからきています。アメリカ漫画の主人公”ポパイ”はピンチになるとほうれん草を食べて怪力を発揮しました。これを見て、ほうれん草が栄養価の高い野菜だということが広く知られるようになったそうです。今日のおひたしには旬の白菜とほうれん草を使っています。美味しく出来ましたよ。  
2月4日(木)  献立 

パン

牛乳

フランクフルトのケチャップあえ

キャベツのカレーソテー 

コーンスープ

アセロラゼリー

 今日は立春なので暦の上では”春”ですが、まだまだ寒い日が続きそうです。今週末は県内の私学の入試があります。体の抵抗力をつけるためにも、バランスの良い食事と睡眠をとり、生活リズムを崩さないように心がけましょう。特にこの時期の食事では生の魚介類などには注意しましょう。

また、感染症予防に一番効果的なのは”うがい”と”手洗い”です。水は痛いほど冷たいのですが、薬剤を使うよりも流水でウイルスや細菌を洗い流すようにしましょう。洗い終わったら清潔なハンカチで拭き取りましょう。 

<今日の除去食>

(乳製品除去) 

2月3日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

いわしの天ぷら

切り干し大根の煮つけ

えのきたけのみそ汁

福豆 

 今日は節分です。本来は立春・立夏・立秋・立冬など季節の節目の前日を言いましたが、今では立春の前日を「節分」と言います。節分といえば”いわし”と”豆” 。豆蒔きは中国から伝わった”大儺(たいな)”(鬼やらい、なやらい、鬼走り、厄払い、厄おとし、厄神送り)という風習が起源の行事です。豆を蒔くことで病気や災いを招くといわれる”おに(穏:目に見えないもの)”を追い払い、幸せを呼び込むとされています。但し、給食では、歳の数より一つ多めに食べるとごりやくがあるとされている「福豆」です。  
2月2日(火) 献立
 

ナン

牛乳

キーマカレー

フルーツ豆乳ゼリー

ゆでたまご

 今日はアンコール献立でもお馴染みの「ナン&キーマカレー」です。この「ナン」は冷凍品を自然解凍していただくのですが、気温が低いと時間までに解凍できるかの心配になります。朝から場所を確保してナンを動かしながら解凍するのですが…。時間ぎりぎりまでナンの温度を手で触って確かめたりしています。今学期最後のナンは美味しく食べられたかな? 

<今日の除去食> 

(りんご成分除去)

2月1日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

豚じゃが

ぽんかん

のりのつくだ煮 

 日本人にとって柑橘類の代表といえば「みかん」ですが、12月に温州ミカンの旬が終わると、1月~は中晩柑類とよばれる柑橘類が市場に出回ります。中晩柑類の中でも今日の「ぽんかん」は温州みかんに似ており、皮がむきやすくて食べやすく、果肉がやわらかくて甘みが強く、香りが良い柑橘類です。柑橘類はビタミンCが豊富です。Cの働きを助けるビタミンPが白い筋に含まれているので、内皮も食べることをおすすめします。感冒や感染症予防にビタミンCを毎日摂りましょう。   
1月29日(金) 献立

麦ご飯

牛乳

さばのしょうが煮

奈良あえ

なめこのあかだし

 「奈良あえ」は急な仏事のもてなし料理として、保存しておいた乾物と手近な材料のにんじん、こんにゃく、うすあげなどに下味をつけ、奈良漬と和えた精進料理です。給食の奈良あえは奈良漬をこれでもかというくらいに細かく刻んでいるので主張せず、おいしくいただくことが出来ます。簡単に作れますので、常備菜として家庭でもお試しください。  
1月28日(木)  献立 

パン

牛乳

プレーンオムレツ

ケチャップ

キャベツのソテー

クリームシチュー

 給食ではおなじみのキャベツですが、古代ギリシャ・ローマ人も食べていたと言われるほど歴史のある野菜です。ヨーロッパ地中海・大西洋沿岸が原産で「頭形の野菜」という意味で”キャベツ”と呼ばれています。もともとの野生種は青汁の原料にも使われているケールという野菜です。親戚にはブロッコリー、カリフラワー、葉牡丹などもあります。食用としてのキャベツが日本に伝わったのは江戸時代末期です。外国人居留地向けに栽培されていたものが”トンカツ”の流行とともに広がったからでした。ボイル・ソテー・カレーソテーと毎月のように献立に登場しますが、春キャベツ・夏秋キャベツ・冬キャベツと出荷時期によって分類があり、味わいもかわりますが、いつも美味しくいただける野菜です。

<今日の除去食>

クリームシチュー

(乳製品除去) 

1月27日(水) 献立

麦ご飯

牛乳

セルフおにぎり

鮭の塩焼き

白菜の煮びたし

大和まな漬

すいとん汁

 今日の給食は、明治22年山形県鶴岡市の忠愛小学校で出されていたという最初の給食「おにぎり、焼き魚、漬物」と、戦争中に食べられていた「すいとん」を組み合わせた献立です。大和まな漬けは大和野菜のまなを漬物に加工したものです。 

 

 

1月26日(火)  献立 

減量大和茶パン

牛乳

葛うどん

大豆といりこの揚げ煮

棒チーズ 

 今日は地産地消デーです。今日の県産品は大和茶・葛うどん・うどんの具材のしめじ・大豆です。本来ならば県産イチゴのとよのかも付くはずだったのですが、先週末当たりからの寒波の影響で数量が揃わなくなったので、延期になりました。2月の給食のどこかで出ると思います。さて、葛うどんに使われている”葛入りうどん麺”は生産量の少ない県産小麦を配合し、吉野葛を練りこんでいます。のど越しがよく滑らかで、時間がたっても伸びにくいのが特徴です。   
1月25日(月) 献立

麦ご飯

牛乳

いわしのかんろ煮

飛鳥汁

ふりかけ 

 今日から一週間は全国学校給食週間です。三学期の始業式の日に”給食の歴史”ついての話をしました。この間には給食の事も含めた自身の食習慣について改め、これからの自分の健康管理に生かしましょう。

 さて、飛鳥汁は今から1300年前の飛鳥時代に渡来人の僧侶が寒さをしのぐために山羊の乳で肉や野菜を煮て食べてのが始まりと言われています。今朝は今年一番の冷え込みで空気が痛いくらいでした。日本の寒さに耐えかねて、暖を取るために食べた様子が思い浮かびますね。 

 
1月22日(金) 献立

麦ご飯

牛乳

鶏肉のすきやき

手作りふりかけ

きんかん 

 きんかんは"ヒメタチバナ"ともいい、夏から秋に花が咲き、晩秋から実をつけ始めます。果実は酸味があり皮にさわやかな香りと甘みがあるので丸ごと生食します。柑橘類の皮にはビタミンCの他、ヘスペリジンが多く含まれています。ヘスペリジンには毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善、血流改善、抗アレルギー作用、発がん抑制作用などの効果があると言われています。皮ごと食べる金柑はヘスペリジンを摂取するのに最も適した果物と言えます。金柑は古くから咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられ

るなど、薬のない時代から重宝されてきました。今日の金柑は、皮は甘く、酸味が少なく食べやすかったですね。  

 
1月21日(木)  献立 

パン

牛乳

キャベツメンチカツ

フレンチかぼちゃ

ポトフ

ブルーベリーゼリー 

 今日は地産地消デーです。奈良市大柳生地区で栽培されたキャベツを使った”メンチカツ”と奈良県東部の山間地で育ったブルーベリーを加工した”ブルーゼリー”などの地場産物を使っています。地場産物は地元でとれた野菜や果物等で、運ぶ距離が短いので新鮮で栄養があります。奈良県のブルーベリーの栽培面積は約13haで宇陀市・奈良市・五條市を中心に栽培されています。その中でも約8haを宇陀市が占めています。  
1月20日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

セルフ木の葉どんぶり

煮びたし

貝のしぐれ煮

みかん 

 食用のたまごはビタミンCと食物繊維以外の全ての栄養素を含む「完全食品」です。生鮮食品ですが日持ちも良いのが特徴です。賞味期限の設定はサルモネラ菌の増殖がおこらない期間をベースに決められています。サルモネラ菌は一定期間を過ぎると急に増殖を始めるので、安心して生食できる期間として賞味期限が決められています。賞味期限は保存温度によって変わり、28℃で採卵日+16日をベースにしているそうです。   

<今日の除去食>

 

セルフ木の葉どんぶり

(たまご除去) 

1月19日(火) 献立 

減量パン

牛乳

キムチラーメン

ごぼうのごま揚げ

キウイフルーツ

棒ソーセージ 

 キウイの輸入・販売を手がけるゼスプリインターナショナルジャパンでは、2012年6月~7月の間で、一日一回排便のない便秘気味と便秘の中学生高校生の子ども498人とその母親を対象に、キウイを継続して食べた後の便通改善効果について調査を行いました。調査結果によると、14日間一日一個のキウイを毎日食べることで68.2%の人に便通頻度の改善が見られたことが明らかになりました。スムーズな排便の為には、不溶性と水溶性食物繊維を2:1の割合でとることが理想的なのですが、キウイに含まれる食物繊維は不溶性と水溶性の割合が100g当たり1.8g:0.7gと理想的なのだそうです。ビタミンCが多いことで知られるキウイですが、今の時期の物は国産品です。今日も寒いですね。温かいキムチラーメンで温まってから、デザートにキウイフルーツを食べましょう。 

<今日の除去食> 

キムチラーメン

(りんご成分除去)

1月18日(月) 献立

麦ご飯

牛乳

ポークカレー

ツナサラダ

マヨネーズ

 今週からとても寒くなるようです。寒くなると心配なのが小型球形ウイルスが引き起こす感染性胃腸炎です。”ノーウォークウイルス”は通称”ノロ”と呼ばれている感染性腸炎ですが、近頃では”ノロ”という通称名が同名の名を持つ人々の人権問題となるので”ノーウォークウイルス”と改めましょうという動きになっています。さて、この小型球形ウイルスは、潜伏期間が1日~3日、症状は下痢・嘔吐・腹痛・発熱などです。感染経路の特定が難しく、感染者の分泌物や汚物・嘔吐物について体外から排出された菌が、空気中のほこりについて拡散するといわれています。ゴミ1gから最多で約50万個検出されるこの菌は10個~100個で発症すると言われています。ゴミ0.1㎎で発症の危険がある小型球形ウイルスですが、予防法は手洗いです。アルコールは効果がなく、器具は塩素消毒が必要となります。手洗いは薬剤に頼るよりも、時間をかけて流水でよくすすぐことが大切です。家庭では掃除機はウイルスのついたほこりを吸って濃縮するので、掃除機からの感染にも注意が必要です。  
1月15日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

だしまきたまご

高菜ちりめん

煮なます

じゃがいものみそ汁

 

 

 今日は2・3年生が欠食なので、1年生のみ給食でした。今日は新メニューの”煮なます”がありましたが、1年生は苦手なようで、結構残ってしまいました。”なます”という料理は『日本書紀』や『万葉集』に【膾】の表記で見られます。もともとは、肉や魚を細かく刻んだものを指していたようですが、それが酢をベースにした調味液に漬ける料理になったようです。そのうち野菜や果物を細く切ったり、うすく切って塩でもんだものを三杯酢や二杯酢に漬けた酢の物が”精進なます”になりました。お正月料理には大根とにんじんの千切りを紅白の水引に模した”紅白なます”がありますね。今は食べにくいと感じる味でも、そのうち懐かしく思い出され、食べたくなる時が来るかもしれません。また、次世代に食べつなぐ為にも、味を覚えておいて下さい。

 
1月14日(木)  献立 

パン

牛乳

フランクフルトのケチャップあえ

ほうれん草のソテー

にんじんのポタージュ

ココアパウダー

 

 三学期に入ってから、毎日クラス毎の牛乳の残量を調べています。今学期に入り、昨日の残量は最高の22.3L(牛乳瓶で約112本分)でした。ところが今日はココアパウダーがあったので、残量はなんと!!全校で15本\(^o^)/…

目先の変わったことをすると飲めるのかも知れません(+o+;) 

 
1月13日(水) 献立

麦ご飯

牛乳

いりどり

ごまめ

奈良の雑煮

(きなこ付) 

 今日は行事食です。奈良の雑煮は、一風変わっていて、雑煮の餅を砂糖入りきな粉につけて、「あべかわ餅」のようにして食べます。椀の中には人の頭になるようにと里芋をまるごといれたり、人参や大根も一年間何事もなく、丸くおさまるようにと細いものを選んで輪切りにしたものを使います。この大根は”祝い大根”と言われ大和の伝統野菜の一つになっています。餅は丸もち。豆腐は白壁の蔵、こんにゃくは土蔵を模し、黄金の稲穂に見立てたきな粉は米の豊作を願っています。ごまめは「祝い肴」の一つで、これは「田づくり」と呼ばれます。いわしを田に蒔いて肥やしにしたことから、”五穀豊穣”を願っています。正月のおせち料理も近年は随分と姿や内容が変わっているようですが、本来は「新年の神様をお迎えする為のお供え」ですから、これから始まる一年を何事もなく健やかに過ごせるようにという願いがここかしこに込められている料理なのです。

 伝統的な正月祝膳の基本

『屠蘇・祝肴・雑煮』

からなります。

祝肴は『ごまめ・黒豆・たたきごぼう・数の子』より三品

給食室で作ったごまめ

1月12日(火) 献立

パン

牛乳

ポークビーンズ

ブロッコリーのマヨネーズぞえ

リンゴジャム

 ブロッコリーはキャベツと同じアブラナ科の野菜です。栄養成分は、ほうれん草に似ていてカロテン・ビタミンB1・B2・Cやミネラル類ではカルシウム・鉄を含みます。ほうれん草と違いシュウ酸が含まれていないので水にさらさなくても美味しくいただけます。腎臓や胃腸の調子を整える効用があり、また、ブロッコリーの新芽スプラウトに含まれるスルフォラファンの栄養機能にも近年注目が集まっています。    
1月8日(金) 献立

麦ご飯

牛乳

カレイフライ

ボイルキャベツ

ソース

中華スープ

ふりかけ

富より団子

 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 1月の給食は、本校発信の”富より団子”が登場する他、主食のお米が奈良県産米から奈良市産米に変わったり、アンコール献立の登場や地産地消デーに大和高原で育ったキャベツを使用した”キャベツメンチカツ”が登場したり、学校給食記念日と学校給食週間があったり等、盛りだくさんです。楽しみにしていて下さいね(*^_^*)/

 さて、三年生は学力診断テストの日ですが、富雄中学校区・学区ブランド品の”富より団子”を給食に出してほしいという念願が叶っての幸先の良いスタートとなりました。目標に向かってがんばれ!!