12月14日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

きつね柳川

切り干し大根の甘酢煮

キウィフルーツ

ココアハートムース 

 今日で2学期の給食は終わりです。長いと思っていた2学期も振り返ればあっというまに終わってしまいそうです。今学期は大変なご迷惑をおかけしたこともありましたが、たくさんの方々に協力していただき、乗り越えることができました。その後もたくさんの働きに支えられ、今学期を無事に終えることが出来ました。3学期の給食は1月8日(金)からです。冬休みは冬至・大掃除・大晦日・年越し・そして元旦・初詣等と日本の文化的行事が目白押しです。これらを楽しみながら、よい年を迎え、充実した冬休みを過ごして下さい。

 <今日の給食>

 

きつね柳川

(たまご除去)

12月11日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

さばのみそ煮

おひたし

豆腐のみそ汁 

 今日の主菜は”奈良の五徳みそ”を使った「さばのみそ煮」です。この五徳とは、郷土の食文化を伝える徳。自然を生かして作る徳。原料の持ち味を生かす徳。麹菌の力で甘みを引き出す徳。ゆっくりと時間をかけてつくる徳。の五徳に由来するそうです。奈良の家庭に伝えられて来た米麹を多く使った甘口のみそは、みそ汁だけではなくいろいろな料理に合います。 今日はさばのみそ煮に使用しているのですが、みそがさばの臭みを上手に消してくれるので食べやすく、コクのあるいい味わいになりました。  
12月10日(木)  献立 

米粉パン

牛乳

大和茶クリスピーチキン

キャベツのカレーソテー

かぶのクリーム煮

お米のムース 

 今日は奈良県産食材を使った「地産地消デー」です。主食とデザートには奈良県でとれたお米を使っています。主菜には月ヶ瀬、田原地区で栽培されたお茶を使っています。給食では他にも大和の伝統野菜や郷土料理などを皆さんに知ってほしいと思っています。 

 <今日の除去食>

かぶのクリーム煮

(乳製品除去)

12月9日(水) 献立 

麦ご飯

牛乳

目玉焼き

ビビンバ

中華スープ 

 今日はビビンバに「目玉焼き」がついていました。サンプルを見ながら「めだまやき~」と珍しい給食に目を引かれていたようですが、喫食率は過去最高に悪く、びっくりするくらい、たくさん残りました。(~_~;)…  
12月8日(火)  献立 

揚げパン

牛乳

あんかけうどん

海そうサラダ

ツナ添え

和風ドレッシング

棒ソーセージ 

 空気が乾燥し、日ごとに寒さも増してきました。ウイルスの侵入を防ぐ方法はとにかく”手洗い”です。特に食事の前は石けんできれいに手を洗い、きれいなハンカチで手をふきましょう。”揚げパン”は紙ナフキンをつけてあるので手を汚さずに食べることが出来ますが、ソーセージを開ける手、牛乳のキャップを外す手等々…手はいつも働き者なので、清潔にしておきましょう。     
12月7日(月) 献立

麦ご飯

牛乳

にしんのかんろ煮

里芋と大根のそぼろ煮

ひっつみ汁

手づくりふりかけ 

 ”ひっつみ汁”は岩手県の郷土料理です。小麦粉をこねて作った生地を手でひきちぎって作るので”ひっつむ→ひっつみ”と名付けられたそうです。作ってみると「なるほど!!」と感じますよ(^-^)

簡単に作れるのでお家でもお試しください。

<今日の除去食>

ひっつみ汁

(鶏肉・乳製品除去) 

12月4日(金) 献立 

麦ご飯

牛乳

納豆

すきやき煮

みかん 

 今日は「すき焼き煮」です。寒くなってくると美味しいのが鍋料理ですね。鍋料理には、肉・豆腐などからたんぱく質、きのこや野菜は煮ることで”かさ”が減り、ビタミン類や無機質、食物繊維をたくさん摂ることが出来ます。複数の食材が組み合わさることでそれぞれの味や栄養の相乗効果も生まれます。今日は配分するおかずが一品で食べる時間がたくさんとれたかな?ほぼ完食でした(*^_^*)   
12月3日(木) 献立

パン

牛乳

プレーンオムレツ

ケチャップ

根菜サラダ

イタリアンドレッシング

クラムチャウダー

イチゴジャム

 今日は久しぶりのクラムチャウダーです。チャウダーはフランス語のchaudiereが由来のアメリカ料理です。給食のチャウダーはクリームベースのイングランド風ですが、トマトベースのマンハッタン風や、コンソメベースのロードアイランド風などもあります。チャウダーはたまねぎ・じゃがいもが入っているのが基本だそうです。寒くなるとクリームベースの温かい汁物が美味しいですね。ところで、今日のサラダのイタリアンドレッシングは新登場でした。根菜サラダとの相性は如何でしたか? 

<今日の除去食>

クラムチャウダー

(貝・乳製品除去) 

12月2日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

チキンカレー

ブロッコリーのマヨネーズぞえ

フルーツミックスゼリー 

 カレーの日はルウを作る香ばしい香りが漂います。今日はフルーツとサラダの料理が重なったので、衛生管理的に安全策を取り、作業工程表を前の方にしたので、ルウの香りが早い時間から漂いました。早いうちから匂いに誘われてお腹が減ったのではないでしょうか(^_^;)…?「今日のカレーが美味しかった!どうやって作るの?」と声をかけていただくこともあります。給食のカレーは大きく分けてチキン・ポーク・キーマなのですが、野菜の水分量によって仕上がりのトロミが大きく変わるので、仕上がりに大きく差がでないように調味料や水分を細かく調節しています。

<今日の除去食>

チキンカレー

(りんご成分除去) 

12月1日(火)  献立 

パン

牛乳

わかさぎの南蛮漬

レバーの南蛮漬

小松菜の中華炒め

もずくスープ 

 師走に入りました。これまでは例年に比較して暖かい日が多かったのですが、奈良の冬は”おん祭り”の頃にやって来るので、急に寒くなるかもしれませんね。さて、久しぶりに苦手な人が多いレバーの登場だったのですが、もともとの一人当たりの量が少なかったので今日は食べられたようです。「今日は2個食べられました。」と言う声も聴けたのでめでたしめでたし。 

*今日の残量

 

11月30日(月) 献立

麦ご飯

牛乳

きのこご飯の具

ちりめんたくあん

かきたま汁

はちみつ大豆 

 休み明け、全学年揃っての11月最後の給食です。かきたま汁はできるだけ温かい状態で教室に届けたいので、ぎりぎりの配缶を心がけています。おかげでほとんどのクラスで残ることがありませんでした。ですが、気温がぐっと下がったので牛乳の残量がぐっと増えました(~_~;)…

 今日、日頃の給食に対する感謝の気持ちをつづったお手紙をいただきました。給食室ではその心遣いに元気をいただきました。”ありがたい”といってくれる気持ちに応えられるよう、いつも美味しく、安全な給食を出せるようにがんばります。 

<今日の除去食>

かきたま汁

(たまご除去) 

 

きのこご飯にしていただきます

11月26日(木)  献立 

パン

牛乳

フランクフルトのケチャップあえ

さつまいもとかぼちゃのサラダ

マヨネーズ

コンソメスープ 

 今日はさつまいもとかぼちゃを合わせたサラダです。この組み合わせは、あるようでなかったので、初めて食べた時は感動しました。かぼちゃとさつま芋の甘味と食感がちょっとおやつ感覚で楽しめます。サラダ仕立てなのでマヨネーズが添えてありますが、使わなくても美味しくいただけます。簡単で美味しく、栄養満点なのでご家庭でもお試しください(*^。^*) 

ちなみに今日の給食はお残しゼロでした(>^<)クー♡サスガサンネン

<今日の除去食> 

コンソメスープ

(うずらたまご除去)

11月25日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

セルフ親子どんぶり

もやしいため

小魚 

 急に寒くなりました。こんな日は体の中からぬくもりたいですね。さて、今日は「親子どんぶり」です。肉や魚・卵・牛乳・乳製品・豆・豆製品に含まれているたんぱく質は筋肉や内臓・皮膚など体を作る材料となります。たんぱく質はアミノ酸がたくさん集まって出来た高分子化合物で、食事からたんぱく質を摂るとアミノ酸に分解されてから体に吸収されます。人の体を構成するアミノ酸の中で体内で合成できず、食事から摂らなければならないアミノ酸を”必須アミノ酸”といい、8種類あります。私たちはこの必須アミノ酸を効率よく摂るために肉や卵・魚・牛乳などを食べます。また、たんぱく質は他の栄養素に比較して消化・吸収する際のエネルギーが大きく、これにより体謝が高まり体が温くなります(食事誘発性熱産生)。今日のように良質なタンパク質を含む卵と肉の両方をたっぷり使った料理は体が温まりますね。暑い夏には体を冷ます食べ物を、寒い冬には温める食べ物を上手に利用して、過ごしやすくしましょう。

<今日の除去食>

親子どんぶり

(たまご除去) 

11月24日(火)  献立 

パン

牛乳

セルフフルーツクリームサンド

ポトフ

青菜のソテー

棒ソーセージ 

 連休明けの今日は3年生の期末テスト最終日。そして明日からは1.2年生の期末テスト期間になりますので、明日明後日の給食は3年生だけのために作ります。さて、今日は主食がパンの日なのですが、11月24日は和食の日です。これは、平成25年に「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産へ登録されることになったことを記念して制定されました。日本の食文化”和食”の特徴は”季節感・食材の鮮度や持ち味を生かした調理・健康的・行事食”等とされています。私たちが先人から受け継いできた「WASHOKU」を食べつなぎ、次世代に伝えることの大切さをかみしめましょう。

<今日の除去食>

 

フルーツクリームサンド

(クリーム除去) 

11月20日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

さんまのしょうが煮

大和まなのいため煮

にゅうめん 

 秋にはさまざまな作物が収穫されますが、私たちにとってお米は昔から格別な存在なので、その収穫を祝い、感謝する行事が全国各地で行われます。11月23日は「勤労感謝の日」ですが、これはもともとは「新嘗祭」というお米の収穫を祝う宮中の行事でした。秋の収穫に感謝する行事は諸外国にもあり、アメリカでは11月の第四木曜日が”感謝祭”で国民の祝日となっています。    

11月19日(木) 

献立 

減量大和茶パン

牛乳

葛うどん

かき揚げ

棒チーズ 

 柿の歴史は古く、中国では530年頃には渋柿が栽培されていたようです。日本には奈良時代に広がり、甘いものが少ない時代には貴重な甘味だったようです。日本の気候は柿の栽培に適しており、現在、栽培面積が多い県は和歌山県、福岡県、奈良県の順で、生産量日本一の市町村は奈良県五條市です。今日の富有柿は五條市で生産された柿で、10月から11月にかけて出回る種類の今が一番おいしい柿です。

 
11月18日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

鶏肉のすき焼き

手づくりふりかけ

納豆 

 奈良の郷土料理に「鶏肉のすき焼き」があるのを知っていますか?「すき焼き」と言えば牛肉を使ったすき焼きを思い浮かべる人が多いと思いますが、奈良では昔から「お祝い」や「ハレの日」のごちそうに「鶏肉のすき焼き」を食べていました。これは、奈良では毎年10月中旬に菅原道真公の冥福を祈る秋祭りが行われており(天神様のお祭り)、この天神さまが”牛”を神様の使いとしているので、お祭りのごちそうは牛肉ではなく「鶏肉のすき焼き」を食べていました。こうして、鶏肉のすき焼きが奈良に根付いたようです。また、菅原道真公をお祭りする九州でも「鶏肉のすき焼き」を食べるそうです。

 
11月17日(火)  献立 
 

NO IMAGE 

トルティーヤ

牛乳

フルーツキャロットゼリー 

 学校給食献立の変更についてお詫び申しあげます。

本日の給食調理におきまして、野菜を裁断中、包丁の刃先が損傷し、包丁片混入の疑いの事象が発生いたしました。安全を期するため、本日の献立を変更して、右記の献立になりました。子供達や保護者の皆様にはご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを心からお詫び申し上げます。今後は、このようなことが起こらないよう、細心の注意を払って参りたいと思いますので、ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。 

 

11月16日(月)

献立 

麦ご飯

牛乳

きのこハンバーグのてり煮

ブロッコリーのおかかあえ

じゃがいものみそ汁

 今日はきのこたっぷりのソースがかかったハンバーグです。作り方は、

①いつものハンバーグのてり煮を作る 

②ハンバーグを取り出した後のソースにしめじ・えのきたけを入れ味を調え、片栗粉でとろみをつけて仕上げる

③②をハンバーグにまんべんなくかける。

季節のきのこをたっぷり使ったソースと一緒にいただきました

(*^|^*) 

<今日の除去食>

きのこハンバーグのてり煮(ソースのみ) 

11月13日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

だしまきたまご

めざし

貝のしぐれ煮

やかもち鍋 

 今日の「やかもち鍋」は、宮城県多賀城市で食べられている料理です。万葉歌人の”大伴家持”にちなんだ汁物なので、大根や人参は短冊に見立てて、”短冊切り”にします。紅白の餅の入った”すまし仕立て”の汁物です。   
11月12日(木)  献立 

減量パン

牛乳

スパゲティミートソースあえ

ごぼうサラダ

ゴマドレッシング

フルーツゼリーミックス 

 今日は学校給食試食会がありました。小学校の試食会に参加したことがある保護者の方が多かったので、主に中学校給食の役割と思春期に大切な栄養についての話をさせていただきました。保護者の方の感想には、[いつもおいしい給食をありがとうございます」とおっしゃって下さる一方で、「量が少ないのではないか?」と感じておられる方が2/3おられました(参加者33人中22人の方が献立中のどれかを少ないと回答)。帰宅して「おなかすいた~」の声を聞いているとそう思われるのもしかたのない事だと推察されますが、提供者としては、日々何かしらの残量があることも事実です。この機会に「給食はご飯も全部食べて、牛乳も全部飲んでいる?」などの給食の様子をきいてみていただけませんか?

<今日の除去食>

 

フルーツゼリーミックス

(りんごゼリー除去) 

11月11 (水) 献立 

麦ご飯

牛乳

豚肉のしょうが焼き

たかなちりめん

ちゃんこ汁 

 8日日曜日が立冬だったので、暦の上では冬が始まっています。朝夕の冷え込みが厳しくなり、日中の陽射しも弱まってきましたね。こうなると温かい汁物が嬉しいのではないでしょうか?今日の汁物の”ちゃんこ汁”は相撲部屋などで作られる”ちゃんこ鍋”を模して考えられました。具材は肉団子・ちくわ・豆腐・白菜・にんじん・えのきたけ・ごぼう・にら等で、材料の持つ旨味がたっぷり出て、おいしい汁物でした。それにしても、大昔の何もない時代に作られた暦ですが、自然と渡り合う農作業のために作られたとあって、季節のうつろいが見事に記されており、感動を覚えます(◎o◎)  

<今日の除去食>

 

豚肉のしょうが焼き

(リンゴピューレ除去) 

11月10日(火)   献立

NO IMAGE 

 

パン

牛乳

えびしゅうまい

春雨のスープ煮

大学芋 

 今日はこの季節にだけ登場する人気の「大学芋」です。大学芋は、さつま芋を一口大にカットして、油で揚げ、ミツをからめて作ります。この料理が「大学芋」と呼ばれるようになったのは東京大学の赤門の前で売り始めたところ、当時の大学生に大人気になったからだそうです。

 さつま芋と言えばでんぷんを多く含む食品です。これはほとんどが炭水化物でエネルギーのもとになります。また、さつまいもを食べるとおならが出やすくなるのは、腸内細菌がでんぷんや繊維質を分解して、メタンガスや炭酸ガスを発生させるからです。特にイモ類のでんぷんは胃では消化されにくく、腸内細菌によって腸で分解されておならになりやすいのです。  

[大学芋が出来るまで]

さつま芋を180℃の油で揚げる

ミツをからめる

できあがり\(^o^)/ 

11月9日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

タッカルビ

わかめスープ

みかん 

*配膳例がまちがっていることをお詫びいたします<(_ _)>

 キムチは朝鮮半島の漬物に対する総称で、材料により呼び方が異なります。一般に漬物は発酵というプロセスを経ておいしさや保存性、機能性が生まれてきます。発酵とは微生物の育成が進み、食品にたんぱく質の分解・糖質の分解・乳酸菌などの増殖による有機酸の生成があるにもかかわらず、有害な物質の生成がなく、その食品を利用できる場合を言います。もし、利用できない有害物質が生成した場合は「腐っている」とされます。キムチのおいしさは、塩漬けにした野菜の発酵により生まれる有機酸やアミノ酸によるものです。今日のタッカルビにも”キムチ”のおいしさが隠し味に生かされています。 

<今日の除去食>

 

タッカルビ

(キムチ除去)

 

わかめスープ

(たまご除去) 

11月6日(金) 献立

麦ご飯

牛乳

いわしのかんろ煮

ひじきと大豆の磯煮

豚汁

 今日はご飯を主食として、主菜はいわしのかんろ煮、副菜はひじきと大豆の磯煮、汁物は豚汁の和食献立です。副菜と汁物に含まれるカルシウムは267㎎。これに牛乳を添えることで267+227=494㎎のカルシウムをとることができます。これを乳和食(にゅーわしょく)といい、和食の弱点を上手に補ってくれます。寒くなってきましたが牛乳を残さず飲みましょう。 

 

 
11月5日(木)  献立 

減量パン

牛乳

ツナ入りオムレツ

フライめんのあんかけ

レモンゼリー 

 今日は自分で料理の仕上げをする献立です。

①空の大食器に袋に入った”フライめん”を袋の上から軽くほぐして入れる

②小食器に入っている”あん”を

①のフライめんにかけていただきます。

上手にかけていただけましたか?

さて、”あん”にはそろそろ美味しくなってきた白菜が入っています。とても親しみのある野菜ですがその日本での歴史は意外と浅く、中国で生まれた白菜が伝わったのは幕末から明治時代にかけてのようです。日清・日露戦争後、戦争で中国大陸に行った人が種を持ち帰り、栽培を試みたのがきかけだそうで、品種改良や栽培方法の研究が進み、明治の終り頃から大正時代にかけて栽培が出来るようになりました。これから旬を迎える白菜は淡白な味わいなので幅広くいろいろな料理に使える万能野菜です。

<今日の除去食>

 

フライめんのあん

(いか除去)

 

フライめんの食べ方

 

 

③出来上がり\(^o^)/

 

11月4日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

野菜コロッケ

ボイルキャベツ

ソース

中華スープ

ふりかけ

小魚チーズ 

 今日は小魚チーズがついています。学校給食の標準食品構成によると小魚は一食あたり4gと定められていますが、給食では毎日同じ献立を出すわけにはいかないので

一ヶ月平均で毎日4g摂れることを目指しています。奈良市の献立ではちりめんじゃこをふりかけに使ったり、油で揚げたにぼしを、大豆やさつま芋などと合わせてタレで味つけするなどして献立に入れています。続くと食べられなくなってしまうので、今日のような小袋物になるパターンもあります。将来のために、毎日4gの小魚を食べる為の食習慣を給食を食べることで身につけてほしいと願っています。

 
11月2日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

根菜カレー

ゆでたまご

福神漬

ヨーグルト 

 11月になりました。今日は冷たい雨が降っています。今日のカレーはれんこんやごぼうの入った「根菜カレー」です。れんこんもごぼうも旬の根菜で、豊富に含まれる食物繊維の作用でお腹の調子を整えてくれます。また、れんこんには穴が開いているので「見通しがきく」、ごぼうは細く長く地中に根をはるので「根気がつく」といわれ、両方とも縁起の良い野菜です。今日、3年生は学力診断テスト頑張っています。

<今日の除去食>

 

根菜カレー

(りんご成分除去) 

10月30日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

肉だんご

にんじんしりしり

もずくスープ

こくもつふりかけ 

 「にんじんしりしり」は沖縄県の郷土料理です。しりしりとは”千切りにしたにんじん”のことを言い、沖縄県では”しりしり”専用の器具を使って千切りにします。このにんじんを切る音を沖縄の人が表音すると、「すりすり」ではなく「しりしり」となるので「にんじんしりしり」という料理名がついたようです。他に細切りや千切りを表現した料理名には、「浦上そぼろ」の"そぼろ"、「けんちん汁」の”けんちん”、「チンジャオロースゥ」の”スゥ”等があるように思いますが…。日常的に不足しがちなカロテン豊富なにんじんが主役の珍しい料理で、材料も作り方も手軽ですし、彩りも綺麗、ご飯のおかずになりますのでご家庭でも是非お試しください。 

<今日の除去食>

にんじんしりしり

(たまご除去) 

10月29日(木)  献立 

パン

牛乳

小あじのエスカベーシュ

スープ煮

フルーツミックスゼリー

大豆ピーナッツマーガリン 

 今日の主菜は”小あじのエスカベーシュ”です。エスカベーシュは、フランス料理で揚げた魚を酢・油などの調味料に玉ねぎ・にんじんなどと一緒に漬け込んだ料理です。この料理は加熱した魚を保存するために考えられた料理で、和食では”南蛮漬け”などがこれにあたると思います。スペイン料理のアドバード()やマリネも同じように酢を保存料として使っています。    
10月28日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

千草焼き

かやくご飯の具

さつまいものみそ汁

つぼ漬 

 今日は鶏肉・油揚げ・糸こんにゃく・にんじん・えのきたけ・干しいたけなどを煮込んだ”かやくご飯の具”です。炊き込みご飯や五目ご飯とも言いますが、”かやく”という言葉は本来、料理に添えるねぎやしょうが等の薬味や香辛料を加えることを言いました。それをいつの頃からか、味をつけたり細かく切ったりした具をいうようになりました。給食では右の写真のように自分で混ぜて作ります。

   

<今日の除去食>

 

かやくご飯の具

(鶏肉除去) 

<盛付け例> 

10月27日(火) 献立 

減量パン

牛乳

鮭ときのこのクリームスパゲティ

海そうサラダ

ドレッシング

棒ソーセージ 

 空が高く澄んでいます。秋は昼間は暖かく、夜は冷え込みますが、この気温の差が美味しい食べ物を作ります。今日のクリームスパゲティには今が美味しい”鮭”と”きのこ”が入っていて、人気でした。

 さて、10月25日日曜日は「十三夜」でした。十五夜(2015は9月27日でした)は中国から伝わりましたが、十三夜は日本独自の風習です。「栗名月・豆名月・後の月」と呼ばれ、十五夜と十三夜のどちらか片方の月しか見ないことを「片見月」といい縁起が悪いとされています。収穫物の豆や栗の他、秋の七草を供えて秋の夜長を楽しむ風情を感じる習慣です。今晩は美しい満月が見られることでしょう。

<今日の除去食>

 

クリームスパゲティ

(乳製品除去) 

10月26日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

おでん

小松菜じゃこ

みかん 

 今日はデザートにみかんがついています。みかんやりんごなどの果物には、がんをはじめ生活習慣病に対して高い予防効果があることが分かってきていますが、日本では嗜好品としての位置づけが強く果物の消費量は先進国の中では最低水準となっています。これからは柑橘類,とくに「温州みかん」のおいしい季節です。手軽に食べられることから”テレビ・オレンジ”とも呼ばれるみかんです。一日一個くらいは食べる習慣を!! 

<今日の除去食>

 

おでん

(うずら抜き) 

10月22日(木)   献立

パン

牛乳

ハンバーグのケチャップ煮

ほうれん草のソテー

かきたまスープ 

 ほうれん草が美味しい季節になりました。ほうれん草は、一年中買うことが出来ますが、夏と冬のほうれん草では栄養分に差があります。冬は野菜も寒さに負けないように糖分を蓄えるので糖度が増し、ビタミンCも3倍になります。夏のほうれん草よりも、旬の時期に収穫して冷凍保存したほうれん草の方が栄養価が高いので、給食でも夏場には冷凍品を使います。今日は生のほうれん草とキャベツをベーコンと一緒にソテーにしています。

 明日は文化発表会のため、給食はありません。昼食の用意を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

<今日の除去食>

かきたまスープ

(たまご除去) 

10月21日(水) 献立

麦ご飯

牛乳

にしんのかんろ煮

切り干し大根の甘酢煮

豚じゃが 

 今日の給食はご飯がすすむ献立でした。”豚じゃが”は毎月登場するのですが、毎回ほとんど完食です。魚が苦手な子供達でも”豚じゃが”の味はおふくろの味として、受け継いでいくと思うと嬉しくなります。(#^.^#)  
10月20日(火)  献立 

減量米粉パン

牛乳

塩ラーメン

豆かりんとう

レモンゼリー

ソフトチーズ 

 ”豆かりんとう”は、さつま芋・大豆・かえりちりめんを油で揚げ、牛乳と砂糖と黒ゴマを煮たてた”みつ”をからめて作ります。ほんのり甘いので箸休め的な副菜なのですが、栄養面ではかなり優れものの副菜です。さつま芋には食物繊維、大豆には良質な植物性たんぱく質、かえりちりめんにはカルシウムが豊富に含まれています。特に思春期・二次性徴を迎える頃の中学生には「カルシウム」は大切な栄養素です。骨や歯を丈夫にするだけでなく、細胞間の情報伝達や筋肉運動にも欠かせない栄養素なので、不足すると十分に成長できず、思うように体を動貸すことが出来なくなります。ですが、カルシウム不足には自覚症状がないので、気づくことができません。何年後かに骨が弱ったことが原因の痛みや、骨粗鬆症などの診断を受けて知ることになります。そうならないように、カルシウムが不足しないようにしなければなりません。 

 
10月19日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

だしまき玉子

大和まなと厚揚げの煮物

手づくりふりかけ

吉野汁 

 今日19日は「食育の日」です。この日には和食と奈良の食材を知らせる献立を取り入れています。”大和まな”は大和の伝統野菜です。これは戦前から奈良県内で生産が確認されている品目で、地域の歴史・文化を受け継いだ独特の栽培法で作られ、「味・香り・形態・来歴」等に特徴のあるものをいいます。大和まなは漬物用の葉菜で、かつては採油用としても栽培されていました。葉には切れ込みがあり、濃緑色で肉質は柔らかく、甘味に富んでいます。冬野菜は寒さにあたると甘みが増すのでこれから美味しくなります。最近、黄化しにくい品種が開発されたので一般に流通するようになりました。吉野汁は吉野葛でとろみをつけた汁物です。「葛」はマメ科のつる草で日本中で自生しています。葛粉は葛の根に含まれるでん粉を取り出したもので、吉野本葛は「吉野晒」という精製法で作られたものです。本葛は1kgの葛の根から100gしかとることができない希少なもので、昔から生薬の原料とされてきました。葛でん粉は、でん粉の中でも粒子が細かく、下痢や風邪など体調をくずした時でも体に吸収されやすく、温め癒す効果があります。

 
10月16日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

ビビンバ

わかめスープ

大根キムチ

ヨーグルト 

 今日はカルシウム補給の目的で中学校のみヨーグルトがついています。さて、「ヨーグルトを常食にする人は健康長寿である」といわれていることを知っていますか?ロシアのノーベル賞学者メチニコフは、ヨーグルトの乳酸菌が腸管で増殖し、悪い菌を抑えるので腸内環境、ひいては生体に良い影響を与えると考えました。今では腸内環境を「プロバイオテクス」が改善することは広く知られるところで、いろいろな種類の乳酸菌株を持ったヨーグルトが出回っています。また、腸内で乳酸菌が作り出す乳酸が腸を刺激して「便通」の改善に働くことも見逃せません。腸には免疫細胞の50%が集まっているので「腸管免疫」を健全に保つことが「腸内環境」を良好に保ち、全身の健康、健康長寿につながるのです。 

<今日の除去食>

 

わかめスープ

(たまご除去) 

10月15日(木)  献立 

パン

牛乳

かぼちゃひき肉フライ

ボイルキャベツ

ソース

きのこのポタージュ

干しプルーン 

 秋から冬にかけては空気が乾燥する季節です。体内へのウイルスの侵入を防ぐ肌や粘膜が乾燥するとバリア機能が弱まります。バリア機能に働くビタミンCが豊富な果物や、免疫機能に働くカロテンを含むかぼちゃ…等の季節の食べ物で風邪の予防を心がけましょう。さて、今日15日は「きのこの日」です。きのこにはビタミンDやビタミンB群・ミネラルの他に食物繊維が多く、お腹の調子を整えてくれます。腸では体に侵入した細菌などと戦う免疫物質を作るので、日々の排便習慣を乱さず、腸内細菌層を常に良い状態に保つことも風邪の予防に繋がります。

<今日の除去食>

 

きのこのポタージュ

(乳製品除去)

 

10月9日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

セルフ豚玉子どんぶり

貝のしぐれ煮

きざみのり 

 今日は地産地消デーです。これは「奈良県学校給食地産地消促進事業」の予算を活用して実施しています。今回は奈良市東部にある杣の川町で飼育されている卵と、奈良県産の「刀根早生」という柿を使っています。この取り組みは11月12月1月の三ヶ月間実施します。この取り組みを通して、みなさんに奈良市生まれの食材を紹介出来ることが楽しみです。ちなみに、今日の鶏卵はいつもより黄身の色が濃かったように感じましたが、いかがでしたか?

<今日の除去食>

豚玉子どんぶり

(玉子除去) 

10月8日(木) 

献立 

パン

牛乳

アドボ

チーズポテト

ミネストローネ 

 朝が寒くなってきましたね。今日は寒露(かんろ)。寒露は、晩夏から初秋にかけて野草に降る冷たい露のことをいい、この頃から秋の長雨が終わり秋が深まっていきます。とはいえ、まだ昼間は半袖で丁度いいくらいの気温なので、上着を上手に利用しましょう。さて、今日の主菜の「アドボ」はフィリピンではポピュラーな家庭料理です。もとはスペインのアドバードという”酢漬けした肉”を焼く料理なのですが、給食では調味料に酢を加えることでらしさをだして作っています。「鶏肉のてり煮」とはまた違った味わいになります。

<今日の除去食>

チーズポテト 

(乳製品除去)

10月7日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

いわしのかんろ煮

さつまいものかき揚げ

えのきたけのみそ汁

ひじきのりのつくだ煮

 

 今日は”さつまいものかき揚げ”です。さつまいもは、中国が未だ「唐」と呼ばれていた時代に琉球(沖縄)を経由して薩摩の国(鹿児島)に伝わりました。琉球では「唐芋」、薩摩では「琉球芋」と呼ばれていたようです。江戸時代に八代将軍吉宗が飢饉の救済作物として薩摩藩から江戸に取り寄せ、青木昆陽に栽培をすすめさせました。荒れた土地でも育ち、悪天候や病気に強いうえ、長く保存できるので、昭和に入ってからも食べ物が不足した戦争中や戦後は米の代用食として食べられました。今では料理用だけではなく、ケーキやアイスクリームなどのスウィーツにも使われる人気の食材です。今日の”さつまいものかき揚げ”の衣は、天ぷら粉と上新粉を混ぜて使っています。いつもよりカリッとした食感のかき揚げになりましたが、かたかったかな(*^_^*;) 

調理室の様子

 

10月6日(火)  献立 

パン

牛乳

デジカルビ

中華スープ

リンゴジャム

小魚 

 今月の目当ては「栄養バランスの良い食事をしよう」ですが、その前に自分が一日に必要なエネルギー量を知っていますか?てっとり早く知るには、平成17年に厚生労働省と農林水産省が定めた食事バランスガイドを参考にしましょう。食事バランスガイドはコマの形のイラストを使って、自分が一日に必要なエネルギー量・主食・主菜・副菜・牛乳・果物などの量を知ることが出来ます。

今日の除去食

デジカルビ

(りんご除去) 

食事バランスガイド

10月1日(木)  献立 

パン

牛乳

フランクフルトのケチャップあえ

キャベツのソテー

クラムチャウダー

フルーツキャロットゼリー

 お天気が気になるところですが、秋は深まり10月になりました。明日に予定していた富雄中学校第68回秋季体育大会は、5日(月)に順延になりました。明日、5日は給食がありませんので、昼食の準備をお願いいたします<(_ _)>。

 さて、10月の給食のめあては「栄養バランスのとれた食事をしよう」です。中学校では家庭科で6つの基礎食品群を学びます。1~6群の食品を組み合わせて栄養バランスの良い食事を心がけましょう。特に成長期の中学生にはカルシウムが必要となります。カルシウムを含む食品を摂るように心がけるとともに、カルシウムの吸収を促すビタミンDを含む食品を意識して摂ること、適度な運動をすることや日光にあたること等を心がけ、将来の自分のためにカルシウム貯金をしましょう。

 

<今日の除去食>

クラムチャウダー

(貝・牛乳除去) 

 

ホットドッグにしてみたら…

 

今日の給食で摂れるカルシウム量は446㎎です。

牛乳も飲みましょう。

9月30日(水)  献立 

麦ご飯

牛乳

さんまのさっぱり煮

きんぴらごぼう

きのことキャベツのみそ汁 

 日本の秋の味覚といえば”秋刀魚”ですが、近年その水揚げ量が減少傾向にあることを知っていますか?その原因の一つに資源不足が挙げられています。秋刀魚は北大西洋に広く分布し、夏から秋にかけて日本海に近づいてきます。北大西洋の秋刀魚資源の推定量は2003年の440万トンから年々減少し今年は190万トンと推定されています。さらに、世界での水産物の需要が高まる、中国や台湾などの漁獲量が増えている等があり、日本の水揚げ量が減っているということになります。給食でもおなじみの”秋刀魚”ですが、将来は品薄で出せなくなるという可能性もありますね。さて、今日は「秋刀魚のさっぱり煮」です。”さっぱり煮”のさっぱりの素は”穀物酢”です。魚の煮汁に”酢”を入れることで、軟らかく煮ることができ、味に少し酸味が加わることで臭味を取り除き、ほんのりとさわやかな煮つけに仕上がります。旬の食べ物を楽しみましょう。   
9月29日(火)  献立 

パン

牛乳

いかのピリ辛ソース

フレンチかぼちゃ

五目スープ 

ブルーベリージャム

 今日は新献立の”いかのピリ辛ソース”です。いかの種類は多く「するめいか」「ほたるいか」「やりいか」などがいます。日本で多く獲れるのは「するめいか」ですが今日のいかは「あかいか」です。いかには疲れを取る「タウリン」が含まれます。ピリ辛ソースは白ねぎ・にんにく・土しょうが・トマトケチャップ・酒・砂糖・中華スープ・しょうゆ・豆板醤・水を使って給食室で作っています。お味はいかがでしたか?   
9月28日(月)  献立 

麦ご飯

牛乳

ちらしずしの具

だしまき卵

にゅうめん

冷凍みかん 

 昨日が十五夜だったのですが、今日は今年最大サイズの月”スーパームーン”が見られるようです。これは、月が地球の周りを楕円の軌道を描きながら回っており、月が地球に近づく時に見られるからだそうです。さて、今日は今年最後の”冷凍みかん”が出ました。時間を見て出したのですが、未だ凍っていたようでした・・・

<(_ _)>今度、冷凍みかんが出る時は食べ頃で出せるように気を付けますね・・・

 
9月25日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

いわしのかんろ煮

さといものそぼろあんかけ

利休汁

手作りふりかけ

 里芋の歴史は米よりも古く「万葉集」にも登場します。里芋のヌメリ”ムチン”は胃の粘膜を保護し消化吸収を助けます。利休汁は茶人”千利休”にちなんだ汁物です。利休はごまを使った料理を好んだのでごまを使った料理に”利休”という名をつけたようです。  
9月24日(木)  献立 

減量パン

牛乳

ポークビーンズ

海そうサラダ

柑橘ドレッシング

月見だんご 

 今年の十五夜は27日(日)です。この日の月は特に美しいとされ、この日が秋の真ん中にあたるので「中秋の名月」と言われます。この十五夜は東アジアに共通して行われる行事ですが「後の月」とも言われる十三夜は日本独自の風習です。お月見には収穫されたばかりの作物を供えるので十五夜は”いも”を供え”いも名月”、十三夜は、栗や大豆(枝豆)を供えるので”くり名月””まめ名月”といわれます。季節ごとの行事や、特別な日の行事の時にいただく料理を『行事食』と言いますが、行事食には自然の恵みに感謝し家族の幸せや健康への願いが込められています。行事食への理解を深め、大切に受け継いで行きましょう。 

 
9月18日(金)  献立 

麦ご飯

牛乳

えびしゅうまい

マーボーなす

もずくスープ

 

 なすの原産地はインド東部と言われています。4~5世紀ごろ中国へ、5世紀ごろアラビア方面へ、13世紀あたりにヨーロッパ、16世紀にはアメリカに伝わりました。日本には中国から8世紀ごろに伝わったとされており、奈良時代には栽培されていたという事をうらずける記録が東大寺正倉院文書にあります。「なす」の語源は夏に採れる野菜”夏の実”や”中酢実”等に由来し、これが転じて「なすび」となり、室町時代の女房言葉から→「なす」となったという説が有力です。毎年奈良市の抽出校で行われる小学校2年生対象の”野菜の嗜好調査”の結果では「なす・ピーマン・にがうり」が嫌いな野菜の上位を占めます。今日の”マーボーなす”にはピーマンとなすの両方が入っていますが、ほぼ完食なので中学生になると食べられるようになっているようです。

<今日の除去食>

 

もずくスープ

(卵除去)

 

9月17日(木) 献立

減量パン

牛乳

みそラーメン

ごぼうとささみのサラダ

ドレッシング

チョコクリーム

 給食のラーメンはとても人気のある献立です。小学6年生と中学3年生を対象に実施したもう一度食べたいアンコール献立アンケート調査の結果でも、2位みそラーメン、3位キムチラーメン、5位塩ラーメン、と兎に角ラーメンが入ってきます。給食のラーメンはどんなに時間間際に作っても、教室で食べるころには麺が汁を吸ってしまう…ある意味、市井で食べられているラーメンとは別の食べ物のようです。給食文化が創った”給食のラーメン”ですが、みんなこのラーメンが大好きで、給食でしか食べることのできない味であることに変わりなく、アンコールにあがってくることにも納得です!! 

↑今日の”ごぼうとささみのサラダ”は、”ささみ”を温かく、”ごぼうとにんじんのサラダ”を冷却器で冷やして提供しました。食べる直前、教室で配膳するときに混ぜていただいても、写真のようにサラダの上にささみをのせても美味しく食べることが出来ます。
9月16日(水) 献立

麦ご飯

牛乳

ししゃもの南蛮漬

がんもと根菜の煮物

すまし汁

 今日は主食がご飯、主菜がししゃもの南蛮漬、副菜ががんもと根菜の煮物、すまし汁の和食の基本の献立でした。和食の良さは、米を主食として、海の物・山の物・野菜・肉や魚などの材料を、かつお節や昆布などで抽出した出汁と発酵調味料のしょう油や味噌で味つけをし、いろいろな加熱調理方法で調理するので、多彩な料理となり、バランスのよい食事が構成されることにあります。ただ、これだけではカルシウムの摂取量が少ないので、給食には牛乳が必ずついています。問題がない場合を除いて、学校で1本お家で1本くらいは牛乳を飲みましょう!!(^_^)/  
9月15日(火)  献立 

パン

牛乳

鶏肉のレモン煮

とうがんのスープ煮

にぼしのカリカリ 

 今日の給食終了後の職員室での会話

「にぼしのカリカリは、沢山残りました。」

「(~_~;)?」

「勝ち目のない戦いのように…頑張って配分してもだめでした(-_-;)」

「(~_~;)…」

他の学級でもなかなか苦戦を強いられた様子だったようです…”にぼしのカリカリ”は小学校でも出たことがある献立なのですが、中学校で作ると量も多くなるので余計に残るのでしょうか…?このような教室からの言葉を真摯に受けとめて以後の献立作成に生かせるといいなぁ…と思いました。ところで、年に2回程度、旬の季節に限定で給食に登場する”とうがん”ですが未だ認知度が低い様子なので、写真をもう一度載せておきますネ(*^_^*)

 

9月14日(月) 献立

麦ご飯

牛乳

野菜カレー

フルーツミックスゼリー

ゆで卵

 今日はかぼちゃ・玉ねぎ・なす・にんじん・ピーマンなどの野菜がたくさん入った”野菜カレー”でした。この時期の野菜は水分が多いので、野菜から出る水分が多く、いつものカレーよりサラっとしていたので、残るかも…?っと心配でしたがほとんど完食でした。(^。^;)ホッ‥やっぱりカレーは人気の献立の様子です。ちなみにかぼちゃ・ピーマンには免疫力に働くビタミンAや肌を健康に保つビタミンC、なすには抗酸化作用でがんや老化防止に働くポリフェノールが含まれます。野菜を英語で”vegetable”といいますが、もともとは「元気づけるもの」という意味からついたそうです。どの野菜にも私たちの体を内側から守る働きがしっかりつまっているので、野菜カレーで野菜パワーをいただいて、今週も元気に過ごしましょう。

<今日の除去食>

野菜カレー

(りんご成分除去) 

9月11日(金) 献立 

麦ご飯

牛乳

セルフ豚キムチどんぶり

ビーフンスープ

とうもろこしの塩ゆで

小魚 

 今日はキムチを使った”豚キムチどんぶり”です。キムチは白菜や大根などを塩漬けにし、ニンニクやトウガラシなどの薬味を混ぜた朝鮮半島の漬物です。朝鮮半島では冬に備えてキムチを作る「キムジャン」という行事があるそうで、朝鮮半島で、キムチはそれくらいよく食べられ、親しまれている”国民食”だといえるでしょう。ご飯とよく合う豚キムチどんぶりでご飯をしっかり食べ(●^o^●)ましょう! 

<今日の除去食>

豚キムチどんぶり 

(キムチ除去)

9月10日(木)  献立 

パン

牛乳

大和ポークコロッケ

ボイルキャベツ

ソース

レタススープ

棒チーズ

冷凍みかん 

  今日のコロッケは”大和ポークコロッケ”です。大和ポークは、大和牛や大和肉鶏と同じ奈良県の銘柄豚です。大和ポークは、奈良市・五條市・川合町・大淀町などで、安全安心な餌を食べ、恵まれた大自然の中で健康にこだわって育てられています。今日はコロッケに入って登場しました。お味はいかがでしたか?

※今日は昨日つけることが出来なかった”冷凍みかん”がついています。 

今日の除去食

レタススープ

(卵除去) 

9月9日(水) 献立

麦ご飯

牛乳

豚じゃが煮

ピーマンとじゃこのいり煮

 今日は警報発令時に備えた特別校時になりました。給食の時間は3時限目終了の11:25~12:15の50分間で、その後12:20から4時間目開始でした。給食室では6:30に調理員さん達が出勤し、7時を待って調理を開始、75㎏のじゃがいもの芽取りや14㎏のピーマンの手切りもいつも通り丁寧にこなし、美味しい給食を出すことが出来ました。調理員さん達の頑張りに感謝感謝です<(_ _)>。

なお、今日の給食が中止になるケースを考えて、”冷凍みかん”は明日の給食につけることになりました。ご了承下さい。

 
9月8日(火) 献立

パン

牛乳

フランクフルトのケチャップあえ

キャベツのカレーソテー

コーンポタージュ

ヨーグルト

 お天気が気になりますね。2学期が始まってまだ、一週間だというのに台風がやってきそうです。今年は季節の移ろうのが早いですね。衣服で上手に温度調節をしながら、朝・昼・夜の三食をしっかりと食べて栄養をつけましょう。また、休息を十分にとって疲れをためないようにし、体調を崩さないようにしましょう。さて、今日の給食はパンにキャベツのカレーソテーとフランクフルトをはさんで食べることが出来ます。中学校のパンは大きいのですが、パンも出来るだけ食べるようにして、完食をめざしてくださいね。 

<今日の除去食>

コーンポタージュ

(乳製品除去)

 

 

9月7日(月) 献立

麦ご飯

牛乳

ちくわとかぼちゃの天ぷら

切り干し大根の煮つけ

豆腐のみそ汁

のりのつくだ煮 

 今日はかぼちゃの天ぷらです。かぼちゃには大きく分けて西洋かぼちゃと日本かぼちゃがあります。西洋かぼちゃの代表が栗かぼちゃとえびすかぼちゃで、ほくほくとした甘味が特徴です。日本かぼちゃの黒皮かぼちゃは水気が多くさっぱり味です。冬は南半球からの輸入品が出回りますが、今は国産のかぼちゃが美味しい季節です。かぼちゃは天ぷらにするとホクホクとした食感とかぼちゃのもつ自然な甘味の両方が楽しめます。   
9月4日(金) 献立

麦ご飯

牛乳

セルフゴーヤ入りそぼろ弁当

いり卵

じゃがいものみそ汁

小魚チーズ

 今日は走りの野菜”ゴーヤ”の入ったそぼろ弁当です。ゴーヤは縦方向に4~8分割してから、ワタの部分をきれいに取り、うす切りにします。これを塩でよくもんで、ゆでておきます。後はいつものそぼろの具を炒めたところに、ゴーヤを加えるだけです。この料理は、土しょうが・おろしにんにく・酒・砂糖・みりん・赤みそ・しょう油等の調味料を使い、味つけもしっかりしているのでゴーヤの苦味が感じられずいただくことが出来ます。ご飯がすすむゴーヤ料理なのでお家でもぜひお試しくださいね(*^_^*)V 

ゴーヤ入りそぼろ弁当の具はこのように↑ご飯のにかけていただきます。

9月3日(木) 献立

減量パン

牛乳

スパゲティペスカトーレ

コールスローサラダコールスロードレッシング

棒ソーセージ

フルーツキャロットゼリー

 今日から2学期の給食が始まりました。長い夏休み中に生活リズムが乱れてしまった人も、朝の光を浴び、毎朝朝食を食べて登校しましょう。生活リズムを整えることで生体リズムが整い、体をベストコンディションにもっていくことが出来ます。10月初旬には体育大会もあります。100%の力を出せるように生活リズムを整えましょう。

※都合により牛乳の位置に誤りがあります。

 <今日の除去食>

スパゲティペスカトーレ(イカ・貝除去)