お子様が、学校感染症(下記一覧表を参照)にかかっている場合、保護者の方が学校感染症届」に必要事項を記入し、登校を再開する際に、担任まで提出して頂きますようよろしくお願い致します。
 
医療機関の医師に記入頂く必要はありませんが、受診した医師の診断内容にもとづき正確にご記入下さい。
医療機関で医師に記入してもらった場合、診断書料や文書料としてお金を徴収されることになると思われますのでご了承下さい。
医師からの指導事項の欄には、「プールは禁止」など登校の再開に際し、学校生活においての配慮事項の指示があれば記入して下さい。

学校は集団生活を行っている場です。感染症にかかった本人の十分な療養と体力の回復はもちろんのこと、他の人への感染を防ぐため、医師の指示と下記の一覧表にある出席停止期間の基準を参考に、伝染のおそれがなくなるまで十分に療養し、登校を再開して下さい。

尚、この期間は出席停止扱いになります。

 

   奈良市医師会 インフルエンザ感染迅速情報へリンク(←クリック)

   ●インフルエンザの出席停止について 

   ●インフルエンザ出席停止早見表  

    ●印刷用「学校感染症届(インフルエンザ用)」令和版用紙
    印刷用「学校感染症届(インフルエンザ以外)」令和版用紙

 

 

  対象疾患 出席停止期間の基準
第1種

エボラ出血熱、
クリミア・コンゴ出血熱、
痘そう、南米出血熱、

ペスト、マールブルグ病、
ラッサ熱、急性灰白髄炎、
ジフテリア、
重症急性呼吸器症候群、
鳥インフルエンザ(H5N1)

治癒するまで
第2種

インフルエンザ

(鳥インフルエンザを除く)

発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹 解熱した後3日経過するまで

流行性耳下腺炎

(おたふくかぜ)

耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹(3日ばしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜炎(プール熱) 主要症状消退した後2日を経過するまで
結核、髄膜炎菌性髄膜炎 医師により感染のおそれがないと認められるまで
第3種

コレラ、細菌性赤痢、

腸管出血性大腸菌感染症、

腸チフス、パラチフス、
流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎、
その他の感染症

医師により感染のおそれがないと認められるまで