修学旅行1日目

 

関西空港で出発式を行いました。学年委員から、スローガンと目標を再確認してから、

思い出に残る修学旅行にしようと決意表明がありました。また、3日間お世話になる

添乗員さんとカメラマンさんの紹介があり、大きな声で「お願いします。」と挨拶

しました。いよいよ飛行機に乗り込んで、沖縄に出発です。関西空港は雨が止んでい

ました。沖縄も雨が止んでいてくれるといいのですが。


 

 


おはようございます。朝方から少し雨がぱらついていましたが、

大きなカバンをバスに積み込み、みんな元気に沖縄にむけて出発

していきました。

 

 

 

修学旅行への道

5月27日(月)

 上の写真は、修学旅行事前指導の様子です。いつもの集会以上に話をよく聞き、行動も機敏で勝手なおしゃべりもありませんでした。集団行動のためのルールを守り、修学旅行を成功させ、一番の思い出を作るんだという気持ちが伝わってきました。学年主任として、修学旅行が安全に進められるために必要なことについて話をしました。①日程ややるべきことを各自がしっかり理解していること。②「この行動は正しいのか?」と自問自答できるように落ち着いて行動する。の2つです。そして、連れて行ってもらえる修学旅行ではなく、学ぶべきことを自らつかみ取る修学旅行を実践してくれることを期待しています。

明日の朝は5:40と早朝の集合です。起床等、様々なことでご協力をお願いしますがよろしくお願いいたします。


5月22日(水)

総合の2時間を使って「しおりの読み合わせ(バーチャル修学旅行)」を行いました。2限目になってもまだ2日目が終了しないというとても長い時間でしたが、生徒たちは真剣に担任の先生の説明を聞いていました。時には先生の指示で、また各自の判断で重要と思えることをしおりに書き込んだりマーカーペンで色を塗ったりしていました。そして最後には、修学旅行後に作成する『修学旅行記』についてTV放送での説明を聞きました。卒業生から『修学旅行記』を借りることができたので、どのように作ればいいのかイメージがスムーズに膨らんだと思います。大切な『修学旅行記』を快く貸してくれた卒業生のみなさん、ありがとうございました。そして、登美北の伝統を感じる瞬間でもありました。

※どんな『修学旅行記』が完成するか楽しみです。『修学旅行記』は9月の文化発表会に展示する予定です。その時には、ぜひご覧いただけますようよろしくお願いします。


5月16日(木)

修学旅行のしおりが完成しました。しおりには、きまり・行程・ワークシート等が掲載されており、しおりがなければ修学旅行は始まりません。修学旅行成功のための羅針盤といえるでしょう。1ページ1ページ丁寧に心を込めて作成していました。保護者のみなさまも早くご覧になりたいとは思いますが、中間テスト明けの22日(水)に、しおりを使って『バーチャル修学旅行』を行うため学校で預かっています。今しばらくお待ちください。

※しおりの表紙・裏表紙・挿絵は修学旅行委員が担当してくれました。その出来栄えは素晴らしく、昭和のアイドル歌手のシングルレコードダブルA面を彷彿とさせました。


5月13日(月)

今日の平和学習では、タブロイド版新聞「知る沖縄戦」にある知花くららさんが祖父から聞いた体験と沖縄在中の中学3年生相良倫子(さがら りんこ)さんが、昨年6月23日沖縄慰霊の日の集会で朗読した自作の詩「生きる」の動画を視聴してから、「平和への思い」や「平和な世界を創っていくために自分はどのように行動していくのか」についてまとめ、『平和の寄せ書き』を書き始めました。

動画の視聴では、相良倫子さんの朗読の際に、みんなの視線が画面に釘付けになっていました。その影響でしょうか、思いが膨らんで寄せ書きが長い文章になり、「全員が書けるかな?」と心配しているクラスもありました。相良倫子さんの朗読は、ぜひ保護者の方々にも動画で視聴していただきたい内容です。ネットで「相良倫子さん 生きる」と検索して頂いたらご覧いただけますので、ご家庭での話題の一つにしていただいたら幸いです。


5月10日(金)

道徳の時間を使って平和学習を行いました。共通の資料として朝日新聞社からいただいたタブロイド版新聞「知る沖縄戦」を使いましたが、各担任の特徴を生かした授業となりました。この平和学習は来週にも引き続き行い、まとめとして「平和への思い」や「これから行動していきたいこと」を宣言する『平和の寄せ書き』を完成させます。そして、沖縄平和祈念資料館で行う平和集会のときに、「誓いの言葉」とともに平和を祈る証として捧げます。

黒板に飾られているのは、昨年の卒業生が作成した『平和の寄せ書き』です。


5月7日(火)

10連休が終わり、一時ストップしていた修学旅行への取組が再開しました。土曜日,日曜日を入れても20日後には出発です。今日は学活・総合の時間を使って民泊の方へ送る自己紹介を完成させました。また、今日決まったばかりの新しい生活班で国際通りでの班別研修計画を検討し始めました。「このお店に行きたい!」「これを食べたい!」との班員全員の希望を班別研修のルールを守って叶えるのはかなり難しいですが、「これなら!」とみんなが納得のできる計画になるように話し合いは盛り上がっていました。授業だけではなく給食中にも国際通りの地図を見ながら食事をしているクラスもありました。

 班別研修のルール(主なもの)

 ① 活動時間(12:40~15:30)は常に班員全員がそろって行動し、勝手な行動をしない。

 ② 時間内に必ず昼食をとること。(体調を考え、なるべく早めに時間を設定すること)

 ③ 13:00~14:30の間にチェックポイント(第1牧志公設市場の2階)でチェックを受けること。

 ④ 班別研修の範囲は国際通りの東の端「牧志駅付近」から西の端「県庁前」で15:30に「県庁前」に集合完了すること。

写真は担任の先生から班別研修の計画の立て方やルールの説明を受けている様子です。この後、班に分かれて話し合いが始まりました。


4月23日(火)

今日の学活では修学旅行でお世話になる民泊の方へ送る自己紹介を作成しました。写真は自己紹介に掲載するグループ写真を撮影しているところです。修学旅行への学級での取り組みは今週から本格的に始まりました。グループ分けや部屋決めの場面では気配り・心配りを生徒たちは発揮し、みんなが納得できる決定を追求してくれています。

ホームページでの発信がようやく開始しました。遅くなり申し訳ありません。これからホームページを利用して3年生の活動を発信していきますのでよろしくお願いいたします。また、学級通信も同時にホームページに掲載しました。お子さまを通じて配付しておりますが、カラーでご覧いただけますので是非こちらもご覧くださいますようお願いいたします。