7月全校朝会(県総体壮行会)   7月8日(月曜日)

7月8日(月)本校体育館において、全校朝会及び県総体壮行会を開催しました。まず初めに生徒会長からの話があった後、各学年委員長と専門委員長から連絡がありました。その後、県総体壮行会を行い、各体育部のキャプテンからこれまでの感謝の思いも含めた決意表明がありました。最後に校長先生から、皆さんの応援団長のつもりでエールを送ると言われ、大きな声で「フレーフレー登美北!!」「がんばれ、がんばれ登美北」とエールを送りました。きっと生徒の皆さんに校長先生の思いは伝わったことでしょう。なお、校長先生の思いについては、本日配付いたしました校長だより(ホームページにも掲載)をご覧ください。

 

生徒総会   6月14日(金)

5.6時間目を使って、生徒総会を行いました。生徒会長のあいさつ・議長のあいさつの後、「今年度のスローガンについての説明と質疑応答」がありました。続いて、「生徒会活動方針の説明と質疑応答」・「学年・専門委員会活動についての説明と質疑応答」がありました。これらの各学級で出された意見をもとに、生徒会本部並びに各委員会がその意見に答弁していました。生徒会本部役員の皆さんを中心にしっかりと準備してくれたおかげで、素晴らしい生徒総会となりました。生徒総会後に今年度、地域教育協議会の取組でやってきた羊4頭の内、名前がついていなかった3頭の名前の発表がありました。ひつじの名前は「ミルキー」「ふわ」「おとみさん」と洋風あり、和風ありの名前です。ひつじの名前はひつじクラブや園児からの意見も参考にし、生徒会中央員会の取組で決めてくれました。

6月全校朝会   6月10日(月曜日)

6月10日(月)本校体育館において、全校朝会が行われました。まず初めに生徒会長からの話があった後、各学年委員長と専門委員長から連絡がありました。さらに、各学年から校外学習や修学旅行の取組について発表があり、それぞれ映像などを取り入れ工夫した発表をしてくれました。その後、表彰伝達がり、お互いの健闘を称えあいました。校長先生からは、まず、部活動について話をし、良いチームは試合に出ることができなかった人が一生懸命応援し、試合に出た人が出ることができなかった人のことを思いやることができるチームであること、色々な人の支えがあることに感謝することなどを伝えました。また、笑顔とあいさつについても話をし、苦しい時にこそ笑顔が大切で、笑顔が状況を好転させることにつながる。あいさつは心を開くということであり、キャッチボールと同じである。相手を見て、届くボールを取れる速さで投げることが大切であり、あいさつも同じですということを伝えました。最後に、生徒会本部より「はるかのひまわり」について、玄関付近と中庭に植えたことなど連絡をしてくれました。

※「はるかのひまわり」とは阪神・淡路大震災で亡くなった「はるかちゃん」という小学生の女の子の、自宅跡に咲いたひまわりに由来するもので、災害の教訓と命の尊さを広く伝え、はるかちゃんの命の連鎖を紡ぐプロジェクトです。

5月全校朝会   5月13日(月曜日)

5月13日(月)本校体育館において、全校朝会が行われました。まず初めに校長先生が、「皆さんは幸せになるために生まれてきた」「言葉を大切にし、人の気持ちを考えた発言をしてほしい」ということなど、自身の経験を踏まえて生徒の皆さんに語りかけました。その後、生徒会長からの話があり、各学年委員長と専門委員長から今年度の活動方針などの話がありました。さらに、各色団の団長から熱いパフォーマンスを伴う決意表明があり、大いに盛りあがりました。最後に表彰伝達がり、集会を終えました。生徒の皆さんは、それぞれの話に真剣に耳を傾けている様子でした。人権のことやこれから1年間のことなどに思いをはせる、有意義な集会となりました。

        

新入生歓迎会   4月12日(金曜日)5・6時間目

5時間目と6時間目を使って、生徒会主催による「新入生歓迎会」をしました。まず、最初に校歌を歌い、生徒会本部役員の紹介がありました。そのあと、各部より部活動紹介がありました。どの部も、新入生に入部してもらいたい思いから工夫を凝らした発表になりました。