研究授業 6月18日(火)

6月18日(火)6時間目に1年2組で研究授業を行いました。今回は松井先生が数学の授業を行い、全教員が参観し、その後の研究討議に臨みました。学習指導要領が中学校においては、2020年に改訂されます。次期学習指導要領では、これからの社会が,どんなに変化して予測困難な時代になっても、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え,判断して行動できるように、育成すべき資質・能力を「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の三つの柱に整理されました。また、どのように学ぶのかにも言及され、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点から「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」も重視しされています。そうした未来型の教育も見据えて、松井先生が子どもが主体的に学べるよう、また、対話を通して新しい発見や豊かな発想が生まれるよう工夫された授業を実践しました。今後より良い授業を各自が展開できるよう進めていきたいと考えています。