修学旅行を終えて

6月4日(火)

今日、修学旅行中にお世話になった看護師の作道さんから手紙が届きました。どの先生も作道さんに会うたびに「熱中症が心配ですから、水分をとるように言ってください。」と指示されたのですが、その一言からもわかるように、常に生徒の様子を気遣ってくださいました。また、生徒に水分のことを指示したときに、「先生! ナイス!」と声をかけてもらった教師もいました。体調の悪い生徒が出た時も、2段階先を見据えた対応をしていただき、「さすがプロ!」と感心させられました。作道さんからは、「生徒さんから何かと声をかけていただき、とても楽しく過ごすことができました。また、私自身、この旅行を通して大変貴重な経験をさせていただいたように思います。」と謙虚な言葉を頂いています。修学旅行が安全に運営することができた要因の一つに、「まさしくプロ!」と呼ばれる看護師さんがいたことを伝えておきます。

こんなかわいいい挿絵の入ったお手紙でした。


6月3日(月)

修学旅行から戻り、最初の登校日である今日、プリントを使って修学旅行を振り返りました。担任の先生から活動中のエピソードが紹介され、笑いが起こっているクラスもありました。振返りの後、「修学旅行記」の制作と民泊でのホストファミリーの方へのお礼を書いていきます。廊下には、「世界でひとつだけの旗」(民泊の退村式の時に贈呈されたもの)が飾られました。この旗を見るたびに、修学旅行での出来事や民泊での心温まる体験が思い出されることでしょう。


 

 2日目宿泊施設:ロイヤルホテル沖縄残波岬

修学旅行3日目

【修学旅行の全ての日程が終了しました 】

  

保護者の皆様へ

 

修学旅行では保護者の皆様のご理解、ご協力をいただき、無事すべての日程を終えることができました。

天候も雨模様の時もございましたが、行程に支障がでない程度でしたので、3日間予定通りの活動ができました。

また、早朝より出発の準備や遅い時間のお迎えなど、保護者の皆様におかれましては、様々な面でお世話になり、ありがとうございました。

本日は、お子様もお疲れかと思いますので、十分に休まさせてあげていただき、明日にでも、ゆっくりと色々なお土産話を聞いていただけたらと思います。保護者の皆様も、ごゆっくりお休みください。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

  

登美ヶ丘北中学校 教師一同

 

【バスが中町ランプ<第二阪奈> を下りました】

バスが中町ランプを下りました。只今(21:25現在)、学園前駅付近を通過しているようです。

 

【関西空港 バス出発】

バスは関西空港から20:15頃、予定通り出発しました。

 

バス下車コース(⑧学校 21:45到着予定)

①中登美ヶ丘団地

②中登美ケ丘4丁目

③中登美ケ丘2丁目

④ダイヤモンドテニスクラブ北付近

⑤東登美ケ丘5丁目東方面行き

⑥東登美ケ丘6丁目東

⑦東登美ケ丘5丁目西方向行き

⑧登美ヶ丘北中学校南門付近(登美ヶ丘4丁目西方向行き)

の順に回ります

 

到着時刻は交通事情により前後します。

 

【関西空港到着】

19:37にJTA008便が関西空港に無事到着しました。また、メールおよびホームページにより、学校への到着予定時刻等をお知らせいたします。

 

【那覇空港離陸】

JTAのホームページによりますと、17:29にJTA008便が離陸しており、関西空港の到着予定は19:37となっております。また、関西空港到着後、メールおよびホームページにより、お知らせいたします。

 

【解散式】

修学旅行の速報です。那覇空港での解散式を終えました。

現在、搭乗するJTA008便は、時間通り運航する予定です。ただいまから一路、奈良に向かいます。

 

【首里城公園】

首里城の見学が始まりました。クラスを3グループに分けて、ガイドさんの説明を聞きながらの
見学です。14世紀末からの琉球王朝のお城にタイムスリップしてきます。

独特の語り口で詳しく教えてくださり、とても勉強になります。

 

 

【朝食】

3日目、朝食会場の様子です。3日目になると、生徒たちの表情から疲労の色が醸し出されています。

7:00起床の時、全体の約3割の生徒は、まだ寝ていました。そんな生徒たちは先生たちに起こしてもらっていました。


   

 

修学旅行2日目

【エイサー体験】

沖縄伝統芸能エイサーを観賞しました。小学校の時に演奏した生徒もいましたが、本物の迫力に、太鼓の音に度肝を抜かれていました。

この後は、部屋に戻り、カメラマンさんに写真を撮ってもらい、就寝になります。部屋から「1.2.3 ハーイ!」の声が聞こえてくるでしょう。

就寝時間は22:50,明日の起床時間は7:00です。明日に備えて、しっかり休んでもらいたいと思います。おやすみなさい。

  

 

【マリン体験】

民泊体験を終えた生徒のみなさんはホテルに到着し、いざマリン体験へ!!

シュノーケリング,ドラゴンボート,自由遊泳をクラスごとに交代しながら体験しました。快晴ではありませんが、ときおり日差しがあり、沖縄の海を満喫しました。ビーチには、みんなの歓声が響いていました。

体験が進むにつれて、風が強いためか、寒く感じる生徒が多くなったので、体験がすべて終わったクラスから自由遊泳の時間を切り上げて、マリン体験を終了しました。
         4組のビーチバレーボールの様子です。男子と女子の白熱した戦いが

                          繰り広げられました。どちらが勝ったかは、お家で聞いていただけたらと思います。

【退村式】

ホストファミリーの方に送ってもらい、退村式の会場に集まってくる様子を見ていると、民泊体験がとても良い体験であったことがうかがわれます。雨のために退村式の会場は、芝生広場からホテル内のプレシャスホールに変更になりました。民家代表の方からの挨拶の後、各家庭とのお別れとなりました。握手をしたりハイタッチをしたり、笑顔あり涙ありの別れとなりました。短い間でしたが、家族の一員として生活して、ここ読谷村に親戚ができました。手紙、書くからね!

   

 

修学旅行1日目

【入村式】

読谷村に着きました。盛大な歓迎セレモニーが待っていました。全くのサプライズで生徒たちは度肝をぬかれたようでした。入村式を済ませて、いよいよ民泊体験の開始です。

☆ホストファミリーの方と積極的に会話を楽しもう。

☆お手伝いをするなどして、沖縄の文化を学ぼう。

☆マナーよく、礼儀正しく接しよう。

☆睡眠をしっかりとろう。(夜ふかしして、ご迷惑にならないように!)

どんな出会いが待っているでしょうか?沖縄を観光ではなく、生活で感じましょう。

天気予報は雨でしたが、なんとか雨に降られずに活動できました。天気の神様がおられるのなら、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。それとも、1組が作っていた、てるてる坊主のおかげかも?

  

式後はそれぞれの家庭の車に乗せてもらって全員、民泊体験に向かいました。明日の午後まで沖縄の風土を堪能しながら、思い出に残る体験をしてきて欲しいと思います。明日も良い1日になりますように!!

 

【ガマ追体験 】

ガマを見学しました。ガマの中は、真っ暗で蒸し暑く、息苦しさを感じました。地下水がしみ出ていて、水滴の音が響いていました。ひめゆり平和祈念資料館にもガマのジオラマはありましたが、感じ方は全然違います。さらに、戦争の中で、命の恐怖を感じながら、ここで生活することなど想像すらできません。ガイドである翁長さんの呼びかけで、二度と戦争を起こさないよう、黙祷を捧げました。また、見学だけでなく、戦争のときの様子を翁長さんから聴かせていただくことで、学習を深めることができ、平和の大切さと命の尊さを改めて感じました。

 

 

【平和集会】

平和の礎を囲んで、平和集会を行いました。4クラスを代表して、1組の文章を紹介します。

私たちは、この平和学習を通して、戦争の恐ろしさと、今の平和な世の中で生活できている喜びを感じることができました。当たり前の生活を壊し、幸せを奪っていく戦争は、これからもう二度と繰り返してはいけないと思います。そこで、この旗にはたくさんの蝶と1本のひめゆりの花を描きました。皆さんは「燃え落ちる蝶」と言う絵を知っていますか。羽を燃やし焦げ付いた蝶たちが落ちているその絵は、戦争の恐ろしさを表したものと言われています。そんな蝶たちを、同じ過ちを繰り返し、再び苦しめないように、再びあの空へ昇り成仏できるように、と言う思いで描きました。ひめゆりの茎に書かれた言葉と、34人の誓いが彼らに届きますように。

 

 

【バスで移動中】

ひめゆり平和記念資料館の見学を終えて、バスガイドさんのお祖母さまのお話を聞かせていただきました。本当に身近にあった沖縄の戦争について、知ることができました。

 

【昼食】

沖縄での最初の食事は、タコライスです。「タコが入っていますか?」との質問がありましたが、
事の真相は家族の団欒で!
 

【那覇空港】

那覇空港に到着しました。沖縄の天気は曇り、気温は27度です。3日間お世話になるバスガイドさんとの出会いの瞬間です。さあ、沖縄での活動が始まります。

 


【関西空港】

関西空港で出発式を行いました。学年委員から、スローガンと目標を再確認してから、思い出に残る修学旅行にしようと決意表明がありました。また、3日間お世話になる添乗員さんとカメラマンさんの紹介があり、大きな声で「お願いします。」と挨拶しました。いよいよ飛行機に乗り込んで、沖縄に出発です。関西空港は雨が止んでいました。沖縄も雨が止んでいてくれるといいのですが。


 


【学校出発】

おはようございます。朝方から少し雨がぱらついていましたが、大きなカバンをバスに積み込み、みんな元気に沖縄にむけて出発していきました。

 

 

 

 

 

予定通りの時刻で、各クラスごとにバスに乗車し関西空港に向けて出発しております。修学旅行では、しっかり学び、思う存分楽しんでほしいと思います。

いってらっしゃい!

保護者の皆さまには、本日は早朝からご準備いただき、ありがとうございます。修学旅行中、少しでもご安心していただけますように、写真も添付しまして活動の様子をお伝えしていきたいと思います。

 

修学旅行への道

5月27日(月)

 上の写真は、修学旅行事前指導の様子です。いつもの集会以上に話をよく聞き、行動も機敏で勝手なおしゃべりもありませんでした。集団行動のためのルールを守り、修学旅行を成功させ、一番の思い出を作るんだという気持ちが伝わってきました。学年主任として、修学旅行が安全に進められるために必要なことについて話をしました。①日程ややるべきことを各自がしっかり理解していること。②「この行動は正しいのか?」と自問自答できるように落ち着いて行動する。の2つです。そして、連れて行ってもらえる修学旅行ではなく、学ぶべきことを自らつかみ取る修学旅行を実践してくれることを期待しています。

明日の朝は5:40と早朝の集合です。起床等、様々なことでご協力をお願いしますがよろしくお願いいたします。


5月22日(水)

総合の2時間を使って「しおりの読み合わせ(バーチャル修学旅行)」を行いました。2限目になってもまだ2日目が終了しないというとても長い時間でしたが、生徒たちは真剣に担任の先生の説明を聞いていました。時には先生の指示で、また各自の判断で重要と思えることをしおりに書き込んだりマーカーペンで色を塗ったりしていました。そして最後には、修学旅行後に作成する『修学旅行記』についてTV放送での説明を聞きました。卒業生から『修学旅行記』を借りることができたので、どのように作ればいいのかイメージがスムーズに膨らんだと思います。大切な『修学旅行記』を快く貸してくれた卒業生のみなさん、ありがとうございました。そして、登美北の伝統を感じる瞬間でもありました。

※どんな『修学旅行記』が完成するか楽しみです。『修学旅行記』は9月の文化発表会に展示する予定です。その時には、ぜひご覧いただけますようよろしくお願いします。


5月16日(木)

修学旅行のしおりが完成しました。しおりには、きまり・行程・ワークシート等が掲載されており、しおりがなければ修学旅行は始まりません。修学旅行成功のための羅針盤といえるでしょう。1ページ1ページ丁寧に心を込めて作成していました。保護者のみなさまも早くご覧になりたいとは思いますが、中間テスト明けの22日(水)に、しおりを使って『バーチャル修学旅行』を行うため学校で預かっています。今しばらくお待ちください。

※しおりの表紙・裏表紙・挿絵は修学旅行委員が担当してくれました。その出来栄えは素晴らしく、昭和のアイドル歌手のシングルレコードダブルA面を彷彿とさせました。


5月13日(月)

今日の平和学習では、タブロイド版新聞「知る沖縄戦」にある知花くららさんが祖父から聞いた体験と沖縄在中の中学3年生相良倫子(さがら りんこ)さんが、昨年6月23日沖縄慰霊の日の集会で朗読した自作の詩「生きる」の動画を視聴してから、「平和への思い」や「平和な世界を創っていくために自分はどのように行動していくのか」についてまとめ、『平和の寄せ書き』を書き始めました。

動画の視聴では、相良倫子さんの朗読の際に、みんなの視線が画面に釘付けになっていました。その影響でしょうか、思いが膨らんで寄せ書きが長い文章になり、「全員が書けるかな?」と心配しているクラスもありました。相良倫子さんの朗読は、ぜひ保護者の方々にも動画で視聴していただきたい内容です。ネットで「相良倫子さん 生きる」と検索して頂いたらご覧いただけますので、ご家庭での話題の一つにしていただいたら幸いです。


5月10日(金)

道徳の時間を使って平和学習を行いました。共通の資料として朝日新聞社からいただいたタブロイド版新聞「知る沖縄戦」を使いましたが、各担任の特徴を生かした授業となりました。この平和学習は来週にも引き続き行い、まとめとして「平和への思い」や「これから行動していきたいこと」を宣言する『平和の寄せ書き』を完成させます。そして、沖縄平和祈念資料館で行う平和集会のときに、「誓いの言葉」とともに平和を祈る証として捧げます。

黒板に飾られているのは、昨年の卒業生が作成した『平和の寄せ書き』です。


5月7日(火)

10連休が終わり、一時ストップしていた修学旅行への取組が再開しました。土曜日,日曜日を入れても20日後には出発です。今日は学活・総合の時間を使って民泊の方へ送る自己紹介を完成させました。また、今日決まったばかりの新しい生活班で国際通りでの班別研修計画を検討し始めました。「このお店に行きたい!」「これを食べたい!」との班員全員の希望を班別研修のルールを守って叶えるのはかなり難しいですが、「これなら!」とみんなが納得のできる計画になるように話し合いは盛り上がっていました。授業だけではなく給食中にも国際通りの地図を見ながら食事をしているクラスもありました。

 班別研修のルール(主なもの)

 ① 活動時間(12:40~15:30)は常に班員全員がそろって行動し、勝手な行動をしない。

 ② 時間内に必ず昼食をとること。(体調を考え、なるべく早めに時間を設定すること)

 ③ 13:00~14:30の間にチェックポイント(第1牧志公設市場の2階)でチェックを受けること。

 ④ 班別研修の範囲は国際通りの東の端「牧志駅付近」から西の端「県庁前」で15:30に「県庁前」に集合完了すること。

写真は担任の先生から班別研修の計画の立て方やルールの説明を受けている様子です。この後、班に分かれて話し合いが始まりました。


4月23日(火)

今日の学活では修学旅行でお世話になる民泊の方へ送る自己紹介を作成しました。写真は自己紹介に掲載するグループ写真を撮影しているところです。修学旅行への学級での取り組みは今週から本格的に始まりました。グループ分けや部屋決めの場面では気配り・心配りを生徒たちは発揮し、みんなが納得できる決定を追求してくれています。

ホームページでの発信がようやく開始しました。遅くなり申し訳ありません。これからホームページを利用して3年生の活動を発信していきますのでよろしくお願いいたします。また、学級通信も同時にホームページに掲載しました。お子さまを通じて配付しておりますが、カラーでご覧いただけますので是非こちらもご覧くださいますようお願いいたします。