7月の給食めあて『夏の食生活について考えよう』

7月の給食献立表

7月の給食目標

食べ物紹介「タコライス」

食べ物紹介「古都ならの日」

食べ物紹介「食育の日」

食べ物紹介「麦縄」

今日の献立

7月18日(木) タッカルビを味わう

減量麦ご飯・牛乳・タッカルビ・もずくスープ・とうもろこしの塩ゆで

今日は、「タッカルビ」の話をします。タッカルビは、大きな鉄の鍋で肉や野菜を炒めて、韓国の唐辛子みそのコチュジャンなどで味付けした料理です。給食のタッカルビには、体を作るもとになる鶏肉、熱や力のもとになるトッポギという韓国のもち・ごま油、体の調子を整えるキャベツ・玉ねぎ・にんじん・にらなどの野菜がたっぷり使われています。今日で1学期の給食が終わります。好ききらいなくいろいろな食べ物をバランスよく食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう。

一学期の給食は本日で終了です。いつも安全で美味しい給食を提供してくださった調理員の皆さん、ありがとうございました。


7月17日(水) ラタトゥイユを味わう

パン・牛乳・ラタトゥイユ・ミネストローネ・チョコクリーム

今日は、ラタトゥイユに入っている「ズッキーニ」の話をします。夏が旬のズッキーニは、見た目はきゅうりに似ていますが、かぼちゃの仲間です。フランス料理やイタリア料理の食材として知られていて、実と花のどちらも食べられています。日本へは、40年ほど前から出回り、現在では宮崎県や長野県で主に作られています。今日のラタトゥイユは、夏野菜をオリーブ油で炒めて煮込んだ料理です。暑い夏を元気に過ごすためにも残さずいただきましょう。


7月16日(火) 夏野菜を味わう

麦ご飯・牛乳・夏野菜カレー・海そうサラダ・福神漬

今日はカレーに入っている夏野菜について話をします。夏野菜とは、夏の太陽の日差しをたっぷりあびて育った、夏が旬の野菜のことです。暑い季節にぐんぐん育つので、ビタミンなどの栄養がたっぷり含まれています。また、水分が多いので、体にこもった熱を体の外に出すはたらきがあり、たくさん汗の出る夏の時期の水分補給にもなります。今日のカレーにはゴーヤ・ピーマン・なす・かぼちゃの4種類の夏野菜が入っています。また、今日は食育の日で野菜がたくさん入った給食になっています。しっかり食べて暑い夏を元気に過ごしましょう。


7月12日(金) スパゲッティペスカトーレを味わう

減量パン・牛乳・スパゲティペスカトーレ・かぼちゃのサラダ・冷凍みかん

今日は「トマト」の話をします。トマトは夏の野菜で、太陽の日差しをたくさん浴びることによって成長し、真っ赤に色づきます。これは、リコピンという色素で、私たちの体を病気から守る働きがあります。夏のトマトは、1年の中で一番栄養価が高く、甘みも強いです。また、骨を強くするビタミンCも多くなります。毎日暑い日が続きますが、夏野菜をしっかり食べて、夏バテしないように元気に過ごしましょう。


7月11日(木) 切り干し大根の甘酢煮を味わう

麦ご飯・牛乳・親子どんぶり・切り干し大根の甘酢煮・フルーツミックスゼリー

今日は「切り干し大根」の話をします。切り干し大根は、秋から冬にかけて収穫した旬の大根を細切りにして干したものです。今のように冷蔵庫がなかった時代、収穫した大根を長く保存するための昔の人の知恵でした。干して乾燥させることによって旨味が出て、骨を作るカルシウムや血を作る鉄分、お腹の調子を整える食物せんいなどが生の大根に比べ、10倍以上に増えます。しっかりと味わっていただきましょう。


7月10日(水) とうがん料理を味わう

パン・牛乳・プレーンオムレツ・肉だんごととうがんのスープ煮・ブルーベリージャム

今日は「とうがん」の話をします。「とうがん」は夏にとれる野菜ですが、漢字で冬の瓜と書きます。これは、切らずにそのまま涼しいところに置いておくと、冬まで保存することができるからです。とうがんは、水分とビタミンCを多く含んでいるので暑いこの時期に食べると、体温を下げ夏バテした体を元気にする働きがあります。今日は肉団子の中華スープにとうがんが入っています。とろっと口の中で溶けるので、食欲がなくてもおいしく食べることができます。残さずいただきましょう。


7月9日(火) ひじきの炒め煮を味わう

減量麦ご飯・牛乳・さばのしょうが煮・ひじきの炒め煮・豚汁

今日は「ひじき」の話をします。ひじきは、海そうの仲間で、暖かい海で採れます。周りを海に囲まれている日本では、魚や貝などと同じように、私たちの生活に欠かせない食べ物です。ひじきには、骨をじょうぶにするカルシウムや貧血を予防する鉄分、お腹の調子を整える食物せんいがたくさん含まれています。成長期のみなさんには大切な働きをしてくれるので、給食にはよく出てきますね。残さずいただきましょう。


7月8日(月) 新献立 豚肉の黒酢炒めを味わう

ご飯・牛乳・きびなご揚げ・豚肉の黒酢炒め・わかめのみそ汁

今日は、「酢」の話をします。7月は、気温も高く体も疲れやすくなり、食欲もおちてきます。こんな時は調味料の酢が活やくしてくれます。酢は、体の疲れをとってくれる働きがあります。そして、また、酢には、ばい菌が増えないようにする働きもあります。今日は、その酢を使った豚肉の黒酢炒めです。さっぱりとした口あたりなので、ご飯とともに残さずいただきましょう。また、今日は古都ならの日です。奈良市産のお米を美味しくいただきましょう。


7月5日(金) コーンポタージュを味わう

パン・牛乳・チキンカツ・ボイルサラダ・コーンポタージュ

今日は「とうもろこし」の話をします。お店に行くといつでもとうもろこしの缶詰がありますが、みなさんはとうもろこしが一番美味しい時期を知っていますか。食べ物が収穫されて美味しい時期を‘旬‘と言います。とうもろこしは夏が旬の野菜です。私たちが普段食べているとうもろこしの缶詰は旬の今の時期に収穫して加工されます。また、美味しいとうもろこしを収穫するために、農家の人は1つのとうもろこしの株に1本から2本の実を残し、他はつみ取ります。つみ取った小さい実は、ヤングコーンとして缶詰などにされます。今日の給食には北海道で作られたとうもろこしが入っています。甘味たっぷりで美味しいですよ。


7月4日(木) 七夕献立を味わう

減量麦ご飯・牛乳・奈良のなすとピーマンのみそ炒め・七夕汁・麦縄

今日は、「七夕献立」の話をします。七夕は、7月7日の晴れた夜に天の川で、おり姫とひこ星が出会う日と言われています。この日、短冊に願い事を書き、笹の枝に結びつけると願いが叶うそうです。今日の給食の七夕汁には天の川に見立てた「魚そうめん」、星に見立てた「オクラ」が入っています。オクラは、夏が旬の野菜で、切り口が星の形をしています。また、今日は「麦縄」もついています。麦縄は、桜井市三輪の特産物「素麺」のルーツとも言われています。麦縄は、油で揚げた「かりんとう」のような食べ物です。味わっていただきましょう。


7月3日(水) 和風カレーうどんを味わう

減量パン・牛乳・和風カレーうどん・ごぼうとささみのサラダ・棒ソーセージ

今日は「ごぼう」について話をします。ごぼうは、平安時代に中国から薬草として日本に伝わりました。日本では、ごぼうの香りや歯ごたえがよいので料理に使っていますが、日本以外では、ごぼうをあまり食べないようです。ごぼうには、おなかのそうじをしてくれる「食物せんい」がたくさん含まれていて、野菜の中ではトップクラスです。今日は、ささみといっしょにサラダにしています。よくかんでいただきましょう。


7月2日(火) 沖縄の郷土料理(タコライス)を味わう

麦ご飯・牛乳・タコライス・ボイルキャベツ・かきたまスープ

今日は「タコライス」の話をします。みなさんは「タコライス」と聞くとどんな料理をイメージしますか?タコが入ったご飯をイメージする人がいるかもしれませんが、実は違います。「タコライス」はメキシコのタコスという料理が由来です。タコスの具材のひき肉・チーズ・レタス・トマトをご飯にかけて食べる沖縄で生まれた料理です。本場ではピリ辛のカレーに似たような味ですが、今日はみなさんが食べやすいようにアレンジした味になっています。栄養がたくさん詰まったタコライスを食べて暑い夏も元気に過ごしましょう。


7月1日(月) 月目標「夏の食生活について考えよう」

減量麦ご飯・牛乳・にしんのかんろ煮・とうがんのそぼろ煮・じゃがいものみそ汁

今日は7月の月目標「夏の食生活について考えよう」について話をします。夏になると、たくさん汗をかくことによって、水分や塩分が体から失われます。失った水分を補給するには、お茶や牛乳を飲むようにし、ジュースやアイスクリームなど甘い飲み物や食べ物はひかえましょう。また、ご飯やパンなどの主食「ばかり」食べたり、冷たい食べ物「ばかり」食べたりしていては、体がだるく元気が出ません。野菜をたくさん食べて、赤・黄・緑の食べものをバランスよく食べるように心がけて、暑さに負けず、元気に過ごしましょう。