みんな元気な顔で(眠そうな子もいましたね・・・)無事帰ってきてくれました。

 

解散式では2日間を振り返り、卒業に向けて一つになっている6年生、そしてそれを支えてくださる保護者の姿を見受けることができ、大変うれしく思いました。

  

学校に残った職員で、本館教室の電気を灯し、少しでも明るくみんなを迎えていという気持ちを相重なり、チーム西北を肌で感じることができる解散式となりました。

これからも、保護者・地域・学校がスクラムを組みワンチームとなって進んでいきましょう!!