若草中学校区小中一貫教育とは・・・

 奈良市では、9年間の連続した学びの中で、確かな学力と豊かな人間性の

育成を目標として、平成27年度より小中一貫教育の全市展開をしてい

ます。

 若草中学校区では、これまで培い実践してきた小中連携の取り組みを大切

にしながら、4小中学校の教職員が、これまで以上に情報交換や交流を重ね

9年間を見通した教育を進めていきたいと考えています。子どもたちが過ごす

場を異にする施設分離型の一貫教育には、直接的な子ども間の交流へのハー

ドルの高さは否めませんが、職員の知恵を結集した取り組みを進めたいと考

えています。 

→平成27年度の取り組みはこちら

 

 

2016.8.18(木)若草中学校区夏期小中合同研修会を行いました。

 本日、奈良女子大学を会場に、若草中学校区小中合同研修会がありました。最初に、奈良県同和問題関係史料センター所長 奥本 武裕先生から「部落史の見直し」と人権教育について講演いただきました。その後、奈良女子大学 本山教授に、頑張りきれない子どもに力をつける取組の工夫についてお話をいただき、若草保育園や佐保幼稚園、佐保小学校、若草中学校から具体的な活動について報告を行いました。

 午後からは、9年間をつなぐ生活規律や学習規律をテーマに、グループに分かれて具体的に取り組みたい事柄について話合いを行い、市教委の吉川指導から指導助言をいただきました。

   

   

   

2019

6月4日(火)体力テスト

今日は、「体力テスト」を行いました。小中一貫教育の取り組みのとして、毎年中学校の体育の先生が小学校に来て子どもたちに指導をしてくださいます。

今日行う種目は、ソフトボール投げ・立ち幅跳び・反復横跳び・長座体前屈・上体起こしです。1・2時間目は3年生と5年年、3・4時間目は4年生と6年生が運動場と体育館に分かれて行いました。子どもたちは、先生のアドバイスを受けてそれぞれの種目に楽しそうに挑戦していました。

《3・5年》

    

    

      

R1 若草中学校区 小中一貫教育 研修会 8月21日(火)

今日は若草中学校区の教員が、奈良女子大学に集まり、「若草中学校区 小中一貫教育 研修会」(午前) 「若草中学校区中期校区別研究会」(午後)が行われました。

午前中は「奈良少年鑑別所 法務教官」の方を講師先生としてお招きし、『奈良法務支援センターの取り組み』についてのお話、午後からは、「奈良県人権教育推進協議会 会長」の大寺先生の『自尊感情の育成』についてのお話をお聞ききしました。今日教えていただいたことを明日からの教育に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。