朝の昇降口前からとても気持ちのよいあいさつの声が響いてきます。数日前から6年生が自主的に取り組んでいる朝のあいさつです。自分で考えて自分から進んで行動している姿が素晴らしく感心しています。まさに、大宮にあいさつの風をおこしています。

 朝の4年1組は、お手紙を配り、2組は、連絡を聞き、3組は、都道府県と県庁所在地のプリントの答え合わせをしています。4時間目の1年1組は、様々なプリントを整理し、2組は、2学期を振り返っています。3組は、「おれ・まがり・そり」に気をつけて書き方ノートに取り組んでいます。3年1組は、コンパスを使って正三角形の作図、2組は、たから島の地図をもとにお話作りをしています。3組は、お互いにお話の紹介文を読み合い、相手へ感想を伝え合っています。

 最後は、そうじの風をおこしている人たち。隅々までていねいにグループ全員で取り組んでいます。「きれいにするぞ」「自分の役割をがんばるぞ」という強い気持ちが感じられ、とてもさわやかです。