★学校の概要★

左上の川は富雄川,右下の森は県立大渕池公園,二名中学校と二名幼稚園が隣接されている。
  

 開校当時は、1年生から5年生までの児童290名、10学級編制であった。教育施設も年々整備され、昭和49年には体育館・プール竣工、昭和52年には新校舎が増築された。教育活動では、特に次代を担う児童の健康の保持・増進に力を注ぎ、昭和56年には県・市教育委員会指定体力つくり研究指定校として研究発表会を行った。平成24年には「運動大好き!たくましい二名っ子の育成」をテーマに“体育の授業”と“外遊びの奨励”に力点を置いた児童一人ひとりの体力向上を目指した取組が認められ、奈良県教育委員会の“元気な大和っ子を育む学校表彰”として “教育委員会賞”を受賞した。

 二名地域の子どもの教育や文化を担う学校として、保護者はもとより地域の方々から厚い信頼を寄せていただき、本年度で49年の歴史を重ねてきている。