通級指導教室について(保護者向け)  

 

ステップ教室 リニューアル
今年の夏休みに改装工事が行われ、ステップ教室は大幅にリニューアルされました。白を基調とした壁で仕切られ、床にはカーペットが敷かれました。明るい雰囲気に生まれ変わった教室は生徒たちにも好評です。改装に伴って、トランポリンも設置しました。
 
  
 
平成28年の秋からスタートしたステップ教室ですが、今年の4月からは三笠中の生徒だけではなく、奈良市の他の中学校の生徒も(放課後を中心に)通って来てくれています。現在、奈良市内の中学校でステップ教室があるのは三笠中学校だけです。
 
ステップ教室に来ている生徒は、週に何回か普段過ごしている教室を離れて、それぞれの<課題>に向き合う時間を持ちます。
 
<課題>というのは、いろいろなことがなかなか覚えられない、2つのことを同時にするのが苦手、集中することが難しい、人と話すことがあまり得意ではない・・・など様々です。
 
ステップ教室では苦手なことに注目するだけではなく、自分が得意なことを知り、こうすればできる!という感覚を身につけてもらうことを大切にしています。
 
 どのような活動をしているか、今後ホームページでお知らせしていきます。

 

ステップ教室での学習について

10月にスタートしたステップ教室(通級指導教室)ですが、今年度は校内通級のみ行いました。各学年数名ずつの生徒が、週1~3時間程度、ステップ教室の部屋で一人一人の課題に合わせた学習を行って来ました。通級教室で行っている学習内容について、簡単に紹介します。

1.ビジョントレーニング
ステップ教室には、「ノートをなかなかうまく取れず、ものすごく時間がかかってしまう」「板書をノートに写して黒板を見ると、どこを書いていたのかわからなくなる」といった、見る力の弱い生徒がいます。見る力を鍛えるためのビジョントレーニングを、授業の初めには必ず行っています。
 
2.書字トレーニング
読み書きの苦手な生徒は、「丁寧に文字を書く」「一画一画に気を付けて書く」練習をします。
自分の名前や、好きな曲の歌詞を写したり、漢字をなぞって覚えたりします。

3.コミュニケーショントレーニング
コミュニケーションが苦手で、なかなか自分の気持ちを話せない生徒は、会話やコミュニケーションスキルを学ぶためのトレーニングをしています。
テーマとルールを決めての会話を楽しんだり、心理ゲームなどを取り入れたりすることもあります。
 

4.教科の学習
校内通級の生徒は、授業中にステップ教室に来ていますので、その時間の教科学習も行います。教科担当の先生と打ち合わせを行い、主として教室で行っている範囲の学習をしています。
 
一人一人のかかえた課題が異なるため、1時間の学習内容も一人一人異なります。
教室での学習に、スムーズに取り組める力をつけるために、「学び方を学ぶ」のが、ステップ教室です。
4月からは他校通級が始まります。奈良市内のいろいろな中学校から、何人かのみなさんが、ステップ教室に通級して来られます。
ステップ教室が、居心地の良い場所になり、一人一人の課題解決と、進路獲得の手立てを見つけるための、お手伝いができればと思っています。

 

平成28年10月19日(水) 開所式
   奈良市の中学校では、初めて設置されることになる三笠中学校ステップ教室(通級指導教室)開所式が行われました。奈良市教育委員長・教育長をはじめとする教育委員会関係者や他校の通級担当者と本校校長・担当者が集まり、開設に至る取組と経緯、通級教室の概要、ステップ教室の説明、質疑応答と施設見学がなされました。