3月の盛り付け表(3.11改訂版)

3月15日(金)

給食151回目。

今日は「フランクフルト」の話をします。フランクフルトはソーセージの仲間でひき肉に調味料や香辛料を混ぜて動物の腸に詰め、ゆでるなどの方法で作られたものです。名前はヨーロッパの地名からつけられたものが多く、ドイツの「フランクフルトソーセージ」イタリアの「ボロニアソーセージ」など、いろいろな種類があります。どのソーセージも材料や作り方は同じですが、腸の種類や太さで分けられ、ウインナー・フランクフルト・ボロニアの順で大きくなります。今日は鶏肉を使ったフランクフルトです。味わっていただきましょう。

今日は今年度給食ラスト。ラストは、ポトフとフランクフルト。おいしかった。

最終日は、各クラスの代表から、調理員さんへ感謝のメッセージが渡されました。1年間ありがとうございました。そしてまた来年度もおいしい給食よろしくお願いします。

3月14日(木)

給食150回目。

今日は「タッカルビ」の話をします。タッカルビは韓国の焼き肉料理の一つで大きな鍋や鉄板で鶏肉や野菜を炒め、コチュジャンや唐辛子・砂糖・しょうゆなどの甘辛いたれで味付けした料理です。「タッ」は鶏肉、「カルビ」は「あばら骨」を表し「骨のまわりの肉を食べる鶏肉料理」という意味があります。給食のタッカルビは、鶏肉とたっぷりの野菜の他に、うるち米の粉を蒸して棒状に細長く伸ばした韓国の餅が入っています。味わっていただきましょう。

鶏肉たっぷり。トッポギも入っている。

3月12日(火)

給食149回目。

みなさん「8020運動」という言葉を聞いたことがありますか。「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、そこには「一生、自分の歯で食べられる楽しみを味わえますように…」という願いが込められています。今日の「食育の日」のかみかみ献立は「ししゃものレモン醤油和え」です。シシャモは骨ごとたべるので、歯に必要なカルシウムなどの栄養をたくさん取ることができます。また、よく噛んで食べることで、歯が丈夫になります。将来自分のためにもよく噛むことを心がけ、歯を大切にしましょう。

食育の日

レバーとししゃも。味付けは同じ。5人での調理では変えるって難しいでしょうね。千切り大根は御飯に合います。おいしかった。

3月11日(月)

給食148回目。

 

今日は「せんべい汁」の話をします・せんべい汁は青森県八戸市の郷土料理です。肉や魚、野菜やキノコなどを煮込みだしが出た汁の中に「せんべい」を割り入れて煮込んだ料理です。米を食べることができなかった江戸時代に栽培しやすかった江戸時代に栽培しやすかった麦やそばからせんべいを作り汁物を入れて食べたことから「せんべい汁」と呼ばれています。このせんべいは「おつゆせんべい」または「南部せんべい」といいます。また、卒業お祝いケーキが付く予定でしたが、東日本大震災の日ということで14日(木)にスライドします。

せんべい汁とは

せんべいが入っている。鶏肉もたっぷり。

3月8日(金)

給食147回目。

今日は「ごぼう」の話をします。ごぼうは食物繊維がたくさん含まれています。昔は食べても役に立たないものと考えられていた食物繊維ですが、今では大切な働きがあることがわかってきました。その大切な働きとは、おなかの中のいらないものを外に出し、きれいに掃除することです。今日のカリカリは、ごぼうに醤油で味を付けた後、衣をつけて油で揚げているのでカリっとして美味しいですね。人気献立メニュー3位の味噌ラーメンと一緒に味わっていただきましょう。

味噌ラーメンにはコーンが入っていたうれしい。

3月7日(木)

給食146回目。

今日は「あさり」の話をします。あさりは日本で古くから食べられてきた貝の仲間です。海の浅いところにいるため「あさり」の名前がつけられました。春になると海水の温度が上がりえさを食べて大きくなるため、これからどんどんおいしくなっていきます。あさりには血液を作る鉄分、骨や歯を作るカルシウム、体を作るタンパク質がたくさん含まれています。栄養がいっぱいのあさりを味わっていただきましょう。

納豆ですが、奈良県産大粒ではなく超小粒だったので少し残念でした。

3月5日(火)

給食145回目。

今日は3月の目当て「食生活を振り返ろう」の話をします。3月に入り学年の終わりが近づいてきました。1年間の給食を振り返りましょう。

1.きちんとした服装で、給食当番の仕事を進んでしましたか。

2.食事のマナーを守れましたか。

3.よくかんで食べましたか。

4.苦手な食べ物が食べられるようになりましたか。

5.残さず食べることができましたか。

6.楽しく食べることができましたか。

自分の食生活を見直し、これからも楽しい給食時間にしましょう。

根菜サラダは、「レンコン」「ごぼう」「にんじん」3種類の野菜が入っていました。そしてカレー美味しいですよね。

3月4日(月)

給食144回目。

今日は奈良市で作られた米と奈良県特産品のや野菜などを使った「古都ならの日」の給食です。にゅうめんに使われる「そうめん」は奈良県の桜井市で作られたものです。また、「大和まなとシメジのおろし煮」に入っている「大和まな」は奈良県で戦前から作られていました。大和まなにはビタミン類やカルシウム・食物繊維が多く含まれています。奈良県の味を感じながら残さずいただきましょう。

古都ならの日について

今日の白ご飯いつもよりぎゅっとした感じがありませんでしたか?おいしいにゅうめんでした。

給食四者会議

保健給食課・PTA会長・調理員(阪神給食と調理員)・学校の四者で1年間を振り返っての給食の話を行いました。いろいろと課題についての話等もありましたが、調理員さんからは「都跡の皆さんはよく食べてくれて、残食が少ないのでうれしい」というお話をしていただきました。なかなか皆さんに直接話をしてもらう機会がないですが、すごく喜んでおられました。また、昨年度と違ってほとんどの人がエプロンをつけてくれているので、配膳室での受け渡しが危なげなくできることにも喜んでおられました。(やけどとかしたらどうにもならないですからね)あと少し、エプロン等を忘れずに、そしてしっかりと食べましょう。

2月28日(木)

掲示板を貼り替えました。

2月の盛り付け表

2月26日(火)

給食143回目。

今日は「わかさぎ」の話をします。わかさぎという名前は「わか」が幼い「さぎ」は小魚を表しこの両方の意味をあわせてわかさぎといわれるようになりました。わかさぎはてんぷらや唐揚げなどにして、丸ごと食べられるので、さまざまな栄養をとることができます。骨や歯を丈夫にするカルシウムや、カルシウムの吸収を助けるビタミンDもたくさん含まれています。今日はビタミンB1やミネラルがたくさん含まれている玄米を粉にした、衣をつけてあげています。よくかんでいただきましょう。

わかさぎの玄米粉フリッター

わかさぎ5本もある!

2月25日(月)

給食142回目。

今日は「おでん」の話をします。おでんは「田楽」という料理でこんにゃくや豆腐などの具を串にさして焼いた「焼き田楽」、具を煮た「煮込み田楽」がありましたが、江戸時代になってからは煮込む方が多くなりました。じゃがいも・大根・ちくわ・こんにゃくなどの具をおでん種といい、しょうゆなどで味付けをしただし汁で煮込みます。おでん種やだしの味は、地域や家庭によって少しずつ異なります。今日は給食室の大きな鍋で煮込んだおでんを味わっていただきましょう

おでんは厚揚げがいいですね。そしてひじきとじゃこの手作りふりかけをかけて食べました。

2月22日(金)

給食141回目

今日は「ソーセージ」の話をします。ソーセージは肉を細かくして味付け加工した、ヨーロッパの伝統的な保存食です。ソーセージの種類は、オーストラリア・ウィーン生まれの細いタイプ、イタリア・ボローニャ生まれのとても太いタイプ、そしてドイツ・フランクフルト生まれは少し太いタイプに分けられます。ソーセージは材料に使う肉の種類が牛肉、豚肉、羊肉のどれかを使うかで太さが変わります。今日のフランクソーセージは豚肉を使ったソーセージです。ケチャップで和えているのでパンにはさんで食べるとおいしいですよ。

今日もコーンがいっぱい。ケチャップ味のソーセージ美味しかった。

2月21日(木)

給食140回目

今日は奈良県の郷土料理「にゅうめん」の話をします。給食のにゅうめんは奈良県の三輪市で製造された三輪そうめんを使用しています。三輪は奈良盆地のほぼ真ん中に位置し冬の寒く乾燥した気候、質の良い水がそうめん作りに適しているため全国的に有名な産地になりました。そうめんは小麦粉・水・塩・油を使用して作ります。そうめんは団子のような塊から、細く長くなるように少しずつ丁寧に伸ばして乾燥させて作ります。温かいにゅうめんは体を温める校歌があるので寒い冬にぴったりです。おいしくいただきましょう。

写真は少し前の給食準備の様子です。

2月20日(水)

給食139回目。

今日は「食育の日かみかみデー」です。よく噛むことは消化や吸収を助けたり歯やあごを丈夫にしたり、体にとって良いことがあります。今日のカミカミ献立は「根菜のかき揚げ」です。根菜は土の中にある部分を食べる野菜で、根を食べるものと、茎を食べるものに分けられます。かき揚げの中には根の部分のにんじんとごぼう、茎の部分のレンコンが入っています。根菜のほかに玉ねぎ・ちくわ・ちりめんじゃこ・白ごまを加え、1個づつ給食室で丸めて油で揚げています。また、今日は衣に上新粉をまぶせることでサクッと仕上がるように工夫しています。栄養たっぷりの根菜のかき揚げをよく噛んでいただきましょう。

食育の日かみかみデー

2月19日(火)

給食138回目。

今日は「ビビンバ」の話をします。ビビンバは給食の人気メニューの上位に必ず登場する韓国料理で、今年は第3位です。韓国語の「ピビン」が「混ぜる」で、「パッ」が「ごはん」という意味で、どんぶりや専門容器にご飯とナムルや肉類・卵などの具をのせコチジャンやゴマ油などの調味料をかけ、スッカラクとよばれるスプーンでよく混ぜ合わせて食べる「混ぜご飯」のことです。給食では豚肉とほうれん草・ぜんまい・もやし・にんじんを調味料で味付けし、仕上げに白ごま・すりごまを入れて仕上げます。美味しいビビンバを上手に混ぜていただきましょう。

ビビンバは御飯にのせて食べました。少し濃い目の味付けでおいしかった。韓国風のりの風が付くのは給食は食材が国産だからかな?あっさり目の味付けでした。ごはんを撒いて食べました。

2月18日(月)

給食137回目

今日は「古都ならの日」です。この日は奈良市の白いご飯と地域で作られた野菜などを使った献立です。米は奈良市で作られた「ヒノヒカリ」という品種です。ヒノヒカリは西日本を中心に日本で三番目に多く作られています。小粒であっさりとしたヒノヒカリは冷めてもおいしい白米です。また、大和まなは奈良県の宇陀市や大和高田市などを中心に盛んに作られています。大粒納豆の大豆は「サチユタカ」という品種で桜井市で栽培し収穫されたものです。奈良県の食べ物を味わっていただきましょう。

古都ならの日とは(かしわのすき焼き・大和まなちりめん・納豆)

納豆大粒で好みです。思わず食べてしまった。

2月15日(金)

給食136回目。

今日は奈良市の地場産物「大和茶」の話をします。大和茶は806年に弘法大師が中国から茶の種を持ち帰り現在の宇陀市に種をまいて育てたことが始まりだといわれています。今では朝晩の気温差が大きい奈良市月ヶ瀬・都祁・柳生・田原などの大和高原を中心に栽培されています。大和茶はすっきりとした味で、香りがとても良いです。最近では飲むだけでなく食べるお茶も広まっていて、いろいろな料理に使われるようになってきました。今日は人気メニュー第1位の大和茶クリスピーチキンです。衣に大和茶を混ぜています。茶葉の香りを感じながら、味わていただきましょう。

今日も大好きなコーンがありました。ミネストローネのマカロニはアルファベッドが。そして人気ナンバー1の大和茶クリスピーチキンはほんのりお茶の香りがありました。

2月13日(水)

給食135回目。

今日は旬の野菜「かぶ」の話をします。いろいろな種類のあるかぶですが大きく2種類に分けることができ、大きいかぶは西日本で、寒さに強くて小さなかぶは東日本で栽培されています。そして、その境目は「カブライン」と呼ばれ、岐阜県の関ヶ原あたりにひかれています。また、かぶは春の七草のひとつで「すずな」とも呼ばれ、風邪を予防するビタミンやおなかの調子を整える食物繊維がたくさん含まれています。かぶの入ったクリーム煮を食べて体を温めましょう。

シチューには、カブとじゃがいもがたっぷり入っています。

2月12日(火)

給食134回目。

今日は「豆腐」の話をします。豆腐は大豆を水につけてすりつぶして煮込み、こしてできた豆乳に「にがり」を入れ、固めて作ります。豆腐は奈良時代に遣唐使によって中国から日本に伝えられたと春日大社の書物に記録されているそうです。原料となる大豆は「畑の肉」といわれるほど体を作る元になるタンパク質が豊富です。大豆から作られる食べ物は豆腐だけでなく納豆・味噌・油揚げ・きなこなどいろいろあります。今日は中華料理の一つである麻婆豆腐です。おいしくいただきましょう。

いつもはパンなのに今日はご飯の日にマーボー豆腐なので、マーボー丼ですね。

2月8日(金)

給食133回目。

今日は「キーマカレー」の話をします。キーマカレーの「キーマ」とは、インドの言葉で「ひき肉」という意味です。キーマカレーはひき肉と玉ねぎやニンジンなどの野菜をみじん切りにしたものを炒め、香辛料と調味料を加えて煮込んで作ります。ごはんにかけて食べる以外にもレタスでくるんだり、パンの中に入れて食べます。今日は人気メニュー第2位の「ナン」とキーマカレーです。ナンにキーマカレーを上手につけておいしくいただきましょう。

いい感じのセットでしたね。おいしかった。

2月7日(木)

給食132回目。

 

今日は「かす汁」の話をします。みなさんはお酒がお米から作られているのを知っていますか?お酒を造るときにはたくさん酒粕ができます。特に2月は秋に収穫された米で作られたお酒ができあがるので酒粕が出回ります。酒粕は甘酒にして飲んだり、奈良県の特産物である「奈良漬け」にも使います。今日は奈良市で作られた酒粕の入ったかす汁が登場します。かす汁は体がぽかぽかあたたまるので寒い冬にぴったりですね。味わっていただきましょう。

かす汁とは

食べやすいように、ほんのりかす汁でした。具だくさんでした。そして、ほうれん草と白菜のお浸し、サバの生姜煮と和食の日でした。

1月6日(水)

給食131回目。

今日は「キムチ」の話をします。キムチは白菜などの野菜とトウガラシや調味料を主に使用した韓国の漬物です。もともとは朝鮮半島の冬に備えた保存食で、毎年秋の終わりになると各家庭で大量のキムチが漬けられます。この行事は「キムジャン文化」としてユネスコ無形文化遺産にも登録されています。キムチには食べ物の消化吸収を助け、食欲増進させたり、体を温めたりする働きがあります。今日はラーメンに入っています。キムチラーメンは人気メニュー第2位です。おいしく食べて寒い冬を元気に過ごしましょう。

今日は大好きなラーメン。キムチラーメンだけど辛さが…。と思ったら普通の白菜でした。大好きなコーンが入っている。そしてごぼうノゴマ揚げいい食感でした。

1月5日(火)

給食130回目。

今日はきつね柳川に入っている「ごぼう」の話をします。ごぼうは中国から薬草として伝わった根の部分を食べる野菜です。また、香りや歯ごたえがよいので、日本では煮物や揚げ物にして食べられていますが、多くの国ではごぼうは食べられていません。ごぼうは食物繊維が多く含まれています。食物繊維はおなかの中の掃除をし、体の調子をよくしてくれます。今日はかまぼこや油揚げ、卵と一緒にきつね柳川にしています。ごはんにかけて味わっていただきましょう。

ごぼうときつね。ごはんに合いました。

2月4日(月)

給食129回目。

今日は月目標の「和食の良さ」について話をします。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」は料理だけではなく自然を大切にする心や色の知恵、工夫などを含めた食文化のことです。色の知恵や工夫として食べ物を乾燥させることで切り干し大根や高野豆腐のように長く保存できるようにしたり、干し柿のように食べ物由来の甘みを引き出したりしてきました。今日の給食には切り干し大根を使った炒め物が登場します。自然の恵みに感謝しておいしくいただきましょう。

今日は肉じゃがではなく豚じゃが。肉の色は白っぽいですね。そして中村T大好きレバーです。

2月2日(土)

給食掲示板が2月に変わりました。1月より枚数が少ないので、1月の食べ物紹介が残っています。

2月1日(金)

給食128回目。

今日は「節分」に話をします。昔の人は災いや病気などの目に見えないものを鬼の仕業と考えてきました。そこで鬼を追い払い福を呼び込むためにいった豆をまいたり、イワシを食べたりしていました。イワシのにおいは鬼を追い払う力があるといわれており、節分にはイワシの頭をヒイラギの枝にさして魔よけのおまじないにしました。豆まきの後は自分の年齢より1つ多く福豆を食べて1年の健康を祈りました。今日の給食にはイワシと福豆がついています。おいしくいただきましょう。

福豆とは

今日は「ミソスープ」「味噌汁」とは違う。基本は出汁が和風かそうじゃないか。そして今日は、給食にしてはピリ辛のスープだった。個人的にはもうちょっと辛くてもいいんだけれど。

1月の盛り付け表

1月31日(木)

給食127回目。

今日はにんじんしりしりの話をします。にんじんしりしりは沖縄県の郷土料理で、家庭で手軽に作られています。にんじんをスライサーという機械で細く切る音から「しりしり」といわれています。にんじんには目をよくしたり、病気から体を守ってくれるカロテンが多く含まれ、油と一緒に料理をすることで吸収がよくなります。給食ではマグロの油でにんじんをよく炒めて甘みを出しています。栄養たっぷりのにんじんしりしりを残さずいただきましょう。

にんじんしりしり御飯に合いますよね。

あっ!ヘリコプターだ!

1月30日(水)

給食126回目。

今日はあんかけうどんに入っている「吉野葛」の話をします。くずは秋に赤紫の花を咲かせる「秋の七草」の一つです。この葛の根に含まれるでんぷんを葛粉といい、冷めにくく冷えて固まることから葛もちなどの和菓子やとろみをつける材料などに使われています。また、薬としての効果を持ち、体を温め、風邪をひいた時や胃や腸の調子が悪い時に使われてきました。奈良県吉野地方で作られる葛粉は吉野本葛といわれ葛粉100%です。今日はその吉野葛を使ってあんかけうどんにしています。寒い冬に体が温まりますね。残さずいただきましょう。

美味しいうどんでしたが、あんかけになるには葛がもっといるのかな?

 

1月29日(火)

給食125回目。

今日は「大和牛のすき焼き」の話をします。関西のすき焼きはまず始めに焼いた肉に砂糖や醤油で味付けをします。次に野菜などを入れ、調味料を加えて煮ます。今日は関西風の作り方で奈良県で育った「大和牛」・白菜・しろ菜・玉ねぎ・白ネギ・糸こんにゃく・ふ・焼き豆腐が使われています。たくさんの材料を使いますが、煮ることで量が減ってたくさん食べることができます。私たちが住んでいる奈良県の大和牛を味わっていただきましょう。

すき焼き丼おいしいですね。そして話題の「片平あかね」。片平あかねとは

キンカンって皮を食べますよね?キンカンとは

1月28日(月)

給食124回目。

 

今日は、奈良の郷土料理「奈良あえ」と「飛鳥汁」の話をします。はじめに奈良あえの話をします。奈良あえは、しょうゆと砂糖で煮込んだ具材と奈良漬けをあえた料理です。奈良漬けとは奈良のおいしい酒粕を使った伝統的な漬け物のことです。そのまま食べてもおいしいですが、料理に工夫され奈良あえが作られました。飛鳥汁は奈良県の飛鳥地方に伝わる家庭料理です。鶏肉や野菜を牛乳と煮込んでいるため、まろやかな味になりカルシウムなど栄養がたっぷりです。今日は鶏肉のほかにも、豆腐、エノキタケ、そして白菜や大根などの旬の野菜がたくさん入った飛鳥汁です。奈良の郷土料理を味わっていただきましょう。

「古都ならの日」は奈良県産白ご飯です。奈良和えには薄くスライスされた奈良漬けが入っています。飛鳥汁は具だくさんです。水菜は細かくて、虫がついていることがあるので2時間かけて洗浄したそうです。なかなか大変な作業ですね。ありがとうございます。

古都奈良の日とは

1月25日(金)

給食123回目。おっ!「1」「2」「3」と並んでいる。

今日は「大和まな」の話をします。大和まなは大和の野菜の伝統野菜の一つで、霜が降りる寒い季節に甘みが増す冬が旬の野菜です。見た目は大根の葉に似ていてギザギザとしています。もともとは漬け菜として栽培され、漬物にして食べられていましたが、今では煮物や炒め物などいろいろな料理に使われています。今日は大和まなのほかにしめじ・ちりめんじゃこ・アサリなどが入ったしょうゆ味の和風スパゲティです。味わっていただきましょう。

大和まな・しめじ・ちりめんじゃこ・アサリを並べてみました。おいしかった!

1月24日(木)

給食122回目。

今日は学校給食の始まりについて話をします。学校給食は明治22年に山形県鶴岡市にある小学校でお弁当を持ってくることのできない子供たちに食べ物を用意したのが始まりです。おにぎり2個と焼き魚、漬物の献立でしたが、当時の子どもたちにとってはごちそうでした。しかし戦争のため給食を提供することが困難になり、多くの子どもたちが十分な栄養を取ることもできなくなってしまいました。そして戦争が終わり外国からの食べ物をいただき給食を再開することができました。その後1月24日~30日を学校給食週間としました。毎日給食が食べられることに感謝していただきましょう。

なので今日はサケの塩焼き。大好き!

1月22日(火)

給食121回目。

今日は人気メニュー第1位の「チキンカレー」の話をします。カレーは、もともとはインド料理でインドの言葉でソースを意味する「カリ」から、カレーといわれるようになりました。日本へはイギリスから伝わり「カレーライス」や「ライスカレー」として、玉ねぎ・人参・じゃがいもなどをカレーソースで煮込み、ごはんにかける料理として食べられるようになりました。給食では手作りのルー・チーズ・脱脂粉乳・リンゴピューレなどのたくさんの食品が入るので、マイルドなコクがあります。給食の思い出になるようにチキンカレーをよく味わっていただきましょう。

チキンももちろん入っていますが、今日はごろごろとしたじゃがいもが好みでした。

1月21日(月)

給食120回目。

今日は「切り干し大根」の話をします。今では一年中大根を収穫することができます。冬が旬の野菜です。切り干し大根は古くから作られてきた保存食の一つで、収穫した大根をきれいに洗ってから細く切り、乾燥させて作ります。このように加工した切り干し大根は日根や歯の成長に必要なカルシウムやおなかの調子を良くする食物繊維がたくさん含まれています。また生に比べてかみ応えがあり、かめばかむほど甘みが強く感じられます。今日はにんじん、平天、油揚げと一緒に煮付けています。よく噛んでいただきましょう。

普通の切り干し大根が一番おいしいですね。味噌汁にはエノキタケもたっぷり。

1月18日(金)

給食119回目。

今日は「いも」の話をします。皆さんがよく知っている「いも」にはじゃがいも・さつまいも・さといもなどがあります。じゃがいもやさといもは土の中にある茎の部分が大きくなって養分を蓄えたもので、サトイモは根の部分が大きくなったものです。「いも」には熱や力のもとになる炭水化物が多く含まれていることから、主食として食べられている国もあります。今日はシチューの中にじゃがいもとサトイモの2種類の「いも」が入っています。しっかり食べて、体の中から温まりましょう。

2種類のイモとは?

クリームシチューに入るとなかなか見分けがつかないですね。サラダにはマヨネーズをかけてソーセージと一緒に食べました。

1月17日(木)

給食118回目。

今日は「食育の日・かみかみ献立」です。かみかみメニューの「ししゃも」の話をします。「ししゃも」は海の中を泳ぎ回ってくらす魚です。ししゃもは秋の終わり頃に卵を産むため、川をのぼっていきます。この時期の卵を持った雌は子持ちししゃもといわれてとてもおいしいです。ししゃもは焼いたり、油で揚げてフライにしたり、佃煮にして食べます。どの調理もししゃもを骨ごと食べるのでカルシウムをたくさんとることができ、丈夫な骨や歯を作ることができます。よくかんで残さずにいただきましょう。

食育の日

シシャモフライに、ふりかけ。ごはんがおいしい。

1月16日(水)

給食117回目。

今日は「ポトフ」の話をします。ポトフはフランスの家庭料理の一つで「ポト」は鍋やつぼのこと、「フウー」は火を表していて、いろいろな材料を煮込む料理です。給食では豚肉、ジャガイモ、玉ねぎ、キャベツ、セロリ、大根、カブ、にんじんをじっくり煮込むため体も温まります。また、今日は人気のメニュー第2位のセルフクリームサンドがついています。パンにはさんでおいしくいただきましょう。

1月15日(火)

給食116回目。

今日は「おひたし」の話をします。おひたしは奈良時代から食べられている料理です。昔のおひたしはアワビやクラゲなどの海産物を使ったり、お酢やお酒で味付けをしたりしていたようです。現在のように野菜をゆでてしょうゆをかけるようになったのは明治時代以降だそうです。今日は白菜やほうれん草、にんじんなど冬が旬の野菜をたっぷり使っています。給食では寒い季節にしか食べられないメニューです。おいしくいただきましょう。

納豆です。大好きなので毎朝食べていますが、給食のって粒が大きいので個人的には好みです。たれを入れてしっかり混ぜます。

1月11日(金)

給食115回目。

今日は「ごぼう」の話をします。ごぼうは中国から伝わり古くは薬として食べられていました。一番よく食べられている長いごぼうは「滝野川ごぼう」という種類で、青森県・茨木県・北海道などで栽培されている、秋から冬が旬の野菜です。また直径が約10㎝近く太くなる京都の”堀川ごぼう”や表面がキラキラ輝く奈良の”宇陀金ごぼう”など珍しいごぼうもあります。ごぼうにはおなかの調子をよくする食物繊維がたくさん含まれてれています。今日はごぼうサラダです。胡麻ドレッシングをかけてよく噛んで食べましょう。

食感がいいですね。そしてマカロニはアルファベット。綴りは特に関係ありませんが。

 

1月10日(木)

給食114回目。

今日は「木の葉どんぶり」について話をします。木の葉どんぶりの木の葉は何を意味していると思いますか

どんぶりに入っている油揚げ、かまぼこ、玉ねぎ、にんじん、青ネギなどを木から舞い落ちる木の葉に見立てています。舞う木の葉の具材が落ちてしまわないようにでんぷんを加えてとろみをつけ、卵で包み込むように仕上げています。肉を使わないこのどんぶりは関西から始まったそうです。温かいどんぶりは体を温める効果があるので、寒い冬にはぴったりです。ごはんにかけておいしくいただきましょう。

御飯にかけて。出汁がごはんにしみこんでいきます。(わかりにくいかな?)

1月9日(水)

給食113回目。

今日は「タッカルビ」についての話をします。タッカルビは鶏肉と野菜を使った韓国料理です。「タッ」が鶏肉「カルビ」があばらで「骨のまわりの肉を食べる料理」という意味です。韓国では、このタッカルビにインスタント麺・うどん・春雨などの麺類を入れたり、チーズをトッピングしたりと様々な食べ方があります。給食ではトッポギという米で作られた棒状の餅とたっぷりの野菜が入っています。おいしくいただきましょう。

少し濃い目の味付けのタッカルビと豆腐たっぷりわかめスープが合いますね。トッポギももちもち。

1月8日(火)

給食112回目。

1月の目当ては「奈良県の食文化を知ろう」です。今月は奈良の郷土料理が給食にたくさん登場します。「奈良の雑煮」は、一年間平和に丸く過ごせるようにと願い丸餅を使い、また、丸い祝い大根や金時にんじんを使います。食べ方も特徴があり、餅を雑煮から取り出してきなこをつけていただきます。きなこの色が稲穂のように見えることから米がたくさんとれるようにと願いが込められています。雑煮は地域によって材料や味付けが違います。今日は白味噌味で大根やにんじん、里芋が入っています。味わっていただきましょう。

1月の目当て   奈良の雑煮

雑煮にはお餅が、そしてきなこ。しかしそのまま食べました。

12月28日(金)

給食掲示板1月に張り替えました。