12月18日 今日は2学期最後の給食です。メニューは「パン」「牛乳」「ハンバーグのケチャップ煮」「冬野菜サラダ」「コンソメスープ」「ソフトチーズ」でした。給食いただいたあと、毎日おいしい給食を作ってくださった調理員さんに対し、感謝の気持ちを込めて生徒たちからお礼のお手紙や寄せ書きを渡しました。

12月17日 今日の献立は「麦ご飯」「牛乳」「鶏肉の梅煮」「浦上そぼろ」「じゃがいものみそ汁」でした。「浦上そぼろ」は肉を食べる習慣がなかった長崎県の浦上地方で江戸時代に交流のあったポルトガル人から教えられた豚肉料理。「そぼろ」は「粗い千切り」という意味で具材がすべて千切りにされています。

12月16日 今日の献立は「パン」「牛乳」「チキンカツ」「ブロッコリーのサラダ」「かぼちゃのポタージュ」「棒ソーセージ」でした。

12月15日 今日の献立には奈良の郷土料理「奈良のっぺ」がありました。昔、奈良市の餅飯殿町にある大宿所では、祭りを進めるために集まった大和の侍に「のっぺ」がふるまわれていたそうです。今でも「おん祭り」が行われるこの時期に合わせて「のっぺ」を食べる習慣が残っていて、今年の収穫に感謝し、来年の豊作を願うそうです。

12月14日 今日のメニューは「麦ご飯」「牛乳」「さんまのしょうが煮」「おひたし」「豚汁」でした。

12月11日 今日のメニューは「パン」「牛乳」「揚げ餃子」「切り干し大根のソース炒め」「ビーフンスープ」「キャンディチーズ」でした。大根を細く切ってよく乾燥させた切り干し大根は、太陽の光をいっぱい浴びていて生の大根にはない甘みがあります。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養をいっぱい含んだ切り干し大根がソースで炒めてあり、とてもおいしかったです。

12月10日 今日は「キーマカレー」をいただきました。「キーマ」とはインドの言葉で「細かく切った肉」や「ひき肉」のことを言うそうです。ひき肉と野菜をみじん切りにして炒め、香辛料や調味料とともによく煮込んで作られています。ほかに「ゆで卵」「フルーツミックスゼリー」もいただきました。

12月9日 今日のメニューは「減量パン」「牛乳」「きのこのクリームスパゲティ」「ごぼうサラダ」「リンゴジャム」でした。

12月8日 今日は「親子どんぶりを味わう」献立でした。ほかに「野菜炒め」「アセロラゼリー」がありました。

12月7日 今日は『古都ならの日』メニュー。「突き大根を味わう」というめあてが掲げられています。突き大根という料理の名前は大根の切り方からつけられていて、大根突き器で細切りすることを「突く」ということから名前がついたそうです。ほかに奈良の五徳みそを使った「さばのみそ煮」や「にゅうめん」をおいしくいただきました。

12月4日 今日の献立は「米粉パン」「牛乳」「フランクフルトのケチャップあえ」「かぶとじゃがいものクリーム煮」「ココアパウダー」です。「かぶ」は形が鈴のように見えることから「すずな」と呼ばれ、春の七草のひとつです。

12月3日 今日は奈良県で育った大和牛を使用した「大和牛のすき焼き」をいただきました。昔、田畑で使う道具の「すき」の部分を鉄板の代わりにして焼いて食べたことから「すき焼き」と呼ばれるようになったそうです。ほかに「にんじんちりめん」「納豆」もいただきました。

12月2日 今日の献立には生徒にも人気の「揚げパン」が入っていました。ほかに「肉だんご」「白菜のスープ煮」「小魚」をいただきました。

12月1日 今日は「あんかけうどん」がメニューにありました。あんのとろみがついた汁はうどんによく絡むので、いつもと違う食感を楽しむことができたと思います。ほかに「ひじきと大根の礒煮」「いわしの甘露煮」「やさいふりかけ」が献立に入っていました。