5月の給食盛りつけ表

 

5月24日(金)

給食14回目。

今日は旬の野菜「キャベツ」の話をします。キャベツは土の上にできる野菜で、40枚から50枚ぐらいの葉が重なって玉のように大きくなります。そのように成長するのは歯にしっかりと水分を蓄えるため、そして太陽の強い日差しから、花の芽を守るためだといわれています。またビタミンCが豊富で、風邪をひきにくくする働きがあります。今日の給食に使っているキャベツは春に採れたものなので、「春キャベツ」といいます。春キャベツは葉の巻き方がふんわりとしていてやわらかいですが、葉はシャキシャキとした食感があるのが特徴です。おいしくいただきましょう。

5月22日(水)

給食13回目。

今日はひじきの話をします。周りを海に囲まれた日本では、昔からいろいろな海藻を食べてきました。ひじきも海藻の仲間です。春から夏にかけてが旬で、この時期に採れたものは、やわらかくておいしいです。しかし生のままだと渋みがあるので食べることができません。収穫したひじきは煮てから干して乾燥させます。そして食べる時に水で戻して煮物や炒め物などにします。ひじきには骨や歯を丈夫にする働きのあるカルシウムやおなかの調子を整える働きのある食物繊維が豊富に含まれています。今日はサラダにしています。ドレッシングにかけて残さずいただきましょう。

5月16日(金)

給食12回目。

今日は「クラムチャウダー」の話をします。皆さんは「クラム」の意味を知っていますか?「クラム」はあさりやハマグリなどの二枚の貝殻が合わさった二枚貝のことです。今日の二枚貝はあさりです。あさりは今の時期にどんどん大きくなります。模様がはっきりしているものは、きれいな砂地で育っているので美味しいといわれています。あさりには血液を作る鉄分、骨や歯を作るカルシウム、体を作るたんぱく質がたくさん含まれています。旬のあさりを味わっていただきましょう。

5月15日(木)

給食11回目。

今日は「あじ」の話をします。あじは「せいご」というとげのようなうろこがある魚です。海で一年中とれますが5月から8月頃が一番おいしく食べられます。「あじ」という名前は「味がよい魚」という所からつけられました。あじには体を作る元になるタンパク質や、血液をさらさらにする油が含まれています。今日は照り焼きにしています。味わっていただきましょう。

5月15日(水)

給食10回目。

今日は「大和茶入りかき揚げ」の話をします。かき揚げは、野菜や魚介類などの材料を小麦粉で作った衣でまとめ、油で揚げた日本料理の一つです。材料をかき混ぜてあげることからかき揚げと呼ばれるようになったそうです。天つゆや塩をつけたり、うどんやそばにのせたり、そのまま食べたりいろいろな食べ方をします。今日のかき揚げには今が旬の奈良県で作られた大和茶を混ぜて調理員さんが一つ一つ丁寧に手作りしています。季節のかき揚げをよくかんでいただきましょう。

うどんとかき揚げいい取り組み合わせですね。

5月14日(火)

給食9回目。

今日は、「豚肉の生姜焼き」の話をします。豚肉の生姜焼きは、しょうがの汁を加えたたれにつけた豚肉を焼いた、日本料理です。しょうがの香りが肉の臭みを減らしまた、その辛さが食欲を呼びます。手軽に作れて家庭でも人気メニューです。また豚肉には体を疲れにくくするビタミンB1がたくさん含まれています。残さず食べて元気に過ごしましょう。

ちりめんキャベツをご飯にのせました。

5月13日(月)

給食8回目。

今日は「新じゃが」の話をします。新じゃがいもは、春から初夏が旬です。収穫後すぐ出荷されるため、皮が薄くみずみずしいのが特徴です。じゃがいもはゆでたり、炒めたりしても壊れにくいビタミンCが多く含まれています。今日はその旬のジャガイモイモを使って、豚肉と玉ねぎ・人参・糸こんにゃく・さやいんげんを砂糖と醤油で味付けしています。新じゃが煮を味わっていただきましょう。

新じゃがたっぷりでした。あさりは御飯にのせて。

5月10日(金)

給食9回目。

 

今日は「ペンネ」の話をします。ペンネは小麦粉を練って作ったイタリアの麺類の一種で、直径5~8ミリくらいで長さ2~3㎝くらいの斜めに切ったペンのような形をしたマカロニのことを言います。ペンネは熱や力のもとになる黄色の食べ物です。今日は豚ミンチ・人参・玉ねぎなどをトマト味でおいしく味付けしたミートソースで和えています。味わっていただきましょう。

スライスチーズがあったので、ちぎってかけてみました。

5月9日(木)

給食8回目。

今日は「甘夏」の話をします。甘夏は4月から5月旬の果物で、さわやかな甘さと苦みが特徴です。甘夏にはビタミンCが多く含まれていて疲れをとり、体を元気にする働きがあります。日本では熊本県や鹿児島県・愛媛県・和歌山県で多く作られています。甘夏は皮が厚くてむきにくいですが、上手にむいて食べましょう。

今日も御飯に合うおかずでした。

5月8日(水)

給食7回目。

今日は「ほうじ茶揚げパン」です。放送原稿にないので残念ですが、盛り付け表では、白くなっているのは砂糖がかかっているからなのかな?見た目からしてどんなんものなのか気になりますね。

ほうじ茶揚げパンとは

今月の目当ては、「食事のマナーを守ろう」です。みなさんはどんな食事のマナーを知っていますか?食べる前に「いただきます」食べ終わったら「ごちそうさま」と感謝する心で挨拶をするのは食事のマナーの1つです。みんなで楽しく食事ができるようにするために、周りの人に迷惑かけないことや、正しく箸が使えることも大切なマナーです。今月は食事のマナーについてみんなで意見を出し合い考えてみましょう。

5月7日(火)

給食6回目。

今日は「奈良漬け」の話をします。奈良と名前がついている漬け物を知っていますか。昔、お酒は仏様への供え物としてお寺で造られました。奈良漬けは米からお酒を造った後の絞りかすに、瓜などの野菜をつけて作ります。奈良には世界遺産に登録されるほど有名なお寺が多く、奈良漬けはお土産として全国に知られるようになりました。今日はこの奈良漬けを刻みご飯にのせるおかずにしています。味わっていただきましょう。

奈良漬けがありますね。タケノコも。ごはんが進むおかずでした。

5月6日(月)

明日から給食です。

4月の給食盛り付け表

4月19日(金)

給食5回目。

今日は「ハンバーグ」に入っている「おから」の話をします。

おからは豆腐を作るときに出る、大豆を絞った残りのことで、血や肉のもとになる赤のグループの食べ物です。カルシウム・たんぱく質のほかに食物繊維などの栄養がたくさん含まれています。栄養満点のおからが入ったハンバーグをおいしくいただきましょう。

ミネストローネには星形のマカロニが入っていました。こふき芋はハンバーグと一緒に食べました。

4月18日(木)

給食4回目。

今日は「ビーフカレー」の話をします。給食のカレーは25種類以上の食品を使ってじっくりと煮込んだものに、バター、カレー・小麦粉・砂糖を大きな釜で焦げないように数十分かけて炒めたブラウンルウとカレー粉などのスパイスを入れて作っています。手作りビーフカレーを味わっていただきましょう。

ドレッシングをかけてコールスローの完成です。大好きなコーンがたっぷりでおいしかった。カレーはなんとビーフカレー。チキンカレーに比べるときりっとした味付けですね。

4月17日(水)

給食3回目。

今日は「煮干し」の話をします。煮干しは新鮮なカタクチイワシをゆでて、乾燥させているので、うまみ成分のイノシン酸が豊富に含まれています。だしじゃこやいりことも呼ばれ”だし”の材料として使われています。骨や歯を丈夫にするカルシウムが多く含まれているので、丸ごと食べることもおすすめです。今日はてんぷら粉と青のり粉と水を混ぜて衣を作り油で揚げています。おやつのようにカリカリと食べることができますよね。よく噛んでいただきましょう。

今日はn先生大好きなレバーの日でした。

4月16日(火)

給食2回目。

今日は「じゃがいも」の話をします。紫色した花が咲く「じゃがいも」は土の下にある茎です。じゃがいもは春と秋に収穫保存できるので、私たちは、一年中食べることができます。しかしじゃがいもの中でも新じゃがいもは、春に収穫されたすぐのものです。皮が薄くやわらかく、ビタミンCが多くみずみずしいです。今日は今が旬の新じゃがいもを使った煮ものです。味わっていただきましょう。

手作りふりかけ。じゃこにゴマにひじきごはんに合いますよね。

4月15日(月)

ついに始まりました今年度。給食1回目。

今日は「大和まな」の話をします。大和まなは、私たちがすんでいる奈良県の伝統野菜です。葉は大根の葉に似ていてギザギザしており、濃い緑色でやわらかくおいしい野菜です。もともとは漬物として食べられていましたが、今では煮物や炒め物などいろいろな料理に使われています。今日は、豚肉や春雨・玉ねぎ・にんじんなどの入った炒め物にしています。味わっていただきましょう。

配膳室にはクラスでそろってやってきます。そして2,3年の給食の様子です。

 

 

 

4月6日(土)

今年度も給食の掲示はありますよ。