都跡中学校校歌
校歌はここから聴くことができます

 

1.春日を望む 都跡の丘に 古人の足の音 聴きて
  きょうはぐくむ 未来の鼓動  
  いつの日か輝く 叡智の杜の中
  ここは都跡 奈良の都跡  都跡中学校  我らが学舎
  ここは都跡 奈良の都跡  我らが学舎  都跡中学校

2.緑湛える 大和平野に 次の世代の 息吹をのぞみ
  きょう希う 我らの理想
  いつの日か見出す 永久の道標
  ここは都跡 奈良の都跡  都跡中学校  我らが学舎
  ここは都跡 奈良の都跡  我らが学舎  都跡中学校  

3.甍光る 千古の丘に 次代をになう 若きをもとめ
  きょう進む 学びの道
  いつの日か拓く 真理の平地
  ここは都跡 奈良の都跡  都跡中学校  我らが学舎
  ここは都跡 奈良の都跡  我らが学舎  都跡中学校

 

作詞者:前川佐美雄先生
 奈良県北葛城郡忍海村に生まれる。大正末年 東洋大学在学中より、歌人佐佐木信綱先生の門下生として活躍。「心の花」に参画、新感覚派、前衛的なスタイルをもつ歌集「白鳳」「天平雲」「大和六百歌」「白木黒木」等の歌集を発刊され、日本歌壇の注目を浴びた。

 作詞者紹介パンフレット

作曲者 水谷川 忠俊先生
 奈良女子高等師範学校付属高校卒業後、山本直純氏のアシスタントとなる。1968年ベルリン市立音楽院留学を終え帰国。NHK「世界の音楽」、TBS「オーケストラがやって来た」、NET「題名のない音楽会」などの編曲、舞台作品、室内合唱、歌曲等を作曲されている。