第1学年普通科ものづくり体験in信楽陶苑たぬき村・陶芸の森

7月10日水曜日、素晴らしい晴天になりました。第1学年普通科1組から5組の生徒は「ものづくり体験」で信楽へ行きました。4月に入学してからすでに4ヶ月が経ち、気心の知れた仲間同士で心を込めて土をこね、形あるものに仕上げていく作業はきっと良い思い出になったと思います。

1組集合写真
1年1組

2組
1年2組

3組
1年3組

4組
1年4組

5組
5組

作陶風景1
作陶風景1

土をこねる
作陶風景2

形になってきました
作陶風景3

陶芸の森遠景
作陶後、陶芸の森に行きました。そこで、お昼を食べ、思い思いの時間を過ごしました。テストの疲れも癒されたでしょうか。

 

 

 平成24年7月11日(水) 信楽陶苑たぬき村と陶芸の森

 

  予定どおり9時に出発、バス車中で実習の注意事項DVDを視聴し、良い作品を仕上げたいと意気込みを感じました。

 

 

 

 クラスでの写真撮影後、登り窯見学説明を受けました。

 

 

  

 

 陶芸実習では集中のあまり、会話のなくなったグループもありました。女子はマークや印をつける人が多かったです。

 作品はいろいろな形のものになって、8月後半に作成者の元に届く予定です。

 

 自由時間(できあがっている作品を興味深く見ていました。)

 雨の心配もありましたが(傘を持っている者がほとんど)、晴天!でした。

 昼食場所へ移動。昼食・自由散策

 緑の自然の中で、さわやかな自然の風を受けて気持ちよかったです。

 帰りの車中では、音楽を聴きながら熟睡している人も多かったようです。

 予定通り、無事帰校しました。