9月26日

 

外務省儀典官室の佐竹 博厚氏に来校いただき、「国際舞台で活躍するために~高校生のときにやっておくべきこと~」という題目の下、外国語科1・2年生対象に講演をしていただきました。

外務省と聞いても、仕事の内容を明確に説明できる生徒が少ない中、わかりやすく説明していただきました。サミット時に、安倍総理のすぐ後ろに控えて活躍されている写真を提示いただいたときは感嘆の声があがりました。

フランス・フランス語圏に長らくお勤めであった佐竹氏の話を通し、世界で活躍するためには、自分たちの固有の文化である日本文化について、しっかりと学んでおくことの大切さも教えていただきました。

将来国際的な仕事に興味を抱いている生徒が多い中、将来の仕事に関する視野が広がり、新しい目標・可能性を見つけることができたと目を輝かせて帰って行く生徒も多々いました。日本の未来は明るいですね?!