外国語科1年生集中講座

「大阪ユニセフ協会」より出張講座

 

 7月11日、「総合的な学習」の一環として世界へ視野を広げるために、大阪ユニセフ協会より住本彰さん、小山冨美子さんを迎え、「世界の子どもたちとユニセフ」「フォトランゲージ」について学びました。ワークショップ形式で英語も使用しながら、世界の戦争・紛争、また子供兵士の実態に目を向ける学習となりました。わずかなお金(1円単位から)でも貧困や病気で苦しんでいる命を助けることができると聞き、すぐにでも協力したいという感想が多く寄せられました。社会の一員として、世界が直面している問題に関わり、自分に何ができるかを考える一歩になったと思います。

 また米の高校に通いユニセフのインターンをしている村上スミス明さんが、なぜ留学することにしたのか、また日本の高校とアメリカの高校の違い、等を英語で、続いて日本語で話をしてくれました。流暢な英語、日本語での確たる意志、将来の展望を聞き、大いに刺激を受けました。