ふるさと母校応援寄付

奈良市 心のふるさと応援寄附において、母校を応援する寄附制度が創設されました。

未来の学び

WiFi を活用した未来の学び・ICTアクティブラーニング

~SSS(スーパースマートスクール)構想による学びの改革~

 学校で行うさまざまな教育活動や事務のなかで、デジタル(ICT)が得意な分野はデジタルに任せ、人“ヒト”が行うべきことを教職員が担うことにより、学校教育の質の向上を図る取組です。人“ヒト”(アナログ)とICT(デジタル)を効果的に組み合わせることで、「スマートスクール(ICT機器を活用した学校)」を超えた学校「スーパースマートスクール(SSS)」づくりをおこないます。

SSSの取組の詳細は、こちらから

 


 

スマホ端末からインプットされたアンケート回答が、リアルタイムに映し出されている様子(視聴覚室)

 写真のモデル授業をすべての教室で実現するために18台のプロジェクターを設置する計画です。(現在は、9台のプロジェクターを持ち運んで、27の普通教室で使用しています。)
教員の問いに対する生徒の意見を40人分同時に共有できるシステムを活用し、双方向のコミュニケーションを図るため、プロジェクターによる意見共有がアクティブラーニングの支えとなります。また、教材となる動画や画像が提供できることも魅力です。
このページをご覧いただいた皆様方に、本校におけるSSS環境づくりをバックアップいただく「ふるさと母校応援寄附」へのご協力をお願い申し上げます。

 

 寄付の目標額

 プロジェクター18台、設置経費、消費税 … 560万円

 

ご協力いただける方は、こちらからお願いします。

奈良市ふるさと納税申込フォームへ

(「寄付金の使い道」の欄で ⑯一条高等学校応援 を選択してください。)

 

ふるさと納税についての詳しい説明は、こちらをご覧ください。

ふるさと納税とは