平成27(2015)年度アイルランド語学研修 

平成27年7月25日(土)~8月10日(月)

 平成27年7月25日土曜日、関西国際空港を出発し、ドバイを経由し、翌日曜日の昼過ぎにアイルランドのダブリンへ着きました。全行程約17時間の長旅でした。学校到着後、それぞれがホストファミリーと対面し、その後、各家庭へと分かれて帰りました。どきどきわくわくしながらも緊張した第1日目だったと思います。

 集合写真

 翌月曜日からはいよいよ学校での学習が始まります。生徒達が通うのは、アイルランドのダブリン近郊にある International House Dublin, Sutton Park School です。私たちの滞在中はスペイン、イタリア、ロシア、ドイツからの生徒達がいました。初日の1時間目はクラス分けのテストです。約1時間のテストを受け、その結果に応じて翌日からはそれぞれが相応しいクラスに分かれて授業を受けます。

 Sutton Park School では午前中に90分の授業を2時間受けます。1時間目と2時間目の間に30分の休憩時間があり、ホールで友達と喋ったり、お菓子を食べたり、ジュースを飲んだりして過ごしていました。2時間目が終わると、1時間の昼食時間です。トレーを持って列に並んで、その日の昼食を各自で取って、友達と仲良く食べていました。

 食事1

 食事2

 食事3

 食事4

 午後は2時間のアクティビティの時間です。自分の好きなアクティビティを2つ選んで、1時間ずつ参加します。スポーツでは、サッカー、バスケットボール、ハンドボール、バレーボール、グランドホッケー、ラウンダーなどがあり、生徒達にはグランドホッケーが人気でした。文化的なものとしては、アート、デジタルメディア、クッキング、ゲームなどがありました。

 活動1

 活動2

 活動3

 活動4

 毎週水曜日の夜は、8時から10時まで学校の体育館を利用して、ディスコが開催されました。ステージではDJが生徒達のリクエストに応えて曲を選曲し、それぞれの国の生徒達が元気よくダンスに興じる姿が印象的でした。スペインの生徒達はエネルギーいっぱいで、大きな声で歌いながら、汗だくでダンスしていました。

 ディスコ1

 ディスコ2

 毎週木曜日の午後のアクティビティはダブリンの町へ行くことになっていました。シティセンターにはトリニティカレッジやダブリン城やクライストチャーチ大聖堂が近くにあり、またショッピングできる店やデパートがあって、多くの生徒達がショッピングを楽しんでいました。

   毎週土曜日は遠足の日になっていました。バスで少し遠出し、アイルランドらしい観光地へ行き、日本では味わえない景色や体験をしました。幸いなことに、2回とも天気に恵まれ充実した時間を過ごすことができました。

 遠足1

 遠足2

 遠足3

 遠足4

 遠足5

 平成27年8月9日日曜日、ダブリン空港を出発し、ドバイを経由し、翌月曜日の夕方に全員無事、関西国際空港に到着しました。それぞれが14日間の思い出をいっぱい胸にし、帰国したと思います。ダブリン空港で「まだ帰りたくない」と言う生徒が多くいました。が同時に、「早く風呂につかりたい」と言う生徒達も多くいました。ホストファミリー宅では、それぞれが大なり小なり気を遣い、不自由を感じながら生活していたと思います。日本を離れてみて、「家族」のありがたみ、「家」のありがたみを知ったに違いないと思います。

 集合2

 14日間のアイルランドでの語学研修を通じて、生徒達は現地の生活習慣について学び、ヨーロッパの国々から来た生徒達と仲良くなり、現地の自然や歴史や生活習慣について学び、視野を広げ、異文化理解を深めることができたのではないかと思います。